「労働関係」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年6月18日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

「予見可能性の高い紛争解決システムの構築」に関する調査

...保険労務士などの労働問題の専門家により組織された紛争調整委員会が、当事者双方の主張の要点を確かめます。双方から求められた場合には、両者に対して、事案に応じた具体的なあっせん案を提示します。(都道府県労働局によるあっせんの場合。この他、都道府県労働委員会・労政主管部局等でも個別労働関係紛争のあっせんを実施しています。)※2「労働審判」: 労働審判官(裁判官)1人と労働関係の専門的な知識と経験を有する労働審判員2人で組織された労働審判委員会が、原則として3回以内の期日で審理し、適宜調停を試みます。調停による解決に至らない場合には、事案...

2013年12月22日外務省★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

...平成25年(2013年)7月から8月まで,外務省は,ハリス・インタラクティブ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1000名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある201名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は一般の部で76%,有識者の部で93%と,前回...

2013年11月3日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

若年者雇用対策に関するデータ・調査

...活動時期については、こちらをご確認下さい。中学生、高校生の就職活動についてはこちらを御確認ください。近年、若者の労働条件などをめぐるトラブルがみられます。このため、就職を控えた方や、既に働いている方などが労働関係の法律の基礎を学ぶことができるe-ラーニングシステムを運用しています。ここでは、就職前に知っておいてほしい、労働条件に関して確認すべき書類や有給休暇のルールなどについて、事例を用いて紹介しています。また、既に働いている方の参考にもなるよう、仕事中に怪我をしてしまった場合や仕事を辞める場合などに起こりうる、仕事...

2011年10月18日厚生労働省フィードバック数:318キャリアとスキル

若年者雇用関連データ

...活動時期については、こちらをご確認下さい。中学生、高校生の就職活動についてはこちらを御確認ください。近年、若者の労働条件などをめぐるトラブルがみられます。このため、就職を控えた方や、既に働いている方などが労働関係の法律の基礎を学ぶことができるe-ラーニングシステムを運用しています。ここでは、就職前に知っておいてほしい、労働条件に関して確認すべき書類や有給休暇のルールなどについて、事例を用いて紹介しています。また、既に働いている方の参考にもなるよう、仕事中に怪我をしてしまった場合や仕事を辞める場合などに起こりうる、仕事...

2018年1月25日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査

...平成29年12月27日【照会先】労働基準局労働関係法課課長大隈 俊弥調査官 大塚 弘満(代表電話) 03(5253)1111(内線5370、5536)(直通電話) 03(3502)6734 報道関係者各位「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を公表します 「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を取りまとめましたので、お知らせします。労働契約法第条では、同一の使用者との間で締結された有期労働契約が通算5年を超えた場合に、労働...

2012年5月23日外務省★フィードバック数:26社会/政治

アメリカ人から見た日本です。

米国における対日世論調査(結果概要)

...米国における対日世論調査(結果概要) 平成24年(2012年)2月から3月まで、外務省は,ギャラップ社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1200名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±4.25%,有識者の部で±7%)。対日信頼度は一般の部で84%,有識...

2011年8月24日厚生労働省フィードバック数:23大型消費/投資

社会保障に関するアンケート

...23年2月に実施しました。対象者は全国のモニターから無作為抽出した20代から70代までの男女2,300人で、質問票の配布・回収は郵送にて行い、回収率は58.3%でした。【主な調査結果のポイント】 1:「知っている社会保障の窓口と利用したことがある窓口」実際に利用した窓口については知っているという回答の傾向があり、国民生活に直結する「年金事務所(旧社会保険事務所)」、「公共職業安定所(ハローワーク)」、「市区町村の社会福祉部署」については認知度が高い。一方、児童虐待を扱う「児童相談所」や、不払い残業や職場のいじめ問題などを扱う労働関係...

2018年1月24日外務省★★フィードバック数:0社会/政治

米国における対日世論調査

...平成29年(2017年)3月に,外務省は,ニールセン社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1,005名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました。1 対日信頼度は,一般の部で82%(昨年度73%),有識者の部でも86%(昨年度83%)と,昨年と同様に高い数値が示されました。日米協力関係を「きわめて良好」ない...

2020年10月31日労務行政研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート

...、労働関係実務図書の編集③人事・労務管理に関する調査 所 在 地〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3階メディア関係者の方はこちらログインするとメディアの方限定で公開されている お問い合わせ先や情報がご覧いただけます添付画像・資料企業情報コラム一般財団法人労務行政研究所の 関連プレスリリース一般財団法人労務行政研究所の 関連プレスリリースをもっと見る こちらの投稿はプレスリリースではありません。 応援するにはFacebookアカ...

2014年11月7日外務省★★フィードバック数:0社会/政治

アメリカから見た日本です。

米国における対日世論調査

...平成26年(2014年)7月31日から8月21日まで,外務省は,ニールセン社に委託して,米国における対日世論調査を行いました。本件世論調査は1960年以来ほぼ毎年実施しており,18歳以上の1003名を対象とした「一般の部」と,各界(政官財,学術,マスコミ,宗教,労働関係等)で指導的立場にある200名を対象とした「有識者の部」に分けて電話調査を行いました(信頼度95%の標本誤差は一般の部で±3%,有識者の部で±7%)。1 対日信頼度は,昨年と同様に,一般の部で73%(昨年76%),有識...

2013年5月15日厚生労働省フィードバック数:4キャリアとスキル

労使関係総合調査(労働組合基礎調査):調査の結果

...雇用者数及び推定組織率は、平成24年4月に総務省統計局から公表された「労働力調査における東日本大震災に伴う補完推計」の平成23年6月分の推計値及びその数値を用いて計算した値である。時系列比較の際は注意を要する。 労働組合法、労働関係調整法等に基づく業務を行う上での基礎資料厚生労働白書(社会の実態や厚生労働省の施策について国民に周知する刊行物)において、「安定した労使関係の形成等」として定期的に使用。「労働経済の分析」において、労働組合の推定組織率の変化についての分析に使用。国際労働機関(ILO)や経済協力機構(OECD...

韓国における積極的雇用改善措置制度の効果 ― 女性の雇用改善や地位向上に与えた影響 ―

...月23日にサムスン電子の社屋で行われたサムスングループ女性役員との昼食会で「今度は女性の最高経営者(CEO)が現れるべき」と述べ、女性人材の重要性を強調しており、今後サムスンを中心とした韓国企業の女性役員の数は徐々に増加する可能性が高い。間もなく誕生する女性大統領時代に積極的雇用改善措置制度が女性の雇用や地位向上に今後どういう役割をするか注目されるところである。1 日本では厚生労働省の労働関係部局(旧労働省)にあたる韓国の行政機関。2 日本では厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 雇用...

2013年3月2日厚生労働省フィードバック数:22キャリアとスキル

外国人雇用状況の届出状況(平成24年10月末現在)

...人との共生社会の実現に向けた環境整備が必要との方針が示されたこと等を踏まえ、労働関係法令等の遵守や公正な待遇の確保等、多様な人材が安心してその有する能力を有効に発揮できる環境を整備するため、平成31年4月1日付で改正を行いました。主な改正内容については、以下リンク先をご参照ください。外国人雇用管理指針の主な改正内容(平成31年4月1日付改正)[PDF形式:313KB]新たな外国人材受入れ制度(在留資格「特定技能」の創設)について 平成30年12月8日、第197回国会(臨時会)において、在留資格「特定技能」の創設等を内容とする「出入...

2015年3月6日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

OECD失職者レビュー日本報告書の公表について

...ブカード制度の活用、職業能力評価制度の整備等を図ってきており、これらの制度の見直し・拡充を進めていくこととしています。 ・不当解雇の定義の曖昧さの指摘については、労働契約法で「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない解雇は、その権利を濫用したものとして無効とする」旨を定めています。個々の、解雇の効力は、最終的には個別に司法判断されるものですが、政府として労働関係の裁判例の分析・類型化による「雇用指針」を定めて、周知を行っています。なお、提言は実証検証が十分でなく留保が必要です。 ・大量...

企業・事業所レベルにおける集団的労使関係システム(ドイツ編)

...によればまず、ドイツの二元的労使関係システムのもとでは、事業所内の民主的選挙手続に基づく従業員代表機関である事業所委員会に対しても、事業所組織法に基づいて共同決定権が付与され、労働関係に対する規範設定(集団的労働条件決定)を行うことが可能となっている。特に、事業所内秩序や労働時間の配分等のいわゆる社会的事項(事業所組織法87条1項)に関する規整に関しては、事業所委員会には同意権としての共同決定権が付与され、使用者と完全に同権的な地位に位置付けられており、かかる事項については、使用...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ