「千葉大学環境」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年3月28日みずほ情報総研★フィードバック数:2ライフスタイル

企業での観葉植物の設置について聞いています。

「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果

...ホーム事例・実績調査・研究事例の紹介千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について花と緑の「調整パワー」を知っていますか?千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について 2013年3月 当社が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及...

2015年5月12日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査

...ホーム事例・実績調査・研究事例の紹介千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について花と緑のパワー千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について 2015年3月 当社が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結...

2014年3月23日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果

...ホーム事例・実績調査・研究事例の紹介千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について花と緑のパワー千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について 2014年3月 当社が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結...

2015年2月13日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第三回花粉飛散傾向

...の森林における雄花の成長状況を、衛星データを利用して把握し、花粉飛散予測に反映しています。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同研究してきた「光合成有効放射吸収率(植物が光合成に有効な波長の光を吸収する割合;FPAR)」から解析した、森林の活性度を示す指標です。この値が高いほど、植物は光合成を活発に行い、スギの雄花の量が多くなると考えられます。森林の活性度を解析した結果、関東、甲信越、東北、北海道では2013年夏よりもFPARが高いか同程度となり、北陸西部や東海(静岡県を除く)、西日本各地では、2013...

2016年12月17日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2017年花粉飛散傾向(第二回)

...リポートを加味して、花粉の飛散量を予想しています。①スギ・ヒノキ林の活性度 花粉飛散予測には、衛星観測データから得られた全国の森林における雄花の生長状況も参考にしています。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同で研究を行った「光合成有効放射吸収率(植物が光合成に有効な波長の光を吸収する割合;FPAR)」から解析した森林の活性度を示す指標で、この値が高いほど植物は光合成を活発に行い、スギの雄花が多くなると考えられます。この指標を用いて解析した結果、2016年夏の森林の活性度は、広い...

2015年12月2日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第二回花粉飛散傾向

...降は次第に花粉の飛散量が増えていく予想のため、1月から対策を始めるのがおすすめです。 〜全国の花粉飛散量予想〜 ウェザーニューズでは、①スギ・ヒノキ林の活性度、②2015年夏の天候、③年ごとの飛散量傾向(飛散量が多い表年・少ない裏年の関係)、④『雄花リポート』を加味して、花粉の飛散量を予想しています。①スギ・ヒノキ林の活性度花粉飛散予測には、衛星データから得られた全国の森林における雄花の生長状況も参考にしています。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同で研究を進めてきた「光合成有効放射吸収率(植物...

2013年11月4日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

来年の予報です。

2014年の花粉飛散傾向

...の花粉飛散量の傾向これまでスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測は、前年の夏の日照時間や気温データ、花粉飛散量の元となる雄花の生育状況などを調査して行ってきました。2012年の花粉シーズンの予想から、これらのデータに加え、実際にスギ・ヒノキ林にどれだけ多くの雄花が成長しているのか、全国の林の状況を、衛星データを利用して把握し、花粉飛散予測に反映する取り組みを実施しています。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同研究してきた「光合成有効放射吸収率(植物が光合成に有効な波長の光を吸収する割合:FPAR)」から...

2014年11月27日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

第二回花粉飛散傾向

...・ヒノキ林の活性度、2014年夏の天候、年ごとの飛散量傾向(飛散量が多い表年・少ない裏年の関係)、『雄花リポート』を加味して、花粉の飛散量を予想しています。◯スギ・ヒノキ林の活性度 今回の花粉飛散予想では、スギ・ヒノキ林にどれだけ多くの雄花が成長しているのか、全国の森林における雄花の成長状況を、衛星データを利用して把握し、花粉飛散予測に反映しています。今回用いたのは、千葉大学環境リモートセンシング研究センターと共同研究してきた「光合成有効放射吸収率(植物...

2012年10月30日ウェザーニューズフィードバック数:11ライフスタイル

2013年の花粉飛散傾向

...を和らげるには花粉を体内に取り込まないような対策が有効になりそうです。2月以降は徐々に花粉飛散量が増えていくので、早めに事前対策を進めておくのがおすすめです。今夏のスギ・ヒノキ林の活性状況これまでスギ・ヒノキ花粉飛散量の予測は、前年の夏の日照時間や気温データ、花粉飛散量の元となる雄花の生育状況などを調査して行ってきました。2012年の花粉シーズンの予想から、これらのデータに加え、実際にスギ・ヒノキ林にどれだけ多くの雄花が成長しているのか、全国の林の状況を、衛星データを利用して把握し、花粉飛散予測に反映する取り組みを実施しています。今回用いたのは、千葉大学環境...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ