「会計業務」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年10月14日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

...位となった。 ※1 Webブラウザを使用し、インターネット等のネットワーク経由で会計ソフトの機能を利用できるソフトウェアを指す。パソコン等の端末に会計ソフトをインストールして使用するものや、会計データのみをインターネット等のネットワーク経由で外部に保管するソフトウェアは含まない。会計ソフト利用者のうち、クラウド型利用は14.5% 従業員300人以下の中小企業等における会計業務の方法は、会計ソフトの導入によるものが54.1%と約半数を占め最も多い。さらに会計ソフト利用者においては、クラウド型サービスの利用が14...

2014年3月6日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:ERP市場2014

...拠点を支援するシステムを早急に立ち上げたいというニーズに対し、ERP製品が選ばれる傾向が強まっていると見られます。図.ERP市場ユーザー企業地域別売上金額シェア 目 次第1章 調査レポート概要1-1 調査概要1-2 市場の定義 1-2-1 対象市場1-2-2 用語解説 1-3 エグゼクティブ・サマリ第2章 国内ERP市場動向2-1 ERP市場 2-1-1 市場規模およびベンダーシェア2-1-2 業種別市場シェア2-1-3 業務分野別市場シェア 2-1-3-1 業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-2 会計業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-3 人事...

2016年10月6日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

...」が36.6%で首位となった。※1 Webブラウザを使用し、インターネット等のネットワーク経由で会計ソフトの機能を利用できるソフトウェアを指す。パソコン等の端末に会計ソフトをインストールして使用するものや、会計データのみをインターネット等のネットワーク経由で外部に保管するソフトウェアは含まない。会計ソフト利用者のうち、クラウド型利用は17.2% 従業員300人以下の中小企業等における会計業務の方法は、会計ソフトの導入によるものが49.3%と約半数を占め最も多い。さら...

クラウド型会計ソフトの利用動向調査

...査におけるクラウド型会計ソフトの定義:クラウド上で提供されている会計業務管理用ソフトウェアであり、クライアント端末側及びサーバーにソフトウェアをインストールすることなく利用できるサービスを対象とする。 株式会社 シード・プランニング(本社:東京都文京区 代表取締役 梅田佳夫)が運営する、デジタル領域専門の市場・サービス評価機関「デジタルインファクト」は、クラウド型会計ソフトに関する利用動向調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 近年様々なエンタープライズ向けのソフトウェアサービスは、パッ...

2013年4月25日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:ERP市場2013

...までパッケージがあまり適用されてこなかった販売や生産管理の業務分野も含めた導入が進むことが予想され、これらのCAGRが高いものとなると見ています」とコメントしています。 目 次第1章 調査レポート概要1-1 調査概要1-2 市場の定義 1-2-1 対象市場1-2-2 用語解説 1-3 調査対象製品1-4 エグゼクティブ・サマリ第2章 国内ERP市場動向2-1 ERP市場 2-1-1 製品規模別市場シェア2-1-2 市場規模およびベンダーシェア2-1-3 業種別市場シェア2-1-4 売上規模別市場シェア2-1-5 業務分野別市場シェア 2-1-5-1 業務分野別市場シェア2-1-5-2 会計業務...

2015年3月18日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:ERP市場2015

... 2-1 ERP市場2-1-2 業種別市場シェア2-1-3 業務分野別市場シェア 2-1-3-1 業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-2 会計業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-3 人事・給与業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-4 販売業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-5 生産管理業務分野ベンダー別市場シェア 2-1-4 売上規模別市場シェア 2-1-4-1 売上規模別市場シェア2-1-4-2 売上規模5,000億円以上ベンダー別市場シェア2-1-4-3 売上規模1,000億...

2016年3月13日ITRフィードバック数:0ビジネス

ITR Market View:ERP市場2016

...と比べてやや高い伸びを予測しています。 目 次第1章 調査レポート概要1-1 調査概要1-2 市場の定義1-2-1 対象市場1-2-2 用語解説1-2-3 年度解説 1-3 エグゼクティブ・サマリ第2章 国内ERP市場動向2-1 ERP市場2-1-1 市場規模およびベンダーシェア2-1-2 業種別市場シェア2-1-3 業務分野別市場シェア2-1-3-1 業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-2 会計業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-3 人事・給与業務分野ベンダー別市場シェア2-1-3-4 販売業務分野ベンダー別市場シェア2...

2015年12月11日マネーフォワードフィードバック数:0企業情報システム

クラウド型会計ソフトの利用意向に関する調査2015 

...ウド型会計ソフトの選定理由】n=409(複数回答)クラウド型会計ソフトの選定理由で最も多い回答が「会計士・税理士の薦め(1位)」となり、全体の約3割以上を占めました。当社の「MFクラウド会計・確定申告」は、特に会計事務所の皆様にご評価いただいており、サービス開始後わずか1年8か月で、全国1,300以上の事務所にご導入いただきました。【クラウド型会計の導入後の評価】n=320(複数回答)実際にクラウド型会計ソフトを導入したユーザーから最も評価されているポイントは、「操作が簡単・わかりやすい」点でした。次いで、自動取得・自動仕訳等による会計業務...

第四回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

...デジタルインファクト)は、「クラウド型会計ソフト(*) 」に関する調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 (*)本調査におけるクラウド型会計ソフトの定義クラウド上で提供されている会計業務管理用ソフトウェアであり、クライアント端末側及びサーバーにソフトウェアをインストールすることなく利用できるサービスを対象とする。 FinTech というキーワードとともに、クラウド型会計ソフト市場は、IT 業界や金融業界をはじめとする周辺産業界からの注目度は、日々高まりつつあります。サービス提供事業者は、大手...

第二回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

...タルインファクト(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下デジタルインファクト)は、「クラウド型会計ソフト(*) 」に関する調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 (*)本調査におけるクラウド型会計ソフトの定義クラウド上で提供されている会計業務管理用ソフトウェアであり、クライアント端末側及びサーバーにソフトウェアをインストールすることなく利用できるサービスを対象とする。 国内では2013年に提供始まったクラウド会計ソフトは、エンタープライズ向けのソフトウェアサービスのクラウド化の進展を背景に、その...

会計事務所白書 2018年版

...答した方の事務所名の由来を聞くと、「理念・信念」、「引き継いだ名前」、「活動エリア・地域名」、「法人化により変更した」などの回答が多かった あなたの事務所には、コンセプト(モットー)がありますか?顧客主義・クライアントが安心できるようなサービス提供・お客様に喜んでもらう・お客様のお役に立てる会計業務・クライアントの発展に寄与する・顧客との永続的な信頼関係を築く コンプライアンス・顧問先にNOと言える立場になる・適正な納税を行う企業のみに関与 親切・丁寧・誠実・税理士が、顧問先へ出向き、面談をすることにより、確実、丁寧...

2017年4月13日リクルートフィードバック数:0ライフスタイル

飲食店利用者に聞いた「お会計で困ったこと」調査

...はカードも電子マネーも使えるおトクな決済サービス『Airペイメント』(現『Airペイ』)も加わり、注文入力からクレジットカードによる決済、そして会計帳簿作成から決算書の作成まで会計業務全般を、『Airレジ』と連携しているサービスで完結させることができます。2016年4月1日(金)に中小企業庁が指定する消費税軽減税率対策補助金対象(モバイル POS レジシステム)サービスとなりました。これにより、消費税軽減税率補助金対象となる事業者は『Airレジ』利用に必要なタブレットおよび周辺機器の購入に対し補助金の申請ができるようになります。また、複数...

2016年1月20日MM総研フィードバック数:0ビジネス

クラウド会計ソフトの利用状況調査

...事業主のクラウド化の動向を分析するにあたり、クラウド会計ソフトの導入利用状況に焦点を当てている。会計ソフトを対象としているのは、バックオフィスの業務としてほぼ全ての個人事業主に発生する業務の一つが「会計業務」であるためだ。また、個人事業主に関しても、平成27年(2015年)分の確定申告を行う予定の個人事業主を対象にしている。多くの個人事業主は1月~12月の1年間の「所得」を確定させ、翌年2月から3月にかけて税務署に「申告」する、いわゆる「確定申告」を行っている。ただ、個人...

2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2016年のIT市場動向を占う

...年はポイントが大きく落ち込んだ「財務会計業務の効率化」は2015年でやや持ち直した。リーマンショック後、2012~2013年にERP・会計システムを更新した企業が多いと弊社では推定しているが、その5年後となる2017年頃を目途に、次の更新を目指して需要が高まるものと推定する。2015年はその端緒となるものであろう。戦略的な投資割合が減少調査した我々にとっても意外だったデータとしては、IT投資額(社内人件費および社外への支出)の戦略的投資比率がある。2011~2015年度...

第三回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

...タルインファクト(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下デジタルインファクト)は、「クラウド型会計ソフト(*) 」に関する調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 (*)本調査におけるクラウド型会計ソフトの定義:クラウド上で提供されている会計業務管理用ソフトウェアであり、クライアント端末側及びサーバーにソフトウェアをインストールすることなく利用できるサービスを対象とする。 IT技術の発展と、スマートフォンの普及を背景に、法人向け・個人向けを問わず様々なサービスのクラウド化が進展しています。この...

2014年3月7日弥生★フィードバック数:0ビジネス

弥生の調査です。

個人事業者の確定申告に関する調査 第2弾

...のルールに沿って記帳をする必要があります。この複式簿記が「複雑でわかりにくい」「白色であればもっと記帳が楽/記帳をしなくてもいい」という理由から、青色申告にしないというデータが前回の調査注1から明確になっています。では、難しいといわれている複式簿記で記帳を行う青色申告と、昨年まで記帳の必要がなかった白色申告では、実際の会計業務に要する時間にどれくらいの差があるのでしょうか。日常処理と、確定申告処理で調査したところ、記帳頻度および確定申告処理日数ともに、青色申告者も白色申告者もほぼ同じくらいの時間をかけているということがわかりました。「複雑...

2012年1月30日厚生労働省フィードバック数:29キャリアとスキル

外国人雇用状況の届出状況(平成23年10月末現在)

...働者の多数を占めている。【別表7】ハ 事業所規模別にみると、「30人未満」規模の事業所が最も多く、外国人労働者全体の34.0%を占める。【図8、別表8】 ※1 「身分に基づく在留資格」には、「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」が該当する。※2 「専門的・技術的分野の在留資格」には、「教授」、「芸術」、「宗教」、「報道」、「投資・経営」、「法律・会計業務」、「医療」、「研究」、「教育」、「技術」、「人文知識・国際業務」、「企業内転勤」、「興行」、「技能」が該当する。※3 「サービス業(他に...

2014年2月19日マネーフォワード★フィードバック数:0大型消費/投資

確定申告についての調査です。

確定申告に関する調査

...ザーインターフェースの良さ」7.0%なども挙げられました。■マネーフォワードのクラウド会計サービスで、確定申告をより簡単に。より効率的に。マネーフォワードは1月27日(月)、専門知識がなくても、手間なく簡単な確定申告や法人の会計処理を可能にするクラウド会計サービス『マネーフォワード 確定申告』および『マネーフォワード For BUSINESS(法人会計)』のサービスを提供開始いたしました。国内の確定申告者数は2,000万人超に上る一方、申告手続きの大半は面倒な手書きの作業が中心です。法人の経理・会計業務...

2018年11月30日シンクロ・フードフィードバック数:0ビジネス

飲食店トラブルに関するアンケート調査

...県/居酒屋・ダイニングバー/3~5店舗)<ネット上の中傷>・お客様の勘違いによる一方的な非難。ネットへの悪意溢れる書き込み。(愛知県/居酒屋・ダイニングバー/1店舗)・「予約した料金の何倍も請求された」等とネットでウソの中傷を流された。私ひとりで運営できる規模なので、ありえないことです。しかし反論もできず悔しい思いをしています。(埼玉県/カフェ/1店舗)<天災>・営業中にゲリラ豪雨により店内の浸水。それに伴い停電。会計業務もままならない状況。(千葉県/焼肉/101店舗以上)・台風...

2013年10月4日エスキュービズムフィードバック数:0ビジネス

消費社会の変遷にみる、日本の小売とレジの歴史

...スタで集めたデータをコンピュータに直接入力することで、全取引明細の検証・記録と、売上げ情報のレポートが可能になりました。日本での反響も大きく大手小売経営者は訪米視察団を派遣し、情報収集にあたるほどだったそうです。日本でもPOSレジシステムの開発が進み、ペン状リーダーでのスキャニングによる商品タグの自動入力やカラー・バーコード・システムも開発され、従来の手作業による会計業務の大幅な改善に寄与しました。百貨店での導入が急速に拡大したPOSレジシステムですが、1980年代にはコンビニでも普及。部門別ではなく、商品...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ