調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 仮想通貨取引所

「仮想通貨取引所」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

仮想通貨法施行を前に、ビットコインのニーズと仮想通貨取引所のビットコイン取引量・シェアを調査

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング 仮想通貨法施行を前に、ビットコインのニーズと仮想通貨取引所のビットコイン取引量・シェアを調査 • 2017年春に施行予定の 「仮想通貨法」 の認知は約4割• ビットコインの2016年下半期の取引高は、→ 上半期の2.3倍→ 取引高トップ3は、① bitFlyer、② BTCBox、③ QUOINE 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、仮想...

FinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング FinTech 仮想通貨取引所ビジネスの市場規模を調査 • ビットコイン取引高は、→ 2016年上半期は約780万ビットコイン (約4,300億円)→ 2016年下半期は約3,000万ビットコイン、2017年には1億5000万ビットコインの取引高になると推定• 取引高トップ3は、① bitFlyer、② BTCボックス、③ QUOINE• 現在の取引の大半は投資目的だが、今後は、利用用途が拡大 市場調査・コン...

2014年3月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年2月の全国企業倒産782件

...下回った。企業倒産は、中小企業金融モニタリング体制の効果に加えて、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じるなど、倒産が抑制された状況が続いている。。は、前年同月比32.4%減と2カ月ぶりに減少に転じた。負債100億円以上の大型倒産は3カ月ぶりに発生がなかった。また、同10億円以上は19件(前年同月28件)にとどまり、負債の減少に拍車をかけた。負債10億円以上が月間20件を下回ったのは1990年11月(17件)以来、23年3カ月ぶり。。主な大型倒産では、負債トップがネット上の仮想通貨取引所運営の(株)MTGOX...

2018年6月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した 「2018年第1四半期セキュリティラウンドアップ」を公開

...を絞って小規模に攻撃を行うランサムウェア攻撃の被害に遭わないためにも、機械学習や挙動監視といった脅威の挙動に着目したセキュリティ対策を行うことが重要です。3.日本では「フィッシング詐欺」が活発になり、誘導件数は過去最大の137万件に日本国内からフィッシングサイトに誘導された件数は、137万3,381件で、前年同期比2.6倍、前期比1.8倍の急増と過去2年間で最大となりました。また、フィッシング詐欺の目的となる詐取対象の情報としては、Apple IDやマイクロソフトアカウントなどのマルチサービスアカウントやクレジットカードサイトの認証情報に加え、仮想通貨取引所...

2018年2月15日CCCマーケティング★フィードバック数:0大型消費/投資

仮想通貨に関するアンケート調査入したい

...サリアム」●今後、仮想通貨が一般的にならないと思う人は8割●仮想通貨に興味・関心がある人は3割20代の男性の5割弱が仮想通貨に興味・関心あり昨年よりニュースなどで耳にする日は無いほど話題となっている「仮想通貨」。この「仮想通貨」に対しての興味や関心、また購入状況などを測るため、20~69歳の男女1,501名を対象にアンケートを実施いたしました。なお、本アンケートは、仮想通貨取引所のコインチェックからの仮想通貨流出問題が発生した直後の実査となります。 まず、「仮想通貨」に対してどのくらいの興味・関心...

2018年3月29日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ」

...四半期(10月~12月)だけで過去最高の約13万5,370件を記録しました。これは2017年1月から9月の9か月の合計の約13倍に当たります(グラフ1)。コインマイナーを拡散させる脆弱性攻撃サイトの急増や、インターネット利用者の端末を利用してWeb経由でマイニングを実行する仮想通貨発掘サービス「Coinhive(コインハイブ)」の登場が転換点となり、仮想通貨を狙うサイバー犯罪に拍車をかけています(グラフ2)。また、仮想通貨取引所の認証情報を狙う不正プログラムや、仮想...

2019年1月10日ユーキャンフィードバック数:0キャリアとスキル

20代~40代のビジネスパーソンが選んだ!2019年に「武器になる資格」とは?

...タメ関連で印象に残ったこと1位には、「TOKIO山口メンバー、所属事務所と契約解除」が選ばれました。2位には昨年実施した調査で2018年話題になりそうなこと1位に選ばれた「安室奈美恵さん、芸能界引退」がランクイン。90年代のカリスマ的存在だった歌姫の引退は、大きな話題になりました。その他、「振袖販売会社はれのひの店舗閉鎖」「スポーツ界での相次ぐパワハラ問題」などが選ばれています。仮想通貨取引所、コインチェックで仮想通貨流出(1月)日経平均株価が24,000円台を記録、26年ぶり高値(1月)史上初の米朝首脳会談(6月)財務...

2019年9月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2019年)

...では地方銀行によるブロックチェーンの活用事例も出てきており、徐々に活用に向けた動きが広がりつつある。また、新技術等実証制度(規制のサンドボックス)においてもブロックチェーンを使った実証実験が行われており、更なる活用が見込まれる。一方、クリプトカレンシー(仮想通貨)の領域は、大規模な不正流出などを契機として多くの仮想通貨取引所が業務改善命令を受け、業績は一時低迷したものの、市場環境の健全化をめざし、セキュリティや内部管理態勢の構築・強化などに最優先で取組んできていることから、今後の成長が期待できるものとみる。3.将来展望FinTech(フィンテック)を領...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

新着データ

お知らせ