調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 売上高営業利益

「売上高営業利益」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年2月20日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

!「新・企業力ランキング」トップ300社

...な業績によって自己資本が厚みを増し、安全性も高い。2016年3月期のROEは32.5%(期末値計算)、売上高営業利益率は17.5%と収益性も高いレベルにある。ただ、アメリカが稼ぎ頭のため、トランプ大統領就任後は不透明感も漂い、2017年3月期は若干の減収減益にとどまる予想。成長性は低下しそうだが、収益力や安全性は依然強い。国際石油開発帝石以来の3年連続1位となるか注目だ。2位ヤフーは前年11位から上昇『CSR企業総覧【ESG編】』(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします 2位は前年11位か...

2016年3月13日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新版!「新・企業力ランキング」トップ300社

...%増の4230億円で、5年前の10倍以上となっている。大幅な増収増益で成長性得点は前年975点からさらにアップし満点の1000点となった。収益面も2015年3月期のROE(自己資本利益率)は25.6%、売上高営業利益率は14.7%と高く収益性得点も904点とトップクラス。年初からの急激な株安円高は懸念要因だが、足元の販売は好調だ。2016年3月期はいよいよ売り上げ3兆円突破、当期純利益は4000億円超えの最高益更新が確実。次回、2年連続トップの可能性も高い。 スタートアップ都市宣言をして、創業...

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本の企業の稼ぐ力

...省の法人企業統計調査を見るのが最適だ。企業活動は記帳を通じて決算情報に集約されるわけだが、2.01.51.0この統計はBS、PLの主な項目を時系列で追うことができる。サンプル調査であり、連結データではなく企業単体データであることから限界はあ売上高営業利益率/全規模全産業売上高経常利益率/全規模全産業859095000510141014(出所)財務省資料より第一生命経済研究所作成(注1)金融・保険業除くベース(注2)4四半期後方移動平均るものの有益な情報をもたらしてくれる。直近では 2014 年4...

2015年3月8日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

東洋経済のランキングです。

最新版!「新・企業力ランキング」トップ200

...なる今回の総合ランキングトップは4年連続で国際石油開発帝石(国際帝石)だった。総合得点は3745点。成長性834点、収益性941点、安全性970点、規模1000点といずれも高得点となった。4年連続トップは同社が初めてだ。14年3月期の売上高は1兆3346億円と前年1兆2165億円から9.7%増加と高い伸びを維持している。営業利益も昨年の減益から一転増益へ。当期利益も微増となった。ただ、全体の成長率は徐々に低下。成長性得点は前年の904点から70点減少した。一方で、14年度の売上高営業利益率は55.0%、売上高当期利益率13.8...

2016年12月28日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年上半期、半導体商社の業績まとめ

...地震などの影響から各社が厳しい状況に立たされている。半導体商社売上高ランキング 2017年3月期中間期業績と通期業績予想(1〜10位) ※上段が中間期業績で、下段が通期業績予想。カッコ内は前年同期比を表す-会社名売上高営業利益経常利益四半期純利益1マクニカ・富士エレ ホールディングス1913.03(▼4.9)32.20(▼40.4)39.52(▼30.8)26.28(▼52.8)3700.00(▼8.7)70.00(▼28.1)78.00(▼23.4)49.00(▼32.7)2UKCホールディングス1379.47(▼3.5)18.54(▼44.8...

2013年10月16日総務省★フィードバック数:0社会/政治

業種間比較です。

経済センサスと経営指標を用いた産業間比較

...的な経営分析に用いられている経営関連指標を算出し、産業分類間を比較した分析事例を御紹介します。 要約「売上高営業利益率」が最も大きいのは「学術研究,専門・技術サービス業」「従業者1人当たり付加価値額(労働生産性)」が最も大きいのは「情報通信業」「従業者1人当たり売上高」が最も大きいのは「卸売業」「売上高付加価値額率(付加価値率)」が最も大きいのは「社会福祉・介護事業」「従業者1人当たり給与総額」が最も大きいのは「情報通信業」「付加価値額給与総額率(労働分配率)」が最も大きいのは「教育,学習支援業」本文(見出...

全産業の売上高と印刷産業(付帯情報「電子名刺」)

...問題解決の支援こそが、顧客企業のニーズへの対応なのである。―― 利益重視の経営 ――下のグラフは、全産業の売上高営業利益率の推移である。売上増が見込めないために、企業の多くは利益確保を重視している。「少ない予算で最大の効果」という、投資や経費の使い方になっているわけだ。そのため、事業所向けのビジネスをする会社は、厳しい値下げ要求や企画のを強いられることになる。とはいえ、所得の伸び悩みで出費の厳しい消費者向けの製品やサービスよりも、まだビジネスチャンスがあるかもしれない。プラットフォームビジネスが全盛となったB to C...

役員報酬サーベイ(2016年度版)

...利益(27%)」となっている。また「売上高成長率(9%)」や「売上高営業利益率(13%)」を使用する企業もあった。利益関連指標では「ROE(24%)」「ROA(9%)」「フリーキャッシュフロー(11%)」となっており、利益関連指標は昨年よりも採用率が高くなっている(図4)。なお、欧米で一般的に使用されるEPS(1株当たり利益)やTSR(株主総利回り)を使用している企業は存在しなかった。*4:「明文化された役員評価制度の有無」で「あり」を選択した52社のうち、「全社業績の報酬への反映の有無」で「あり」を選...

世界のスマートフォンを支える日本の部品メーカー

...、BlackBerryにはほぼ100%供給している。韓国サムスンや台湾HTC、フィンランドのノキアにも大量に販売しており、同社のスマートフォン向けめっき薬の売上高営業利益率は約3割を占めている。 ディスコ半導体チップ切断装置などを製造するディスコは半導体チップの切断や研磨をする「後工程」で使う装置や、シリコンウエハーを切断する「ブレード」など消耗品の製造・販売を手がけている。半導体チップの切断装置「ダイサー」や研磨装置「グラインダー」の出荷は、スマ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ