「国内政治」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

...ルギー価格の下落や賃金の伸びが抑制されていることから、政策金利の引上げを慎重に見極めるため、15年の年央(6月)ではなく、9月に利上げを開始すると予想。長期金利は、物価が緩やかに上昇することに加え、年後半に政策金利が引上げられることから、緩やかに上昇することが見込まれる。ただし、上昇幅は限定的とみられる。リスク要因としては、海外経済の動向と国内政治が挙げられる。国内政治では、今年1月から上下院で多数党の異なる「ねじれ状態」は解消されたが、上下院で共和党内の責任転嫁がみられる等、政治が機能し難い状況が続いている。このため、国内政治...

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速

...金利の引き上げ時期を慎重に判断するとみられ、2015年9月まで利上げを待つと予想している。長期金利は、物価が緩やかに上昇することに加え、来年政策金利が引き上げられることもあり緩やかに上昇するとみている。リスク要因としては、海外経済の動向と国内政治が挙げられる。11月の中間選挙で野党共和党が勝利し、オバマ大統領のレイムダック化が確実となる中、議会と大統領の対立が深刻化しており、国内政治の混乱で連邦債務の上限延長が決まらずに、政府部門の一部閉鎖などに繋がることがリスク要因として浮上してきている。 レポート紹介研究領域経済金融・為替...

TPPをめぐる外交と国内政治(2014年度)

... 日中関係、日韓関係、対米関係リサーチリーダー 主席研究員 大矢根聡 同志社大学教授 研究目的緊張感が高まる東アジア地域の外交関係の中で、日本の通商政策のシナリオオプションを探る。研究内容今般、日中・日韓関係が混迷し対米関係にも影を落としていることに鑑み、政治学・国際関係論分野の地域研究、政治経済・安全保障研究の観点から、二国間外交における対立緩和メカニズムの変化や対応策を検討する。日本と中国、韓国、ASEAN、アメリカの国内政治・外交上の変化と、それが通商政策、ひい...

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

不安定な展開になる予感 ~マーケット・カルテ2月号

...期待により低下している。ただし、これまで一本調子に進んできた円安も直近は要人発言によって乱高下するなど変化が見られる。円為替は従来、米経済や欧州危機など海外情勢次第という側面が強かっただけに、国内政治要因による現在の円安はいわば未知の世界であり、持続性への警戒感も強いとみられる。2月はイタリアの総選挙というリスクイベントに注意が必要。また、米債務上限は短期延長される見込みだが、火種の先送りに過ぎない。一方で国内では日銀総裁人事が控えているため当面は緩和期待が続き、本格的な調整は避けられそう。しかし、その...

2014年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】韓国・台湾が内外需ともに改善

...表される。インドネシア、インドにおいては高水準のインフレと利上げの影響が、またタイでは国内政治情勢の悪化による影響が、どの程度実体経済にも顕在化してくるのか注目と言える。 レポート研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 【【アジア新興経済レビュー】韓国・台湾が内外需ともに改善】【シンクタンク】ニッ...

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

...経済回復のもたつき、および米国内政治の混乱が挙げられる。とくに、米国内政治は議会と大統領の政治的な対立が激化し、国内の政治混乱が好調な実体経済に与える可能性については注意が必要だ。(物価)エネルギー価格の下落に伴い物価上昇圧力は後退消費者物価指数(前年同月比)は15年に入ってから、ゼロ%近辺まで低下している。これは、主に原油価格等の下落に伴い、エネルギー価格が2桁の下落となっているためである。一方、食料とエネルギーを除くコアは1%台後半で安定している[図表3]。さらに、FRBが政策目標としているPCE価格指数(前年...

2014年4月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

国会論議としてのTPP ―支持・反対の言説―

...関係論分野の地域研究、政治経済・安全保障研究の観点から、二国間外交における対立緩和メカニズムの変化や対応策を検討する。日本と中国、韓国、ASEAN、アメリカの国内政治・外交上の変化と、それが通商政策、ひいては地域秩序に及ぼす影響をとらえ、対応策に関して提言をまとめる。リサーチャー 大西 裕神戸大学 教授 三宅康之 関西学院大学 教授 西山隆行 成蹊大学 教授 多湖 淳神戸大学 准教授 湯川 拓大阪大学 准教授 期待される成果と社会還元のイメージ関西においては、政治や国際関係に関するオープンな研究会、シン...

【成長著しいミャンマーの消費市場】 需要開拓のカギは「手の届くプレミアム」化

...別セミナー」等のセミナーを開催しています。 採用情報採用情報当社の新卒採用、インターンシップ、キャリア採用に関する情報を提供しています。 企業紹介企業情報当社の会社概要、企業理念、アクセスに関する情報等を提供しています。 本部・部室紹介本部・部室紹介当社の各事業本部や部室をご紹介いたします。 このサイトでは、利用者の利便性向上のため、 また各機能を適切に動作させる目的で クッキーを使用しています。 【成長著しいミャンマーの消費市場】 需要開拓のカギは「手の届くプレミアム」化 国内政治...

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ、統一地方選で与党勝利も景気への不透明感拭えず ~景気の不透明さを抱えるなか、脆弱な対外収支の問題もボトルネックに~

...家がこれらのテーマに焦点を当てることで資金の動きが変化する可能性は残る。このように考えると、現政権は国内政治的に安定を得ることが出来たものの、対外的にみた課題は政治・経済両面で山積みと言えよう。以上本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。...

2014年12月21日PHP研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シンクタンクによるトップ10です。

「PHPグローバル・リスク分析」2015年版

...書の内容は上記PDFでご覧いただけます(A4版、ページ数約24ページ)。 PHPグローバル・リスク分析の推移(2012―2016年) 畔蒜泰助(あびる・たいすけ) 東京財団研究員兼政策プロデューサー1969年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒。モスクワ国立国際関係大学国際関係学部修士。専門はロシア国内政治、ロシア外交政策、ロシアのエネルギー戦略。露ヴァルダイ・クラブのメンバー。著書に『「今のロシア」がわかる本』(三笠書房・知的生きかた文庫)、『原発とレアアース』 (共著、日経...

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

TPP参加に実質合意した日米首脳会談 ~経済連携に強かに舵を切る安倍政権~

...政権にとっては、オバマ政権が苦境だからこそ、応分の役割を果たせばそれがチャンスの見返りになる。モスクワG20 がその象徴であるが、米国やいくつかの先進国は、アベノミクスの邪魔をしない方が、日本経済にプラスが大きく、それが自国のメリットにもなると考えるようになっている。安倍政権にはそうした図式を利用して、歴代政権とは次元の違う大胆な成長戦略を推進することに、日米双方でのメリットを見出せる。最後に、もうひとつ、国内政治においてもTPP推進は、民主党との一致点を模索できる意味にも注目したい。前述したように、前の...

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0デジタル家電

あなたのテレビ視聴のスタイルは?(2010/10)

...ース番組はドラマよりも奇なり次に皆さんがよく観る「人気の高いTV番組」のジャンルをランキング形式で見ていきましょう。堂々の人気ナンバーワンは「ニュースワイド・報道番組」(64.5%)でした。「新聞以外で、その日の出来事や最近の情勢や情報をニュース・報道番組から収集している」(男性50代)など、国際情勢、景気や国内政治のゴタゴタが続く昨今、世間の波に取り残されないために最新情報をテレビで入手するという声が多数寄せられました。中には「ニュースは不謹慎かもしれませんが、どんなドラマよりも感動したり落胆したりする」(女性30代)など、「現実...

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年10月) ~市場混乱再燃のリスクはあるが、中長期を見据えた課題克服の必要性は不変~

...づいているほか、近年の経済成長による1人当たりGDPの上昇で国民の間で民主化を求める動きが強まるなか、その背後で経済格差の拡大が顕著になるなど不満が溜まりやすく、「中所得国の罠」に陥る可能性を懸念する声も出ている。過去の世界経済の歴史の中で中所得国の罠を抜けた例は少なく、アジア新興国でもこうしたリスクが高まる可能性はある。一部では経済成長の恩恵を享受する前に少子高齢化時代に突入する国もあり、こうした国々では課題克服のコストが一段と増大することも予想される。外部環境や国内政治の問題など、各国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ