「国内携帯電話」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

市場データです。

国内携帯電話市場の将来予測

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング国内携帯電話市場の将来予測 2018年度の国内携帯電話加入数は1億8,879万加入と予測。◆ 主要3キャリア携帯電話加入数は1億7,199万加入(予測)。✓ 2012年度比4,027万加入増。M2M・モジュールの増加が貢献。✓ スマートフォン比率は92%。◆ PHS/AXGP(TD-LTE)、モバイルWiMAX加入数は1,680万加入(予測)。✓ 2012年度比643万加入増。PHS/AXGP(TD-LTE)が貢献。✓ モバイルWiMAXは微...

2013年10月22日アイティメディア★フィードバック数:0モバイル

キーマンズがMDMについての調査結果を公表しました。

MDMの導入状況(2013年)

...でブックレットではAI活用先進企業3社による具体的なAI活用事例とその手法、効果を紹介する。 「携帯電話・スマートフォン」シェア(2019年第1四半期)IDC Japanは、「2019年第1四半期国内携帯電話・スマートフォン市場実績値」を発表した。2019年春に発表された「分離プラン」は携帯電話、スマートフォン市場にどれだけ影響を与えたか。 「AIやRPAは、費用対効果が見えない」 中堅・中小企業の経営実態調査山田コンサルティンググループが「人手不足」や「働き方改革」をテーマに中堅・中小...

通信モジュール端末の2020年の展望

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング通信モジュール端末の2020年の展望 ◆ 2020 年度の国内携帯電話モジュール端末市場は、✓ 契約数で、2010 年度比9.8倍の4,652万契約が見込まれる。✓ 金額ベース(端末と通信サービス料金)で、2010年度比4.7倍の2,773億円と予測。◆ 業務効率化、IT、セキュリティ監視、見守り、ホームヘルスケア、交通テレマティクスなどが年間100 万契約以上の市場を形成する。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社...

2017年12月18日MM総研フィードバック数:0モバイル

2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況

...2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況ーースマホは1,373.6万台(12.9%増)で上期では過去2番目 2017年11月15日■ 2017年度上期の総出荷台数は1,634.6万台(前年同期比7.6%増)でV字回復■ スマートフォン出荷台数は1,373.6万台(12.9%増)で上期出荷として過去2番目■ SIMフリースマートフォン出荷台数は20.4%増の144.6万台も想定を下回る■ フィーチャーフォン出荷台数は261万台(13.6%減)で過去最低を更新■ 2017年度の総出荷台数は3...

2014年4月9日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014

...携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014 ~契約数・ハンドセット出荷台数は頭打ち、今後はMVNO拡大に期待~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて携帯電話国内市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2013年11月~2014年3月2.調査対象:国内携帯電話メーカー、海外携帯電話メーカー(日本法人)、国内移動体通信サービス事業者、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、なら...

2017年5月28日MM総研フィードバック数:0モバイル

2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況

...2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況SIMフリー拡大でスマートフォンは年間初の3,000万超出荷 2017年05月18日■ 2016年度通期の総出荷台数は前年度比0.3%減の3,648.6万台で5年連続減少■ スマートフォン出荷台数は前年度比3.3%増の3,013.6万台で、過去最高■ SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比63.5%増の281.6万台■ フィーチャーフォン出荷台数は前年度比14.4%減の635万台で、過去最低を更新■ 2017年度の総出荷台数は3,650万台、スマ...

2017年2月19日MM総研フィードバック数:0モバイル

16年国内携帯電話端末出荷概況

...2016年国内携帯電話端末出荷概況SIMフリースマートフォン好調でスマホ出荷は過去2番目 2017年02月09日■ 2016年1-12月期の総出荷台数は前年比3.0%減の3,606.1万台■ スマートフォン出荷台数は前年比1.5%増の2,942.1万台で過去2番目の記録■ Appleが前年比7.3%増の1,591万台(シェア44.1%)で5年連続1位と好調■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比18.9%減の664万台で過去最低を更新  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2016年暦...

2014年2月14日タイムカレント★フィードバック数:0モバイル

社会人のスマートフォン利用です。

若手社会人スマートフォン活用調査

...ビジネスマン達はスマートフォンをどのように活用しているのだろうか。また、スマートフォンの活用は仕事にどのような影響を与えているのだろうか。マーケティングリサーチを展開する株式会社タイムカレント(東京都中央区、代表取締役:鎮目英大)は、その傾向を調べるために、スマートフォンを利用する全国20代~30代のビジネスマン・ビジネスウーマン600名を対象とした「スマートフォン利用実態調査」を実施した。※:IDCジャパン2013年第2四半期国内携帯電話/市場規模調査今調査では、調査対象を使用しているスマホサイズ別に、各200名の3つの層に分類。4.0インチ以下の「Sサイ...

2011年度 携帯電話の利用実態調査

...社団法人情報通信ネットワーク産業協会(以下、CIAJ)が発行した調査レポート「2011年度 携帯電話の利用実態調査」の販売を開始いたしましたのでお知らせいたします。 本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握することを目的に、CIAJが1998年より毎年実施し、報告書として取りまとめているものです。 今回はスマートフォンに関する項目を拡充し、スマートフォンへの買い替え意向、購入者の不満点を明らかにしました。 調査の結果、ユーザーのスマートフォン購入意欲は高く、今後、市場の牽引役として、市場...

法人モバイル市場データです。

携帯電話、法人市場の成長予測

...ートフォンテザリングなどの普及が影響する。 フィーチャーフォンフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が進行するため、フィーチャーフォンは減少し、6年間で約6分の1に減少する。調査概要調査内容 (1)国内携帯電話法人市場の定点観測(2011 年度→2017 年度の動向、2017 年度までの予測)・ 法人加入数、法人端末形態別、法人規模別、業種別スマートフォン 等・ 法人携帯電話端末の販売台数、金額市場・ 法人ソリューション市場、BtoB/BtoBtoC 別・ 携帯電話事業者の営業体制・ 携帯法人代理店37 社の動向、体制など(2)携帯...

2014年5月13日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2013年度通期国内携帯電話端末出荷概況

...2014年05月13日■ 2013年度通期の出荷台数は前年度比5.7%減の3,941万台 ■ スマートフォン出荷台数は前年度比0.4%減の2,960万台 ■ Appleが1,443万台で3年連続1位。スマートフォン市場では6年連続1位 ■ 2014年度は出荷台数3,770万台、スマートフォン2,870万台と予測  MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は2013年度(2013年4月~2014年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。年度通期の端末出荷台数は前年度比5.7...

2015年度の携帯電話販売代理店動向

...結果をまとめました。 携帯電話・PHS 加入数は、2015 年度末で1 億6,047 万加入、人口普及率は126%超になりました。スマートフォン販売が本格化するとともに、格安スマートフォンの伸長、SIM フリー販売、光コラボ/光セット割販売、電力セット販売等が始まっています。 一方では、総務省タスクフォースの影響や改正電気通信事業法により、〝0 円販売廃止〟、販売価格上昇、販売減少、来店客減少、買替サイクルの長期化により厳しい市場環境となっています。 このような背景のもと、国内携帯電話販売代理店調査として9回目...

携帯電話・固定電話の「セット割引」サービス利用意向

...通信は大きな変化なし 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、携帯電話と固定電話の「セット割」サービスについて利用意向に関する調査を実施し、このほど、その結果をまとめました。 本調査は、国内携帯電話市場調査として21回目となります。今回の調査では、国内市場の定点観測となる部分に加え 光コラボ/光セット割、格安スマホ販売等について最新動向を調査しました。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「 2015年版 携帯...

モバイル位置情報ビジネス(民生用)の将来展望

...ほど、その結果をまとめました。 2011年における3Gモバイル端末の加入契約数は約1億1,800万件となり、国民は誰もが高速回線でインターネットへ接続する環境が構築されています。また、2007年4月より、国内携帯電話にGPSの搭載が義務づけられたことで、位置情報を活用したサービスが次々と登場し続けています。 位置情報サービス (LBS:Location Based Services)は、現在地の把握や目的地までの案内を行うナビゲーションサービスから始まりましたが、スマートフォンの普及にともない、位置...

市場データです。

国内法人携帯電話市場の2017年までの成長予測

...レットの利用成功事例が数多く紹介されだしたことから、導入機運が高まってきた。キャリアの法人直販、法人代理店(全国/地域有力)の法人直販、キャリアショップベースの法人営業担当の営業人数の増員は以下の通り。 調査概要調査内容 (1)国内携帯電話法人市場の定点観測(2011 年度→2017 年度の動向、2017 年度までの予測)• 法人加入数、法人端末形態別、法人規模別、業種別スマートフォン 等• 法人携帯電話端末の販売台数、金額市場• 法人ソリューション市場、BtoB/BtoBtoC 別• 携帯電話事業者の営業体制、中小法人対応など強化点• 携帯...

2016年11月16日MM総研★フィードバック数:0モバイル

2016年度上期 携帯電話端末出荷と契約数の推移・予測

...で共に微減■ SIMロックフリースマートフォンは2020年度に530万台に拡大と予測■ 2018年度にはスマートフォン契約数1億件を突破へ  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2016年度上期(2016年4月~2016年9月)の国内携帯電話端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。2000年度の統計調査開始以来、半期としては過去最低の1,518.8万台(前年同期比10.9%減)となった。以前の過去最低は2014年度上期の1,578万台(SIMロックフリーを含まない)。※1:2016年度...

2011年版 携帯電話市場の将来動向分析

...国内における海外メーカーの動向 国内携帯電話メーカー(1) シャープ(2) パナソニックモバイルコミュニケーションズ・PMC(3) NEC/NECカシオモバイルコミュニケーションズ(4) 富士通(5) 京セラ 端末動向(1) 2010冬〜2011春端末(2) スマートフォン端末発売時期(3) スマートフォン端末の動向(4) SIMロック解除(SIMフリー)(5) 端末・サービス技術ベンダー Ⅳ. 流通編携帯電話流通の動向(1) 2010年度の市場動向(2) 2010年度の各キャリアの純増数と端末販売台数(3) 2010年度...

世界のスマートフォンを支える日本の部品メーカー

...資料を元に作成) (表4)2012年第4四半期 日本国内携帯電話出荷台数メーカー別シェア 合計1,133万台(出典:IDC) (表5)2012年第4四半期 日本国内スマートフォン出荷台数メーカー別シェア 合計883万台(出典:IDC) 今後も伸びるスマートフォン、タブレット市場米IDCは2013年1月24日、2012年の1年間における携帯電話の世界出荷台数は17億3,590万台で前年比1.2%増であったと発表した。このうちスマートフォンは7億1,260万台で、スマートフォンの出荷台数は前年から44.1%増えた。米...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ