「国際ブランド」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年8月16日価格.com★フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカード利用状況調査 -気になる!みんなのカード事情-

...している具体的なカード名(「VISA」や「MasterCard」などの国際ブランド名ではなく、カード名称)を自由回答でうかがいました。回答を発行会社別にまとめたのが図2のグラフです。かなりばらつきがある中、カード保有者の1割以上が持っていると回答した「JCB」(12.8%)は、日本で最も加盟店の多い日本発の国際ブランドとして知られ、自社で発行しているカードも広く普及していることがうかがえます。次いで多かった「クレディセゾン」(11.0%)は、主力となるセゾンカードのほか、ローソンやヤマダ電機(LABI)など...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内デビットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...,006億円まで拡大する見込みである。その要因として、ブランドデビットの拡大があげられる。ブランドデビットは、国際ブランドや発行元(イシュア)によるテレビCMなど販促施策が功を奏したことに加え、新規参入事業者による取扱いの増加などを背景に、若年層やシニア層、主婦層などを中心に幅広いユーザーへの普及が進み、堅調に拡大している。一方、J-Debitは、事業者間(BtoB)取引や小売店、特に家電量販店での大型家電の購入が減少した影響を受け、取扱高が減少している。また、銀行Payについては、取引...

2015年4月29日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ブランドプリペイド市場に関する調査結果 2015

...、MasterCard、JCBなどの国際ブランド加盟店で利用できるプリペイド決済サービスを指し、市場規模は発行額ベースで算出した。調査結果サマリー◆2013年度のブランドプリペイド市場を、前年度比200.0%増の300億円と推計2013年度のブランドプリペイド市場規模(発行額ベース)は、300億円(前年度比200.0%増)と推計した。携帯キャリアのブランドプリペイド市場への参入に加え、既存導入事業者が発行するブランドプリペイドの発行額増加で市場は急速に拡大しており、2014年度の同市場(同ベース)は、前年度比395...

2014年9月24日オリコンフィードバック数:0大型消費/投資

2014年度 顧客満足度の高いクレジットカードベスト20

....00点以上の企業です。 オリエントコーポレーション 公立共済なので見栄えが良い(40代/男性)>> OricoCard THE POINT入会後6カ月間はポイント加算倍率2倍。年会費永年無料 ポイント還元率(%)1.00 クレディセゾン ポイントの有効期限がないところ(20代/男性)>> セゾンカードインターナショナル有効期限のない「永久不滅ポイント」。年会費無料でETCカードも無料。年会費永年無料 ポイント還元率(%)0.50 ジェーシービー 国際ブランド...

2016年7月12日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

プリペイド決済市場に関する調査を実施(2016年)

...プリペイド決済市場に関する調査を実施(2016年) ~汎用化の動きとともに高度化するプリペイド決済~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のプリペイド決済市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年1月~5月2.調査対象:プリペイド決済サービス提供事業者およびプリペイド決済サービス導入支援事業者、国際ブランド等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<プリペイド決済市場とは>本調...

クレジットカードについての調査です。

【OL】カードに関するアンケート(2014年/首都圏)

...ジットカードの利用頻度を教えてください。Q4.1ヶ月間のクレジットカードのおおよその利用金額を教えてください。Q5.クレジットカードを選ぶ際に重視することを教えてください。(複数回答可)Q6.あなたは、ご自身で持っているクレジットカードのスマホアプリを活用していますか?Q7.あなたが持っているクレジットカードで貯めたポイントは、どのように利用していますか?(複数回答可)Q8.次の中で、あなたが一番ステータスを感じる国際ブランドを教えてください。Q9.ゴールドカードやプラチナカードについて当てはまるものを選んでください。Q10.あな...

2017年4月13日リクルートフィードバック数:0ライフスタイル

飲食店利用者に聞いた「お会計で困ったこと」調査

...ドを使えた方が良い」と回答しました。また「クレジットカード決済に対応した店舗が増えた方が良い」と思う人は全体の7割強に達するなど、多様な決済方法への対応が求められているという結果が得られました。弊社が運営するカードも電子マネーも使えるおトクな決済サービス『Airペイ』は、主要国際ブランド6種のクレジットカードと、「Suica」「PASMO」など全国の交通系電子マネー9種、また2017年4月3日(月)より「iD」「QUICPay」の申し込み受付を開始いたしました。「iD」「QUICPay」「Suica」を加...

2020年3月27日カンム★フィードバック数:0ライフスタイル

巣ごもり消費に関する意識調査

...会社フリークアウト・ホールディングスとの包括的資本提携や国際ブランドVisaが提供する「Fintech ファストトラックプログラム」への参加などで事業拡大に努めており、デロイト トーマツ主催の企業成長率ランキング 「2019年 日本テクノロジー Fast 50」では1位を受賞しました。コーポレートサイトURL https://kanmu.co.jp/ プレス用画像URL ■ニュースリリースに関するお問い合せ先■株式会社カンム 広報担当: contact@kanmu.co.jp...

今でも現金払い派の560人の調査から見るキャッシュレスに移行しない理由の調査レポート

...,現金払いのメリット現在も現金払いを続けている理由と若干かぶる部分はありますが、現金払いでメリットを感じることがあるのかについてもアンケートを致しました。同じく、現金払いを続けている理由と似た結果となりましたが、「どのお店でも利用できるから。」という点は大きいポイントだと思われます。現在ではクレジットカード、QRコード決済など様々なキャッシュレス決済の手段があります。しかし、店によっては「この国際ブランドが利用できない」「このQRコード決済だけしか対応していない」とい...

2018年1月24日クレカッティフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレスに対する国内の意識を徹底調査

...ほどキャッシュレス化が進んでいるんだ。 日本に比べ、世界ではキャッシュレス化が進んでいます。キャッシュレス決済率が高い国をランク付けしました。1位である韓国、2位の中国は、どうしてキャッシュレス化が進んだのでしょうか。まずは中国から見ていきましょう。中国では、現金の偽造や脱税などといった問題が多くあり、それらを防ぐためにキャッシュレス化を促進したといわれています。そのために、まずはキャッシュレスを浸透させるため、自国の決済システムである銀聯を設立しました。今では、世界7大国際ブランドとして名を連ねていますね。 そし...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ