「北半球」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年12月14日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

FAO、2014年11月の世界食料価格指数を公表

...食肉である牛肉や豚肉の価格高に加え、羊肉などの価格上昇が要因となっている。穀物は、北半球での小麦の生育不良懸念による相場高を受けて、前月から5.3ポイント増の183となった。油脂は、需要が堅調に推移する中で、世界的なひまわり油の減産見込みや、インドネシアやマレーシアでのパーム油の減産を受け、同1.2ポイント増の164.9となった。一方、砂糖は最も下げ幅が大きく、干ばつが発生していたブラジルなどで降雨に恵まれたことで減産懸念が緩和されたことから、前月から7.6ポイント下回る230となった。  また乳製品は、中国...

2013年11月10日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

温室効果ガスのデータです。

世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値 ~WMO温室効果ガス年報第9号の発表~

...加を続けており、2012年における世界平均濃度は、過去最高値を記録したことが分かりました。 なお、今号のトピックとして、近年の大気中のメタンの濃度変化が取り上げられています。大気中のメタン濃度は1999年から2006年までほぼ一定でしたが、2007年に再び増加し始めました。この増加には、熱帯域および北半球中緯度からのメタンの排出が寄与している一方で、北極域からの排出量には変化が見られていないことが指摘されています。 本年報は、気候変動枠組条約第19回締約国会議(COP19)(11月11日~11月22日、ポー...

2015年11月24日JAXAフィードバック数:0社会/政治

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度

...酸化炭素平均濃度を算出したところ、月別平均濃度は北半球の植物の光合成が活発になる北半球の夏に下がり、光合成が弱くなる北半球の冬に上がる季節変動を経ながら年々上昇し、平成27年5月には、約398.8 ppmを記録しました。また、推定経年平均濃度注1)は平成27年7月に約398.2 ppmを記録しました注2)。さらに、このままの上昇傾向が続けば、月別平均濃度や推定経年平均濃度はともに、遅くとも平成28年中には400 ppmを超える見込みであることもわかりました。月別平均濃度が400 ppmを超えるのは、推定...

2013年5月21日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.5.17

...が、1958年の観測開始以来、初めて400ppm(1ppmは100万分の1)を超えて400.03ppmを記録したことを発表した。ほとんどの工業国が集積する北半球の北極では、すでに昨年400ppmを超えるCO2濃度が観測されており、数年内に南半球で同様の状況が観測されるであろうと予想されている。EU ETSの価格下落でCCSの財政支援が困難にCCS(二酸化炭素回収貯留技術)は、火力発電等で発生する二酸化炭素(CO2)を回収して地中などに貯留する技術で、地球...

2013年12月28日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

今年のまとめです。

2013年(平成25年)の世界と日本の年平均気温(速報)

...に高い値となる見込みです。世界の年平均気温は、長期的には100年当たり0.69℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっています。月別、季節別では、9月と11月の世界の平均気温偏差(それぞれ+0.26℃、+0.31℃)、及び9月~11月(北半球における秋季)の世界の平均気温偏差(+0.26℃)は、統計を開始した1891年以降で第1位の高い記録でした。また、地域別では、ユーラシア大陸やオーストラリアで広く高温偏差となったほか、海域では北太平洋中央部で高温、太平...

2014年2月9日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

温暖化です。

2013年(平成25年)の世界と日本の年平均気温

...に高い値でした。世界の年平均気温は、長期的には100年当たり0.69℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっています。月別、季節別では、9月と11月の世界の平均気温偏差(それぞれ+0.26℃、+0.31℃)、及び9月~11月(北半球における秋季)の世界の平均気温偏差(+0.26℃)は、統計を開始した1891年以降で第1位の高い記録でした。また、地域別では、ユーラシア大陸やオーストラリアで広く高温偏差となったほか、海域では北太平洋中央部で高温、太平...

2012年12月25日気象庁フィードバック数:18社会/政治

2012年(平成24年)の世界と日本の年平均気温(速報)

...に高い値となる見込みです。世界の年平均気温は、長期的には100年あたり0.68℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっています。地域的にみると、陸上では北米やロシア西部から地中海にかけての地域、海上ではインド洋や北太平洋中央部で高くなっています。月別、季節別では、9月の世界の平均気温偏差(+0.25℃)、及び9月~11月(北半球における秋季)の世界の平均気温偏差(+0.23℃)は、統計を開始した1891年以降で第1位の高い記録でした。なお、陸域のみの年平均気温偏差は+0.31℃で、1891...

2013年2月5日気象庁★フィードバック数:12社会/政治

1891年からの推移が見られます。

2012年(平成24年)の世界と日本の年平均気温について(確定)

...の年平均気温は、長期的には100年あたり0.68℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降、高温となる年が多くなっています。地域的にみると、陸上では北米やロシア西部から地中海にかけての地域、海上ではインド洋や北太平洋中央部で高くなっています。月別、季節別では、9月の世界の平均気温偏差(+0.25℃)、及び9月~11月(北半球における秋季)の世界の平均気温偏差(+0.23℃)は、統計を開始した1891年以降で第1位の高い記録でした。なお、陸域のみの年平均気温偏差は+0.28℃で、1891年以降では6番目...

2014年8月29日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のレポートです。

平成25年度オゾン層等の監視結果に関する年次報告書

...とつくばにおいて主に1980年代に減少傾向がはっきり現れていたが、1990年代後半以降には各地点とも増加傾向が見られる。○ 地球規模のオゾン全量は、人為起源のオゾン層破壊物質による大規模なオゾン層破壊が起こる前のレベルである1960年レベルまで回復する時期は、北半球では中・高緯度域で2030年頃、また南半球中緯度(南緯35度~南緯60度)では2055年頃と予測されている。一方、南極域の回復はほかの地域よりも遅く、1960年レベルに戻るのは21世紀末になると予測されている。2 オゾン層破壊物質等の大気中濃度 ○ オゾ...

インフルエンザ予防接種推奨: ビジネスの安定化に貢献

...における新型インフルエンザ対策ガイドライン」インフルエンザに感染するリスクを下げるために、特に出張を伴う方は毎年予防接種を受けるのが望ましいとされています。地域ごとの流行時期は下記の通りです。北半球では、11月から3月南半球では、4月から9月熱帯地域では、通年インターナショナルSOSジャパンのメディカル・ディレクターである安藤裕一医師は次のようにアドバイスしています。 『社員へのインフルエンザ予防接種を検討中の企業にとっては、今がまさに実施すべき時期です。社員の健康を守るため、また...

コモディティ・レポート (2014年1・2月)

...旬に再び下落し、2月下旬にかけて持ち直している。先行き、米国の量的緩和縮小が見込まれていることは金を中心に上値抑制要因となり、原油は供給増加圧力も意識されるだろう。一方で、世界景気の持ち直しを受けた需要増加観測から銅などベースメタルは上昇しやすくなるだろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は一進一退、WTI原油は上昇ブレント原油の市況は、昨年夏場の高値から下落した後は、一進一退で推移している。今後、北半球の冬場が終わり、不需要期に入るにつれて、原油の余剰感がやや強まってくるとみられ、原油...

2016年5月24日JAXAフィードバック数:0社会/政治

全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました

...き」観測データから解析・推定された「全大気」の二酸化炭素の月別平均濃度とそれに基づく推定経年平均濃度※ の速報値を、国立環境研究所「GOSATプロジェクト」の「月別二酸化炭素の全大気平均濃度 速報値」のページ()において公開しています(平成27年11月16日の報道発表を参照)。 このたび、平成28年1月までの暫定的な解析を行ったところ、月別平均濃度は平成27年12月に初めて400 ppmを超え、400.2 ppmを記録したことがわかりました。平成28年1月も401.1 ppmとなり、北半球...

コモディティ・レポート (2014年9・10月)

...旬にかけて上昇していたが、その後、下落傾向が続いた。マクロ経済環境をみると、欧州や中国を中心に景気の下振れ圧力が意識される中、10月に入ると、米国景気の減速も懸念されるようになり、コモディティ市況の下押し要因となった。コモディティ市況の下落は一巡したとみられるものの、当面、反発力は弱いであろう。II.エネルギー市況: 原油は大幅下落ブレント原油は、6月にイラク情勢の緊迫化を受けて上昇したものの、その後は、需要鈍化懸念などを背景に下落傾向で推移し、10月16日には一時82.60ドルの安値をつけた。北半球が冬場になり、原油...

2013年6月7日大和総研フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

日本の大気中の二酸化炭素濃度が400ppmvを突破

...月9日に米国のマウナ・ロア(北緯19.5度)でも400ppmv超のCO2濃度が観測された。CO2濃度が増加している原因は、主として人間による化石燃料の燃焼による排出及び土地利用変化(主に森林伐採)なので、これらの影響が大きい北半球ではCO2濃度が高くなる傾向がある。また、北極圏で高いCO2濃度が観測されるのは、排出されたCO2が対流等で輸送される結果である。大気は地球全体を対流しているため、近いうちに南半球でも月平均値や日平均値が400ppmvを超えることが予想される。CO2濃度は、ここ10年間...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ