「分析実施」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年7月20日電通★フィードバック数:0マーケティング

電通、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30の「メディアライフスタイル」に類型化

...クエンス分析 出来事や状態の変化など順序のあるデータを分析する統計解析手法の一つ。1980年代に遺伝子配列の解析のための手法として開発された後、90年代に欧米で社会調査データ分析への応用が広がり、主に各国の青年が学業期から就業を経て家族形成に至るライフコースなど長期間にわたる調査データの分析に適用されてきました。2010年代には諸外国で応用技法やソフトウェア環境が整備されてきましたが、現在に至るまで日本での分析実施例はほとんど知られておらず、特に...

2018年9月3日パイプドビッツ★フィードバック数:0キャリアとスキル

AI・RPAの導入により労働時間が減少する人とそうでない人の違いとは?

...%、マネージャが37.4%にとどまる結果となりました。また、6割以上が業務分析を未実施または実施したかさえわからずに導入していることが明らかとなり、マネージャでさえも約3割が実施したかをわからない結果となりました。 図2 AI・RPA導入者のAI・RPAに関する業務分析実施状況(労働者・マネージャ比較) 2.調査ハイライト:活用効果が最も高い業務分析は「定型業務を自動化・AI化する業務見直し」 表2は、業務分析全6項目の活用効果を検証するため、13施策のうち「AI・RPAを活...

2018年8月1日パイプドビッツフィードバック数:0ビジネス

AI・RPAの導入により労働時間が減少する人とそうでない人の違いとは?全国2.4万人規模の調査「働き方改革研究センター調査2018」に基づくレポート第二弾

...%、マネージャが37.4%にとどまる結果となりました。また、6割以上が業務分析を未実施または実施したかさえわからずに導入していることが明らかとなり、マネージャでさえも約3割が実施したかをわからない結果となりました。 図2 AI・RPA導入者のAI・RPAに関する業務分析実施状況(労働者・マネージャ比較) 2.調査ハイライト:活用効果が最も高い業務分析は「定型業務を自動化・AI化する業務見直し」 表2は、業務分析全6項目の活用効果を検証するため、13施策のうち「AI・RPAを活...

2019年12月24日Amobeeフィードバック数:0ライフスタイル

新元号「令和」にも関心集まる。米英豪のネットユーザーの2019年日本に対する注目トピック

...ビスが活発的に利用されている傾向が確認されており、各国のコミュニティサイトも日本のエンタメコンテンツ展開に大きく貢献していると言える。【分析要項】・ソリューション:ブランド・インテリジェンス・分析対象国:アメリカ、イギリス、オーストラリア・分析対象期間:2018/12/30-2019/12/15・分析内容:『Japan』に関するトピックの分析・分析実施機関:Amobee Japan(アモビージャパン)【Amobee Brand Intelligence (ブランド・インテリジェンス)】ブランド・インテリジェンスは、デジ...

2014年版 健康保険組合の保健事業動向・データヘルス計画における最新調査

... 割弱を占めるほか、「健診データ分析」が2 割強となった。レセプトデータ分析実施の推移健康保険組合のレセプトデータ分析状況をみると、前回2012 年調査時は実施が61.3%であったのに対し、今回2014 年調査では75.3%となり、14 ポイント増加した。内訳は、「外部委託」が4.2 ポイント増加したほか、「組合内部で実施」が10 ポイント近く増加するなど、レセプトデータ分析に興味を示す健康保険組合が、まずは基幹システム等の分析機能を活用して内部で実施する傾向がみられた。 ◆ 各保健事業(13項目...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ