「仕事中心」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

実態調査「20代30代働く女性の結婚観」

...イベート充実派」の割合均等に。現状に満足して働く女性は約6割『あなたの仕事とプライベートのバランスをお答えください。(単一回答)』という質問に、「仕事中心(4.7%)」「やや仕事中心(29.0%)」と「仕事集中派」が33.7%、「仕事とプライベートのバランスは均等」の「バランス重視派」が32.3%、「ややプライベート中心(22.3%)」「プライベート中心(11.7%)」と「プライベート充実派」が34.0%とそれぞれほぼ均等な割合に。また『仕事とプライベートのバランスについて満足していますか(単一回答)』とい...

2012年3月14日リクルートフィードバック数:327大型消費/投資

2012年版 住んでみて良かった街 関東編

...国立のような、比較的おとなしく、治安の良いイメージのある街に票が集まった。女性4位、男性も8位のつくばは、都心からはだいぶ離れているものの、つくばエクスプレスによる利便性の高さ、インフラの充実度から人気が集まった、「穴場」な街だと思われる。 通勤利便性を確保しながらも週末の過ごし方を重視したライフスタイルが想像できるランキング。男性2位の茅ヶ崎は、平日は仕事中心でありながら、オフである週末にはサーフィンなどの海生活を堪能できる街であったり、また吉祥寺は女性4位に対し、意外にも男性で1位だが、雑誌...

2019年1月15日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

「2019年度中途採用の計画」について調査

...フステージに寄り添った人事改革を進めようとする企業の意図が見てとれます。個人の働き方が多様化する中、企業本位・仕事中心の考えで採用を行っていては求職者を惹きつけ、活躍・定着しつづけてもらうことは困難です。入社後の仕事と生活スタイルとの適合を見据え、転職者が能力を発揮できる環境を整えることがより求められます。また、「オンライン説明会・面接」「AI選考」等、テクノロジーを活用した採用手法に意欲を見せる企業も多い結果となりました。企業・求職者双方の負担を減らし、効率的かつ密度の濃いすり合わせが期待されます。 リクナビNEXT編集長 藤井 薫(ふじい・かおる)2019年度...

仕事とプライベートの切り替えについての調査

...とプライベートのオンオフは切り替えていますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。完全に切り替える:46%たまに仕事のことを考える:28%休日以外は仕事のことを考える:6%日頃から仕事のことばかり考える:20%全体の46%の人が”完全に切り替える”と回答しました。約半数の人はメリハリをつけて仕事をしていて、プライベートの時間を仕事のストレスのはけ口とすることができているようです。全体の28%の人が”たまに仕事のことを考える”と回答しました。会社の繁忙期や重要な仕事がある時などは、ついつい仕事中心...

2016年9月19日プラネットフィードバック数:0大型消費/投資

長期旅行に関する意識調査

...に年代別に見てみました。全体の結果と同じく、「配偶者・パートナーと時間を過ごす」「家族で時間を過ごす」の項目は、50代以下のすべての年代で1位・2位を占めました。「配偶者・パートナーと時間を過ごす」は、60代で58.9%と急増し、50代の42.0%を15%以上も引き離しています。定年を迎える60代、それまで仕事中心でなかなか生みだせなかった、配偶者との時間をつくろうとする人が多いと想像できます。60代で、「家族で時間を過ごす」を抑え、「世界遺産・名所巡り」が2位に浮上しているのも、子どもが巣立ち、夫婦...

高校生・大学生のうちに家族を持つことを考える機会を~「未妊レポート2013」より~

...ベネッセのオピニオン第33回高校生・大学生のうちに家族を持つことを考える機会を~「未妊レポート2013」より~2013年12月06日 掲載 ベネッセ教育総合研究所 次世代育成研究室 室長 後藤 憲子 12月1日に大学生の就活が解禁になりました。3年生の12月解禁は今年が最後になり、来年からは会社説明会などの広報活動は大学3年生の3月から、筆記試験や面接などの選考活動は4年生の8月からとなります。多くの大学生にとって、まず就職することが最大の課題であり、就職後は男女ともに厳しい社会環境の中で仕事中心...

第450回 ママの携帯電話事情 2010.02.11~2010.02.17

...る掲示板で同じ悩みを持つ人たちと交流し励まし合いました。今ではみんなママになりましたが、今は子育ての相談や愚痴の言えるよい友達になっています。お互い顔も知らないのに心が通じ合っている感じで不思議です。子供を産むまで仕事をしていたので、携帯は仕事中心で使っていたが、出産し家族などプライベート中心で使うようになったら、料金を無駄なく見直すようになった。携帯を使うのは、パパが自宅の最寄り駅に帰ってきたときが一番多い。 ●感想「ママの携帯電話事情」と題したリサーチ結果はいかがでしたか?過去にも何度か伺っているテーマですが、今回...

上司の社外活動に関する意識調査(「ボス充」意識調査)

...れも統計的にも有意な差がありました。「B.ワーク・ライフ・バランス」については、「仕事よりも趣味や家庭を大事にしたい」には2群間でほとんど差が見られず、社外活動を行っている人の方が「打ち込める仕事であれば、仕事中心の生活になることもいとわない」と考えているようです。また、プライベートの側面が仕事にポジティブな影響を及ぼしている様子がうかがえます。1つ目の「家庭重視」の項目以外の3項目は、統計的にも有意な差がありました。仕事や職場への「C.適応感」については、仕事のやりがいや成果発揮など、いず...

社外活動の実態調査

...の生活の充実につながることならよいという特徴については、有意差はなかった。部下や職場の業務に支障をきたすようであればやめた方がよいというのも、両群とも3割強と多く、有意差はなかった。(4)本人の適応感、職場の心理的安全性いずれも高い本人の適応感、職場の心理的安全性ともに「ボス充」の方が有意に高い傾向が確認された。特徴的な項目を紹介する(図表8-3)。働くことに関する価値観のうち、ワーク・ライフ・バランスについて、「ボス充」群は、趣味・家庭重視でありながら、打ち込める仕事であれば仕事中心の生活になることをいとわないという傾向も強い。実際に、平均...

2017年10月27日アデコフィードバック数:0ライフスタイル

働く女性におけるがん治療と仕事の両立についてアンケート調査

...しで進めるようになった」(30代)「きちんと自己管理をしながら仕事に取り組むようになった」(40代)「急に休んでも周りに引き渡せるような進め方を意識するようになった」(40代)「無理をせず、他の人に頼めるものは頼むようになった」(40代) 「仕事よりも健康第一で考えるようになった」(50代)「仕事中心の生活にならないよう、他の時間を楽しく過ごしたいと思うようになった」(50代) 「限りある人生なので、やりがいのある自分の求める仕事をしようと思うようになった」(20代)「働き続けられることに感謝した」(40代)「社会...

2017年8月25日アデコフィードバック数:0ライフスタイル

働く女性におけるがん治療と仕事の両立についてアンケート調査

...しで進めるようになった」(30代)「きちんと自己管理をしながら仕事に取り組むようになった」(40代)「急に休んでも周りに引き渡せるような進め方を意識するようになった」(40代)「無理をせず、他の人に頼めるものは頼むようになった」(40代)■ワークライフバランスへの意識「仕事よりも健康第一で考えるようになった」(50代)「仕事中心の生活にならないよう、他の時間を楽しく過ごしたいと思うようになった」(50代)■働くことへのモチベーション「限りある人生なので、やりがいのある自分の求める仕事をしようと思うようになった」(20代...

在宅ワークという働き方に対しての意識調査

...れも前提にしっかりと子供に説明し理解してもらうことが重要視されており、またTVやゲーム、動画鑑賞も絶対悪とはしておらず、臨機応変に取り入れ、遊びと勉強をバランスよく組み込んだ子供用の時間割を作成するのがコツのようです。ですが仕事中心で子供に我慢させ過ぎていないか、TVやゲームに長時間触れることで悪影響が出ないかを懸念している声もあり、親子共に時間を決めしっかり管理するのがポイントです。\☆先輩ママの工夫ポイント☆/子供達と自宅でこのように長く過ごす機会はなかなかないので、気持ちを切り替えて、普段出来ないことを楽しむようする。(工作など) (40代/長崎...

2020年5月26日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート

...記述)家族、生活、健康、テレワークといったワードの出現頻度が高い家族との時間が増えて嬉しいといった声や、生活を見直すきっかけになった、健康意識が高まったという声がみられる。ネガな点にフォーカスされがちだが、プラスになったことにも目を向けて、ポジティブに捉えていくことも必要。プラスになったことを今後も継続できるように努めることで、新しいスタイルの確立を目指したい。家族との時間が増えた ※抜粋家族で過ごす時間が増えて、絆が前より深くなったこと。 (女性30代)仕事中心だった主人も含め、家族...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ