「付加価値商品」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

国内時計市場に関する調査結果 2015

...訪日外国人客によるインバウンド需要を追い風に国産ウォッチおよびスイス製の高級機械式時計を中心とした欧米からのインポートウォッチが好調に推移した。2019年の国内ウォッチ市場規模は2014年比116.4%の8,900億円を予測する。◆ 2014年国内クロック市場規模は前年比95.5%の525億円、2019年は570億円を予測2014年の国内クロック市場規模は前年比95.5%の525億円であった。円安によるコスト上昇を付加価値商品の投入で補う施策を各社ともとってきたが前年割れとなった。こうしたなかクロックを通じたライフスタイル提案商品や、から...

2016年2月2日ドクターベルツフィードバック数:0ライフスタイル

現代女性の健康と美容、心、お金に関する意識調査

...昭和バブルと平成デフレ時代では「からだのニオイ対策」も全く違... 昭和バブルと平成デフレ時代では「からだのニオイ対策」も全く違う!? 昭和バブルは1万円以上の“香水”、“トワレ”が大ブーム平成デフレは「ニオイ対策」にもお金をかけず? “制汗剤”より更に身近な“洗濯洗剤、柔軟剤”が主流! 41%が実用的な“洗濯洗剤”、“柔軟剤”、“衣類の芳香剤など”の 高付加価値商品で「ニオイ対策」 “ニオイ”に敏感でも、 制汗剤を購入して「ニオイ対策」するのは27%に留まる ■96%の大多数が、季節...

2017年7月25日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2017年上半期 電動アシスト自転車の販売動向

...14.07.2017 「2017年上半期 電動アシスト自転車の販売動向」 - 販売は前年から1割伸長。バッテリー容量16Ahなど高付加価値商品がけん引  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。 【概要】・2017年上半期の電動アシスト自転車販売は、台数、金額共に前年から1割増加。・バッテリー容量16Ah以上モデルが販売台数の2割強へ。高付加価値商品の好調により平均価格は上昇基調。 【2017年上...

2021年2月22日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ライフスタイル

ペットビジネスに関する調査を実施(2021年)

...スで前年度比101.7%の1兆5,705億円と推計した。参入各社による高付加価値商品や猫向け商品の投入、 また、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットシーツや猫砂などの消耗品を中心に家庭内在庫確保の需要が拡大したことにより、微増となった。2020年度は新型コロナ禍で在宅時間が長くなり、ペットと過ごす時間が増えたことによる飼育者需要が拡大したことなどから、ペット関連総市場規模は小売金額(末端金額)ベースで前年度比103.4%の1兆6,242億円を見込む。2.注目...

2018年1月26日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ライフスタイル

文具・事務用品市場に関する調査を実施(2017年)

...用品市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比横ばい推移の4,692億円であった。ここ数年に渡って市場規模の底上げに貢献していた筆記具の伸長にも落ち着きが見られ始めており、紙製品、事務用品類の縮小分を補いつつ、市場を拡大させるまでには至らなかった。◆ シャープペンシル市場は複数本買い需要の創出などによって市場が活性化2016年度のシャープペンシル市場規模(本体及び替芯)は、メーカー出荷金額ベースで前年度比3.3%増の155億円であった。主要各社の投入する高機能・付加価値商品...

2017年1月18日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

国内時計市場に関する調査を実施(2016年)

...った新たな概念を取り入れたクロック商品を展開するなど新たな施策を進めている。このように、高付加価値商品を開発することや、未開拓の新しいマーケット創出を進め、クロック市場全体の活性化を図っていくことにより、2020年の国内クロック市場規模は2015年比102.0%の565億円を予測する。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。...

2017年10月5日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内アイウエア小売市場に関する調査を実施(2017年)

...,045億円、2017年は5,120億円を予測2016年の国内アイウエア小売市場規模は前年比102.1%の5,045億円と、2012年以降5 年連続のプラス成長となった。引き続き価格競争が続く一方で、UVカットなどの有害光線対策を中心とした機能性アイウエアや、高機能レンズ商品、ジャパンメイドの製品、有名ブランドやキャラクターブランドとのコラボ商品などの高付加価値商品の販売が拡充した。美容や健康を切り口とした商品の提案や、アイケアなどを重視した接客サービスなどの取組みも進められており、2017年の...

2018年6月7日矢野経済研究所★フィードバック数:0社会/政治

ペットビジネスに関する調査を実施(2018年)

...,135億円を見込む。ペット関連市場の根幹であるペットの飼育頭数が伸び悩むなか、参入各社による高付加価値商品・サービスの提案や、猫向け商品の投入によって市場全体は微増で推移した。2.注目トピック広がりを見せるペット関連サービス一般社団法人ペットフード協会によると、ペットの飼育頭数に近年頭打ちの傾向が見られる一方、総務省統計局によると、ペットのサービスに関する支出は増加傾向が見られる。コンパニオンアニマル化が進み、ペットを家族の一員としてとらえる家庭が増加していることに加え、従来...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

文具・事務用品市場に関する調査を実施(2018年)

...種化となる傾向が強く、今後における文具・事務用品の商品トレンドもこの傾向を一定程度強めていくことも想定され、これに対応する生産体制などの工夫も求められるものと考える。3.将来展望文具・事務用品市場は、国内においては成熟市場であり、今後も人口減少を背景とする構造的な需要減少は不可避の状況にある。このような環境下、多くの文具・事務用品メーカーは、個人需要に対応した高機能・付加価値商品の投入による需要活性化施策を推進するとともに、海外マーケットの開拓を追求している。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000...

2016年12月24日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

ベビーケア、ヘルスケア、コスメタリースキンケア用品などの国内市場を調査

...のトイレタリー用品の市場を調査した。その第2回目の結果を報告書「トイレタリーグッヅマーケティング要覧 2016 No.2」にまとめた。 この報告書ではコスメタリースキンケア18品目、オーラルケア6品目、ベビーケア3品目、チャーム用品2品目、ヘルスケア9品目の5分野38品目の市場について現状を調査・分析し、将来を予測した。なお、第1回目ではランドリー・ファブリックケア、芳香・消臭剤、ハウスホールド、クッキング、衛生材サニタリーの5分野38品目を調査した。2015年は参入メーカーにより競合メーカーとの差別化や単価アップを図るため高付加価値商品...

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

高齢者向け食品・宅配・施設給食の市場を調査

...や量販店を中心に配荷が進んでいる。また、イオンがPBブランド「トップバリュ」での商品展開を強化しているほか、イーエヌ大塚製薬の「あいーと」など高単価・高付加価値商品の需要も増加しており、今後も市場は拡大していくとみられる。施設用やわらか食は施設での慢性的な人員不足の解消のため、導入が進んでいる。特に調理の負担軽減が大きいユニバーサルデザインフード区分の"舌でつぶせる"商品を中心に実績が拡大している。2016年はキユーピー、2017年には吉野家が参入するなど市場は活性化しており、在宅介護へ移行の流れはあるものの、今後...

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品の国内市場を調査

...引き続きスキンケアやメイクアップが好調で、市場は前年比2.7%増の拡大が予想される。スキンケアで"シワを改善する"効果・効能として初めて医薬部外品に認可された有効成分を配合した商品が投入されたことや、メイクアップを中心に"インスタ映え"する商品が若年層を中心に需要を取り込んでいる。また、ボディケアは参入メーカーがオフシーズンの需要増加に努めていることや、高付加価値商品の投入など積極的な展開が奏功して好調である。2.化粧品の価格帯別市場2016年で特に伸びが大きかったのは高価格帯で、市場は前年比4.9%増の7,468億円となった。2016...

2017年9月11日■■■富士経済フィードバック数:0ライフスタイル

国内中食・惣菜市場を調査

...からの需要の取り込みを図り拡充。チャネル別にみると、コンビニ、量販店、駅ナカ・駅ビル市場がプラス推移している。特に、コンビニ市場が順調に伸びており、今後も中食・惣菜市場の拡大をけん引すると予想される。一方、弁当・惣菜店、テイクアウトずし店、おにぎり専門店、百貨店市場がマイナス推移している。 中食・惣菜市場におけるメニュー開発のキーワードは引き続き"健康志向""楽しさ""安心・安全""簡便""小容量""本格感"などとなる。一方で、人口の減少に伴う需要の縮小に対し、高単価・高付加価値商品...

和歌山県における家計消費のトレンド変化~県内世帯の少子高齢化が進む中で~

...食品や外食に支払われる金額が多くなっており、この分野への需要は拡大が予想される。住宅、教育、被服及び履物への支出割合の高い世帯が減少しており、この市場分野の縮小が予想される。 以上のことを踏まえると、堅調に推移することが期待される旅行や趣味に関連する市場分野での、新商品・新サービスの創造や潜在需要を引きつける高付加価値商品、サービスの提供が重要になる。ただし、世帯数が増加基調にある夫婦のみから成る世帯(世帯主60歳以上)、単独世帯(世帯主60歳以上)は、世帯収入がその他の世帯類型に比べて低く[*5] 、可処分所得の金額は低下する。その...

2017年3月31日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

読書頻度に関するグローバル調査

...の家電量販店、GMS、インターネット販売における2017年上半期の玩具※販売動向を発表した。 「洗車に関する消費者調査」 - 1カ月に1回洗車する人は4人に1人GfKジャパンは、全国のドライバー11,795名に対し、洗車に関するインターネット調査を実施し、その結果を発表した。 「2017年上半期 電動アシスト自転車の販売動向」 - 販売は前年から1割伸長。バッテリー容量16Ahなど高付加価値商品がけん引GfKジャパンは、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。...

2015年12月15日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2015年乗用車タイヤの販売動向

...の家電量販店、GMS、インターネット販売における2017年上半期の玩具※販売動向を発表した。 「洗車に関する消費者調査」 - 1カ月に1回洗車する人は4人に1人GfKジャパンは、全国のドライバー11,795名に対し、洗車に関するインターネット調査を実施し、その結果を発表した。 「2017年上半期 電動アシスト自転車の販売動向」 - 販売は前年から1割伸長。バッテリー容量16Ahなど高付加価値商品がけん引GfKジャパンは、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の販売動向を発表した。...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ