「債務者区分」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年12月29日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

...年同期を下回った。減少率が最低の九州(前年同期比1.4%減)では、貸出先の債務者区分の見直しによるランクダウンによるリスク管理債権の大幅増加のほか、「債務者区分のランクダウンではなく、金融庁が推し進めている事業性評価に基づき、要管理先(貸出条件緩和債権先ほか)に対して追加の貸出や他行からの借入分の肩代わりを実施したことでリスク管理債権が増加」(西日本シティ銀行)したケースもあった。業態別・銀行別 19行でリスク管理債権が前年同期を上回る 業態別の「リスク管理債権」は、大手行が2兆7,800億円(前年同期比6.9%減...

2014年12月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

国内112銀行「リスク管理債権状況」調査

...ント改善し、初めて2.0%を下回った。リスク管理債権の内訳をみると、「破綻先債権」が2,901億円(前年同期比29.6%減)、「延滞債権」が6兆6,001億円(同12.6%減)、「3カ月以上延滞債権」が1,024億円(同10.2%減)、「貸出条件緩和債権」が1兆9,729億円(同14.7%減)と全区分で減少。特に「破綻先債権」はリーマン・ショック後の09年3月期(1兆4,760億円)の19.6%に縮小した。融資先の業績改善や再生ファンドの支援で再建計画を策定したことで、債務者区分が引き上げられたようだ。 業態...

2014年6月13日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

国内112銀行 リスク管理債権合計 3年ぶりに減少

...(同1,150億円減)の順と、西日本で減少率が大きかった。減少率が最も大きかった関東は、26行のうち唯一、群馬銀行のみが前年同期を上回った。一方で、減少率が最も小さかった九州(同2.9%減)は、21行中6行(構成比28.5%)が前年同期を上回った。リスク管理債権 荘内銀行が増加率50%超で突出  銀行別でのリスク管理債権の増加率では、荘内銀行が前年同期より56.4%増と、最も大きかった。同行は2013年3月期に、震災以降、貸出先の返済が進んだことでリスク管理債権が大幅に減少したが、2014年3月期において法人の貸出先において経営改善計画の進捗状況に応じ債務者区分...

2015年12月24日東京商工リサーチ★フィードバック数:0大型消費/投資

国内112銀行(2015年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

...した。融資先の業績改善や再生ファンドの支援で再建計画を策定したことで、債務者区分の引き上げもあるが、依然として業績改善が遅れた中小企業も多い。2013年3月末に中小企業金融円滑化法が終了した。しかし、金融庁が2015年6月に公表した中小企業者向けの金融機関の貸付条件変更等の状況(2015年3月末)では、申込件数(累計)が660万6,401件で、10-3月の半年間の申込件数は52万8,266件と、依然として50万件台の申込件数が続いている。 リスク管理債権額を銀行の本店所在地でみると、全10地区...

2016年7月30日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内112銀行(2016年3月期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

...ク管理債権の内訳をみると、「延滞債権」が5兆9,110億円(前年同期比4.9%減)、「3カ月以上延滞債権」が903億円(同1.4%減)、「貸出条件緩和債権」が1兆7,365億円(同20.5%減)と、前年同期を下回った。「破綻先債権」は3,027億円(同25.1%増)と唯一、前年同期を上回ったが、リーマン・ショック時の2009年3月期(1兆4,760億円)の2割(20.5%)まで圧縮された。融資先の業績改善や再生ファンドの支援で再建計画を策定したことで、債務者区分を引き上げた可能性もあるが、依然...

2013年5月14日東京商工リサーチフィードバック数:15ビジネス

「全国18万社財務データ」調査 全国で赤字企業率が改善

...的に持ち直し傾向がみられた。特に復興事業が進む東北の改善ぶりが目立った。ただ、建設業への依存度や輸出産業の比重の高低など、各地域ごとの産業構造の違いなどで、業況の回復テンポにはバラツキもみられた。中小企業は2013年3月末で期限切れの中小企業金融円滑化法など、各種の金融支援策で下支えされてきた。今回の調査では、業績低迷から抜け出せない企業が残されている一方、業績拡大に向かう企業が多いこともわかった。企業は業績が進展するほど資金需要は活発になる。金融機関は過去の業績を反映した債務者区分(格付け)だけでなく、企業の持つ強み、将来...

2017年5月16日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

第2回「マイナス金利に関するアンケート」調査

...金利の引き下げ」は33.7%で次点となった。代わりにトップに躍り出たのは39.3%の「ビジネスマッチングなどの営業支援」だった。中小企業の資金事情もひと息つき、企業は「資金より仕事」を求める姿勢へと潮目が変わっているようだ。マイナス金利の継続局面では、金融機関は取引企業のリスクの精査と信用格付による債務者区分の厳格な適用が求められる。また、事業性評価に基づく貸出も重要で、保証料率を加味した貸出金利の引き下げやリスクに応じた金利引き上げも必要だろう。マイナス金利の導入で金融機関の金利競争が加速したが、すで...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ