「二輪車市場」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年4月11日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2013年度二輪車市場動向調査について

...ニュースリリース- 2014年04月10日2013年度二輪車市場動向調査について一般社団法人日本自動車工業会(会長:豊田 章男)は、2013年度に実施した二輪車市場動向調査の結果を取りまとめた。本調査は、多様化する二輪車市場の変化を捉えるため、隔年毎に新車購入ユーザーを対象にアンケート調査を行っているものである(時系列調査)。また、本調査と同時にトピック調査として、二輪車市場を取り巻く諸問題についても調べたものである。今年度のトピック調査では、二輪車市場...

2016年4月14日日本自動車工業会フィードバック数:0ビジネス

2015年度二輪車市場動向調査

...ニュースリリース- 2016年04月08日2015年度二輪車市場動向調査について一般社団法人日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2015年度に実施した二輪車市場動向調査の結果を取りまとめました。本調査は、二輪車市場動向を把握し、今後の需要拡大に向けた取り組みの方向性を検討する目的で、隔年毎に新車購入ユーザーを対象にアンケート調査を行っているものであります(時系列調査)。また、本調査と同時に「保有の阻害要因」や「中古車市場」などに注目したトピック調査も行いました。I.時系列調査結果 新車...

2013年9月24日オークネットフィードバック数:0大型消費/投資

バイクオークション 2013年8月成約排気量別ランキング

...とは異なる動向に戸惑いの声さえ伺えます。当面は、この状況が続き、10月以降の動向に注目が 集まっています。今後もオークネットでは、二輪車市場での成約ランキングのほか、様々な二輪に関する注目度の 高い情報を発信して参ります。※尚、本データに関しては、提供元としてオークネットという企業名を記載の上でご自由に御利用ください。本件に関するお問い合わせは 株式会社オークネット経営企画室 広報担当 町井・金井・降旗TEL:03-3512-6140 MAIL:request@ns.aucnet.co.jp オークネットのサービスサイト ※別サ...

2014年2月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ニーズが高まるフィリピンの個人向けローン

...)など地場の財閥系大手銀行やその関連会社で、それらが大きな存在感を有している(図表2)。本分野への日系企業の参入事例は限られているが、自動車・二輪車市場の今後の成長を見込んでいち早く参入している企業がある。例えば2002年にトヨタファイナンシャルサービスがメトロバンクグループと合弁で設立したToyota Financial Services Philippines Corpや、2009年に住友商事がメトロバンク傘下の貯蓄銀行Philippines Savings Bankと合...

2013年2月3日日本自動車工業会★フィードバック数:1大型消費/投資

2013年の見通しです。

2013暦年(平成25暦年)自動車国内需要見通し

...った。2013年については、輸送人員が伸び悩む構造的な要因に加え、補助金効果の剥落から4.1千台・前年比96.1%になるものと見込まれる。8.小型バス2012年の小型バス需要は、輸送需要の減少などの構造的要因があるものの、東日本大震災の影響から大きく落ち込んだ前年水準を上回り、7.7千台・前年比102.1%であった。2013年については、構造的要因の継続により、7.3千台・前年比95.2%になるものと見込まれる。II.二輪車1.二輪車総需要の動向国内の二輪車市場は、2006年以...

2014年3月23日日本自動車工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2014年度(平成26年度)自動車国内需要見通し

...車1.二輪車総需要の動向 国内の二輪車市場は、2006年以降都市部での駐車場問題や排出ガス規制対応による車両価格の上昇・モデル数の減少などにより急激に縮小した。2010年以降は消費者ニーズを捉えた新商品の投入などで需要の減少は下げ止まりの傾向にある。このような背景のもと2013年度の二輪車国内総需要は、473千台・前年度比106.1%と見込まれる。これは、原付第二種、軽二輪車、小型二輪車が前年度を上回ったことによる。また、一部の車種において消費税率引き上げを控えた駆け込み需要もあった。2014年度...

2014年1月31日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今年の見通しです。

2014暦年(平成26暦年)自動車国内需要見通し

...小型バス需要は、景気の回復による下支えがあったものの、前年の補助金効果の剥落や、輸送需要減少などの構造的要因により、7.1千台・前年比92.2%であった。2014年については、消費税率引き上げに伴い、2013年の後半に発生した駆け込み需要の反動減に加えて、輸送需要の減少などの構造的要因の継続により、7.0千台・前年比 98.9%になるものと見込まれる。II.二輪車1.二輪車総需要の動向国内の二輪車市場は、2006年以降都市部での駐車場問題や排出ガス規制対応による車両価格の上昇・モデ...

2015年3月20日日本自動車工業会★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2015年度(平成27年度)自動車国内需要見通し (参考:2015暦年自動車国内需要見通し)

... %と見込まれる。2015年度については、輸送需要の減少などの構造的要因の継続により、6.9 千台・前年度比 100.0 %になるものと見込まれる。II.二輪車1.二輪車総需要の動向 国内の二輪車市場は、2006年以降都市部での駐車場問題や排出ガス規制対応による車両価格の上昇・モデル数の減少などにより急激に縮小した。2010年以降は消費者ニーズを捉えた新商品の投入などで需要の減少は下げ止まりの傾向にある。このような背景のもと2014年度の二輪車国内総需要は、435 千台・前年度比91.0 %とな...

2017年10月31日ヤマハ発動機フィードバック数:0大型消費/投資

「若者のバイク離れ」に関する実態の調査

...さ」が再び口コミで広がるようになるのではないでしょうか。事実、このモデルは1月の発売以来、バックオーダーを抱えているとのことで、「LMWテクノロジー」搭載車は今後も続々と広がりを見せていくことが予想されます。二輪車市場を占う上で、このテクノロジーは市場活性化の救世主になるかもしれません。【流通コンサルタント 坂口孝則氏プロフィール】 電機メーカー、自動車メーカーで勤務。原価企画、調達・購買、資材部門に従業。コンサルティング会社を経て。2012年、未来調達研究所株式会社に参画。サービス業、製造...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ