「基本シナリオ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 基本シナリオは変わらない

...ネス環境レポート労働、環境、技術、外交などビジネス・社会環境に関する研究レポート レポート一覧(詳細検索)すべてのレポートから分野・レポート種類・テーマなど特定の条件で検索 テーマ一覧話題のトピックや詳細な分野別にレポートを整理したものから検索 エコノミスト経済・金融に関する調査・分析・予測を行う専門家研究員生活、ビジネス、社会環境に関連する調査・研究を行う専門家 お問い合わせHOMEレポート一覧金融市場レポート基本シナリオは変わらないPDFのみでご提供させていただいております。 ふじしろ こういち 経済...

2015年4月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年3月鉱工業生産

...減が見込まれているものの、緩やかな回復基調が継続するとの判断に変更はない。◆ただし内訳をみると、外需関連の加工業種の強さに対して、内需関連の素材業種の弱さが実績・先行きともに目立つ。加えて内需への波及効果が大きい輸送機械工業での減産計画が続く点も気がかりである。基本シナリオとしては堅調な輸出に支えられる形で生産の増加傾向が続くと見込んでいるが、頼みの綱の外需がどこまで堅調さを維持できるかが今後より重要性を増してこよう。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和...

2013年9月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

BISの店頭デリバティブ規制改革の影響評価

...告書では、分析結果として、店頭デリバティブ規制改革に係るベネフィットはコストを上回ると推計。基本シナリオにおける、ネット・ベネフィット(=ベネフィット-コスト)は、1年あたりGDPの約0.12%に相当するプラスの経済効果になると評価。◆清算集中はこれらのベネフィットを実現する上で重要となることから、監督当局及び市場参加者は、少数のCCPまたは共同運営されるCCPにより、できる限り多くの店頭デリバティブの清算集中を可能とすべく取り組むべきと指摘。この取組みには、クロ...

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期のGDPギャップ

...後半以降、GDPギャップ要因が物価上昇を抑制することが見込まれる。先行きについては、当社の基本シナリオとして、日本経済が7-9月期以降に回復軌道をたどり、GDPギャップのマイナス幅も縮小に向かうことを想定している。このため、GDPギャップを経由した物価上昇の抑制圧力は2015年に入ってから徐々に解消すると考えている。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必...

IMF『世界経済見通し』は大幅下方修正

...の国では財務の健全性が懸念されますが、各国は中央銀行による国債などの買い入れを増加させて対応すると考えられます。 ■IMFの基本シナリオは、感染再拡大が局地的なものに留まり経済活動が徐々に再開することを前提に、世界景気は20年後半から緩やかに持ち直し、21年の世界経済成長率は+5.4%へ回復するとしています。但し、全世界では依然として新型コロナ感染拡大が続いており、引き続き感染状況の行方に注意が必要です。 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第399号 加入協会:一般社団法人投資信託協会 一般...

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期のGDPギャップ

...期連続のマイナスとなり、潜在GDP成長率を大きく下回ったためである。大和総研の試算結果を基にすると、内閣府が近日中に公表する2014年7-9月期のGDPギャップは▲2.6%程度になると予想される。◆GDPギャップは、①資本投入要因、②労働投入要因、③TFP(全要素生産性)要因、の3つに分解ができる。今回は、全ての要因が小幅ながらも押し下げに寄与した結果、GDPギャップのマイナス幅が拡大した。先行きの日本経済について、当社の基本シナリオでは、個人消費の回復が続き、設備投資が増加に転じる中で、緩や...

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

...投入要因のマイナス寄与が拡大したものの、資本投入要因とTFP要因のマイナス寄与縮小の方が大きくなったことで、GDPギャップのマイナス幅縮小につながった。先行きの日本経済について、当社の基本シナリオでは、実質GDPは緩やかな拡大軌道をたどると考えている。この結果、実質GDP成長率は潜在GDP成長率を上回って推移することになり、GDPギャップは2015年1-3月期以降もマイナス幅を縮小する見込みである。◆GDPギャップのマイナス幅縮小が小幅に留まったことに加えて、物価の基調を示す指標が冴えない結果になったことを勘案すると、わが国では、デフ...

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

メガFTAによる新しい世界貿易と日本の戦略

...一般均衡分析を用い、これを21世紀型の貿易協定によりふさわしいモデルにするため、多数の改良を加え、新しいデータやメカニズムを追加した。モデルの構築にあたり、15年間に世界経済がどのように進化するのかを予測する基本シナリオから始めた。これによって、貿易政策に変更が加わる以前に、各国経済がどう変化するか理解することができる。次に、貿易政策の影響を付加する。この大規模なモデルには、世界銀行やモデル構築コンソーシアム、そして世界経済の評価を行っている数多くの情報源から得られる情報など、膨大なデータが含まれる。結果...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ