「周辺諸国」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年1月26日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【タイ】メコンの活力を取り込む

...での大規模な経済特区(SEZ)開発に乗り出したタイ政府の狙いは――。(1)経済回廊沿いの主要都市の開発によりメコン地域の活力を取り込み、(2)地方の投資・社会環境を改善させること。渋滞が慢性化している国境付近の物流インフラ整備が進むことで、タイと周辺諸国との人・物の流れの活発化が期待される。(本レポートは、「ジェトロセンサー」2015年2月号エリアリポートにも掲載)→ 「ジェトロセンサー2015年2月号」の詳細はこちら 発行年月:2015年1月 作成部署:ジェトロ・アジア大洋州課 総ページ数:2ペー...

2014年6月15日富士通フィードバック数:0社会/政治海外

アジア地域経済統合における2つの潮流と台湾参加の可能性

...とRCEPは2つ大きな潮流になってきている。他方、政治的な障害や域内産業調整の遅れなどからアジア域内経済統合における台湾の参加が遅れている。台湾のFTAカバー率は9.6%で周辺諸国と比べ明らかに小さい。台湾当局は、1)中台(両岸)ECA交渉の加速、2)バイのFTAの推進、3)広域経済統合であるTPPとRCEPへの加入を同時に推進するという3つの対策を打ち出している。本稿では、アジア地域経済統合の進展や、台湾にとって最大の通商相手である日本(最大の輸入相手)、中国大陸(最大の輸出相手)、韓国(産業...

2017年8月3日フルスピード★フィードバック数:0マーケティング

海外向けSNSを使った情報発信についてのアンケート調査

...の調査における回答企業の業種は以下の表の通りです。 ■SNS情報発信先の注目国ランキング 1位「中国」(48.5%) 2位「台湾」(37.0%) 3位「韓国」(34.6%)と周辺諸国が圧倒的に多い。 国別の訪日観光客数に比例するようにSNSで情報発信を試みようと検討している地域はアジア地域が集中して多い割合を占めました。ヨーロッパ勢よりもまずは周辺諸国から、と考えている企業の多さがわかります。 ■海外へSNS情報発信したい内容 1位「商品情報」 2位「イベント情報」 3位「Q&A情報」。集客に直接つながるような情報発信を検討。 「商品・サー...

カンボジア経済の現状と今後の展望

...の農業依存度が非常に高いことがあげられる。1975~79年のポル・ポト政権時代に、農業以外の産業がほぼ壊滅状態になった後遺症で、カンボジアの産業発展は周辺諸国よりも著しく遅れている。○カンボジアでは、米ドルがデファクトの通貨として流通しているため、金融部門の信認の裏付けとなるのは、中央銀行の「最後の貸し手機能」ではなく、公的外貨準備残高である。ただし、足元の外貨準備は、直接投資流入に支えられて増加しており、現時点では特に懸念はない。○カンボジア経済が今後成長を持続するための最重要課題は、外国からの直接投資導入拡大であるが、それには、電力・道路...

2012年9月26日Resorzフィードバック数:5ビジネス

「尖閣諸島問題で日本企業が中国離れ」は、本当か? ~中国・アジア各国のビジネス専門家の分析と『Digima~出島~』問い合わせデータから実測~

...進出をサポートする企業様でも、広告をストップさせるなどの対応をされる企業様もいらっしゃいます。そこで、『Digima~出島~』の人気コンテンツ「新維新コラム」(現地で活動されている海外ビジネスのプロフェッショナルたちが情報を発信するコラム URL:)では、緊急特集として「尖閣諸島問題が海外進出に与える影響」について各国のビジネス専門家に調査していただきました。中国進出のプロフェッショナルの現地情報はもちろん、ミャンマーやマレーシアなどの周辺諸国で「どういった報道がされているか」「国民の反応や、ビジネスへの影響はどうか」など...

2015年6月4日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ASEAN地域でのエネルギー事情です。

旺盛なエネルギー需要が見込まれるメコン地域

...ボジアでは大半を輸入に依存せざるを得ない状況にある。しかしラオスに関してはこれを機と捉え、同国を流れるメコン川の豊富な水量を活かした水力発電事業の強化を通じ、「東南アジアのバッテリー」としての地位確立を政府目標に掲げている。既に国際機関や中国・タイ等の外資主導で水力発電所や送電網の開発を積極化しており、現在稼働している25ヵ所の水力発電プロジェクトに加え、今後数年間で30ヵ所を超える大規模プロジェクトを完成させる計画で、供給能力は倍増する見通しである。ラオスのダムで発電された電力の大半は中国やタイ、その他周辺諸国に送電されており、売電...

2018年12月7日エアトリフィードバック数:0エンタテインメント

行きたい留学先と子どもの海外留学、一緒に留学したい芸能人

...に留学したい芸能人」についてアンケート調査を行いました。■調査結果詳細調査1:海外留学をしたい国や地域を教えてください。 最多回答は「米国」(45.8%)で、上位10カ国中7カ国を『英語圏』の国が占める結果となりました。 アメリカを選んだ理由・多文化多人種の環境と興味のある分野の先進国だから(50代女性)・英語圏で多くの人種が集まる国だから(20代男性)・科学、文化、経済、全てにおいて最先端の国だから(30代女性)イギリスを選んだ理由・言語の異なる周辺諸国へも近く、語学上達の幅が広がるから(20代男性)・歴史...

2014年11月17日フォートラベル★フィードバック数:0大型消費/投資

年末年始の予定調査です。

2014-2015年 年末年始の過ごし方アンケート

...として人気が高い。旅行計画には「リゾートでのんびり過ごす」といったコメントが挙がり、日本よりも温暖な気候の中で休暇を満喫する旅が人気のようだ。3位の「ベトナム」は、昨年5位から2ランクアップ。旅行者のコメントを見ると、「タイ」「カンボジア」「ラオス」「シンガポール」など、周辺諸国と併せて訪れる人も散見される。また、近年進むリゾート開発によって、休暇をゆったり過ごせるような環境が増えたことも、年末年始の旅行先に選ばれるポイントのひとつと言えそうだ。海外旅行予定者の出発日のピークは「12月27日(土)」(24.1...

2015年2月27日Resorzフィードバック数:0社会/政治

東京オリンピックイヤー・2020年にアジアのハブとなる都市ランキング

...イナプラスワン」から「タイプラスワン」へ2位に挙げられた「バンコク」の2020年を予測する上でのキーワードは「経済回廊」です。多くの専門家が、ハブという言葉と経済回廊を結びつけ、票を集めていました。現在、アジア各国の物流を繋ぐルートとして経済回廊の開発が進んでいます。既に中国とバンコクを結んでいる南北経済回廊をはじめ、今後ベトナムとタイ、その他の周辺諸国を繋いでいく南部経済回廊や東西経済回廊は、全てバンコクを通ります。国際間のハブというと、航空網が注目されがちですが、陸路...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ