調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 個人向けルート

「個人向けルート」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月15日MM総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2013年度 国内パソコン出荷概要

...年の統計開始以来過去最高の出荷台数となった。上半期は、個人市場の不調が響き前年同期比7.5%減の691.2万台となったが、下半期は法人を中心に、サポート終了となるWindowsXP搭載機の更新需要で同26.6%増の960.1万台と大幅に伸長した。流通ルート別実績では、個人向けルートが前年度比16.3%減の594.2万台、法人向けルートが32.8%増の1,057.1万台となり、法人更新需要が個人向けの苦戦を補う形となった。メーカーシェアは、首位のNECレノボ、2位の富士通、3位の...

2019年6月14日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2018年度 国内パソコン出荷概要

...パソコンのサポート終了に伴う入れ替え需要により法人向け出荷台数が回復した。半期別にみると上半期は前年同期比6.4%増の524.3万台、下半期は同21.8%増の659.2万台となった。流通ルート別実績では、個人向けルートが前年度比5.9%減の357.5万台、法人向けルートが26.3%増の826万台となり、減少を続ける個人需要を、法人需要が支える結果となった。 メーカーシェアでは、首位がNECレノボ、2位が富士通、3位がDELL、4位が日本HP、5位がDynabookとなった。NECレノボが1.1ポイント、DELLが2.5ポイント、日本HPが1.5ポイ...

2017年6月2日MM総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度 国内パソコン出荷概要

...機の更新需要に伴う反動減の影響がおさまり、法人向け出荷台数が回復した。半期別にみると上半期は前年同期比2.3%増の485.2万台、下半期は同1.8%増の526万台となった。 流通ルート別実績では、個人向けルートが前年度比7.9%減の396.8万台、法人向けルートが9.8%増の614.4万台となり、減少を続ける個人需要を、法人需要が支える結果となった。 メーカーシェアでは、首位がNECレノボ、2位が富士通、3位が日本HP、4位がDELL、5位が東芝となった。個人向けの事業等を縮小した東芝が3位から5位となり、日本HPとDELLが順...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ