「国内金融機関」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査

...2017/12/8第8回 千葉県内企業のメーンバンク実態調査トップは千葉銀行、初めて40%へ〜 千葉、京葉、千葉興業の地元3行で62.7% 〜はじめに日本銀行のマイナス金利政策により、国内金融機関は貸出金利の低下を招いて経営環境は厳しさを増している。また金融庁は、従来の信用保証・担保依存から「事業性評価」に基づく融資姿勢の転換や、企業の経営支援を重視する「金融仲介機能のベンチマーク」の利用を呼びかけており、今後も「地域密着型金融(リレーションシップバンキング)」の深化が一層求められている。帝国...

政府債務残高が家計金融資産残高を超える日

...より大きい国の10年物国債利回りが1%に達していないのは、僥倖と言ってもよいだろう。これまで、国内資金による国債の安定的な保有が続いてきたことは、前向きの理由であれ、後ろ向きの理由であれ、政府および政府の発行する証券に対して、国内投資家が何らかの意味での信頼を続けてきたことを示すものとも言える。結果的には、国内金融機関を通じて、家計の資金が国債保有を支えてきたのである。日本銀行による国債の大量購入が始まったことで、国内投資家の判断と行動も今後変わっていくものと思われるが、“信頼”が根...

2016年1月12日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

第一中央汽船グループの債権者調査

...イナンスを実行している金融機関の回収状況が悪化する構図となる。暫定リスケなどの政策により倒産件数が抑制され、国内金融機関は与信費用が低減し利益水準が好転している。しかし、融資先の業種に偏りのある金融機関は、今後与信費用が他の金融機関よりも引当金増額の割合が高くなる可能性がある。企業のグローバル展開に伴い与信管理は複雑さを増している。今回の第一中央汽船のように海外関連法人も同時に法的手続き入りした場合には、債権者が海外法人となるケースが多く国内法人の実際の焦付状況が見えにくい。全ての債権状況を把握することは困難であるが、既存の枠組みを最大限活用すれば、ある...

2014年1月27日第一生命保険★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車販売についてのレポートです。駆け込み需要もテーマになっています。

2014年度新車販売の行方 ~車体課税の見直しの効果はいかに?~

...と前年度(513 万台)から大幅減少を余儀なくされたが、月次ベースでみると 97 年 12 月頃までは増加基調を維持していたことは注目に値する。その後の低迷は、消費税率引き上げの影響というよりは、アジア通貨危機や大手国内金融機関の破綻に起因した消費者マインドの萎縮が主因であろう(資料7)。また、賃金が 97 年後半から伸び幅が縮小し、98 年にはマイナス圏に突入したことも、その後の低迷に繋がった可能性が高い。一方、今回は、欧州債務問題など金融市場の混乱を招くようなリスクは後退していることに加え、企業...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ