「女性自身」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年4月23日ノーリツフィードバック数:0ライフスタイル

共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査

...ミレニアル世代男性が「おふろ掃除」を担当する率は45~49歳より24.6ポイント高い。 ●いっぽう、「調理」は全世代で主に女性(妻)が担い、女性自身も約63.8%が「自分がやるべき」と考えている。 ●女性(妻)が誰かに任せたい家事トップ3は「おふろ掃除」「食後の洗いもの」「調理」。 ●25~34歳のミレニアル世代家庭の3軒に1軒でIoT家電やスマート家電を導入。45~49歳の導入率はその1/5。 ●スマートスピーカーでIoT家電を使いこなし、「できた時間でやりたいこと」は男女ともに、「自分の趣味」「子どもと遊ぶ」「睡眠...

2015年9月17日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

職場のジェンダーハラスメント

...孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』()上で、サイト利用者の女性1,037名を対象に「職場のジェンダーハラスメント」をテーマにアンケートを行ないました。企業が女性活躍推進に向けた行動計画の策定を行なう上で、参考になる結果が出ています。以下、概要をご報告いたします。 ■調査結果概要 「女性活躍推進法」が成立し、企業の積極的な女性登用や定着を促すことが期待されています。働く女性自身は、現在の働く環境についてどのように感じているのでしょうか。正社...

2017年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内菓子メーカーの経営実態調査

...2017/2/13国内菓子メーカーの経営実態調査菓子市場、インバウンドで売り上げ増加〜 新幹線効果で北陸・九州の増収目立つ 〜はじめに14日に控えたバレンタインデー目前に、小売業界では賑わいを見せている。今年は、バレンタインデーが3年ぶりの平日となることから、下火になりつつあった友達や上司、同僚への「義理チョコ」需要の増加が見込まれる。大手百貨店では、日本未上陸ブランドを含めた世界中の有名チョコレートブランドを特設会場に集め、女性自身が自分用に購入する「自分チョコ」需要...

ブラック企業や会社への不満、ストレスに関するインターネット調査

...村淳のNewsCLUB」など、さまざまな番組で所属弁護士が活躍しています。 書籍関連「法律=難しい」と思われている方のために、法律知識を読みやすく解説した書籍の執筆・法律監修なども行っています。 取材・掲載された雑誌数多くの雑誌から取材を受け、特集記事やコラムが掲載された実績があります。人気週刊誌である「女性自身」や「女性セブン」、「サイゾー」や「SPA」などの情報誌、そのほかファッション誌やライフスタイル誌など、幅広い雑誌で取り上げられています。 取材・掲載された新聞産経新聞や読売新聞など、さま...

2014年10月20日マイケア★フィードバック数:0ライフスタイル

女性のヘアケアです。

女性の頭髪に関する調査

...~69歳男性、350人。この結果では、男女間における大きな違いが見出されました。 男性から見た「女性の髪について気になる点」を聞いたところ、トップは「フケ」で9.7%という結果になっています。次いで「白髪」(7.1%)、「少なさ」(5.4%)。女性自身の多くが最も悩んでいる「白髪」以上に、男性側は、女性の「フケ」が最も気になるポイントであることが分かりました。 さらに、「女性の髪が気になるシチュエーション」でも異なる結果が出ています。男性側の回答で圧倒的に多かったのが「電車やバスの車内」とい...

2013年12月24日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収1060万円のビジネスウーマンに、安倍内閣「女性活躍」政策についてアンケート

...くはそういった不文律がある会社はありましたでしょうか。 「制度活用でまずは前例づくり」「女性自身の意識向上も必要」Q:そういった制度もしくは不文律が存在することについて、どうお考えですか。(※主な自由回答をそのまま抜粋)まずは前例をつくって、⼥性が管理職にいる環境に慣れる必要がある。女性が管理職にいることが普通になった後に、女性も適正に能力で登用されるようにしたらいいと思う。(40代・マスコミ)制度があっても会社の理念が追い付いていないと運用結果はでない。また制度のおかげで女性が出世しても長続きしない。制度...

2014年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

女性は融資を受けられる可能性は低いのか?-新規開業パネル調査による分析-

...らの要因がより大きく影響しているのかによって、政策提言内容は異なる。前者であっても後者であっても、女性は、融資を申し込む段階にまで達すれば男性とそれほど違わない確率で融資が受けられることを認識して、諦めることなく、粘り強く融資申し込み・交渉を行うべきである。シェリル・サンドバーグが書いたように、キャリアアップのチャンスの時に女性は手を挙げてテーブルにつくのをためらう傾向がある。女性自身の意識を変え、"Lean in" 一歩踏み出そう、無理だと思わず、恐れず、自分の持てる力を思い切り発揮しよう。 独立行政法人経済産業研究所(法人...

団塊世代の終活事情 「戒名は必要ない」が、「それなりの葬儀」はしたい

...さまに安心していただけるよう努めてまいります。 みな…続きを読む どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください! 海洋散骨・小さなお葬式・早割がそれぞれ紹介されました。 「その時がくるまでに知っておきたいお葬式編」特集内で小さなお葬式が紹介されました。 「お葬式最新事情」特集内で小さなお葬式や早割が紹介されました。 その他のメディア掲載実績読売新聞/朝日新聞/日本経済新聞/毎日新聞/日経MJ/産経新聞週刊新潮/女性自身/PRESIDENT/週刊ポスト/週刊朝日/日経TRENDY/週刊ダイヤモンド/週刊東洋経済Yahoo!ニュ...

2015年9月30日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

働きやすい職場

...員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』 ()上で、サイト利用者の女性1,037名を対象に「働きやすい職場」をテーマにアンケートを行ないました。以下、概要をご報告いたします。 ■調査結果概要 女性の採用を強化する企業が増えている中、女性自身はどのような職場を求めているのでしょうか。正社員への転職や就職を希望する女性を対象に、現在の職場の働きやすさやその理由を伺いました。現在の職場が「働きにくい」という女性は48%。働きにくい理由は、20代が「休暇の取りづらさ」「労働時間の長さ」。30代・40代は「社内...

2016年4月8日オールアバウトフィードバック数:0ライフスタイル

女性特有の症状と仕事に関する日米比較調査

...モンケア推進プロジェクト」(WEBサイト:)は、日本、米国の20代~50代の有職女性各国300名、計600名を対象に、「女性特有の健康と仕事」について、2016年2月にインターネット調査を行いました。 グラフ3 女性活躍推進法が2016年4月から施行されることもあり、女性が働き続ける環境の整備に対する機運が高まっています。本プロジェクトは女性特有の健康管理の実態に着目しました。女性の社会進出が進んでいる米国では、乳がんや子宮がん検診の受診率が高く、女性自身の健康管理に対する意識が高いことがうかがえます。その...

2016年11月14日LiBフィードバック数:0社会/政治

ジェンダーギャップについての調査

...職の割合が増えれば必然的に所得が増える。(30代 短時間正社員)【キャリアプランに関する教育を行う】11.2%■ 理由◉ 社会に出る前の女性にキャリアプランについての教育を受ける機会が必要かと思います。あとは、男性管理職、経営者にも、意識改革をしてほしい。(40代 正社員)◉ マインドが変われば他のものは付いてくると思うから。結婚、出産を経てもキャリアを築いていくのが当たり前になれば格差は縮まると思う。(20代 正社員)◉ 女性自身の腰掛け意識からの脱却が出来ていないことが問題だと考えるので。自分がバリバリ働いて稼いで、配偶...

2013年8月29日ユーキャン★フィードバック数:0キャリアとスキル

「アベノミクス」に絡んで女性の社会進出についての調査です。

「女性が輝く日本」に関する意識調査

...の女性が働きやすい職場の制度(75.8%)」という結果に。待機児童解消や職場の制度といった実質的な要素も必要ですが、それ以上に、女性が産後も働くことを受け入れるような考え方・ムードが社会全体に浸透することを女性は望んでいるようです。「女性が管理職に就くために必要なこと」について女性に聞いてみたところ、圧倒的1位は「女性自身のキャリアアップ、スキルアップ(69.6%)」、以降「女性自身のモチベーション(62.4%)」、「会社や職場の同僚、上司の理解(59.6%)」、「妻が仕事を頑張ることに対する夫の理解と協力(55.0...

タップル誕生、「オンラインデート」の利用実態調査を実施

...で差が出た部分として、女性は「全体の清潔感」「部屋・背景」など全体から伝わる雰囲気をよく見ており、男性は「容姿」「ふるまい」など女性自身をよく見ているという傾向がありました。■オンラインデートでお相手と一緒にしたいことを教えてください。「お酒を飲む(63.6%)」「ゲームをする(26.7%)」「ご飯を食べる(25.6%)が上位になりました。自由回答では一緒に「あつまれ どうぶつの森」で遊びたいという声が最も多く寄せられました。また、今年3月まで放送されていた「恋はつづくよどこまでも」など...

2021年1月13日ステルラフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事と妊娠の両立について

...活動の際に女性ならではの特別な制度があることは有利にはたらく」と回答。その中でも、具体的に「不妊治療等に対する費用補助制度があることは有利にはたらくか?」という質問には、約5割が「転職に有利に働く」と回答。不妊治療や卵子凍結といった直接的に妊娠に関わる医療への費用補助については、ポジティブな意見が約半数見られました。一方で、費用補助に対するネガティブな意見も。女性がもっと働きやすく自己実現しやすくなるには、性別を超えた多くの人の理解が必要では、どうしたらより多くの女性が働きやすい社会になるのか?今回のアンケートでは、働く女性自身...

2020年4月21日エン・ジャパン★フィードバック数:0社会/政治

女性400名に聞いた「女性活躍」意識調査

...と成果は上がっていくものだと思う。 (23歳)・結婚や子供がいると制限される部分もあると思うので、その点を理解してくれる上司や同僚、職場環境づくりがなされていること。加えて、自分自身も積極的に仕事に取り組む意欲をもつことが大事。 (25歳)・女性への偏見やこだわりが女性の活躍の妨げになっているので、柔軟な考え方にシフトすることが必要だと思う。女性自身も能力を上げることで、会社に必要と思わせることも同じくらい重要。 (31歳)・在宅ワークが増え、仕事のあり方が変化すれば、時間に余裕もでき、仕事に取り組めます。(36歳)・管理...

2015年10月22日エン・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル

女性1,055名を対象に「自分磨き」をテーマにアンケート

...員の勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』()上で、サイト利用者の女性1,055名を対象に「自分磨き」をテーマにアンケートを行ないました。以下、結果をご報告いたします。 ■調査結果概要 「すべての女性が輝く社会づくり」は安倍内閣が最重要課題の1つとして設定しています。女性自身は、どのように自身を輝かせるべく取り組んでいるのでしょうか?1,000名以上の働く女性を対象に「自分磨き」の内容や目的について伺いました。下記、主要トピックスをご紹介します。女性の自分磨き、若いときは外見を磨き、年齢を重ねると内面を磨く。年代...

2008年6月23日ネットエイジアフィードバック数:0ライフスタイル

10代の身だしなみ調査

...に異性のからだのケアで気になる点を複数回答で聞いた。男性が女性に対して気になるのは、「にきび・吹き出物」が最も多く54.0%、次いで「ヘアケア」51.5%、3位以下は「口臭」48.0%、「体臭」46.5%、「鼻毛」30.5%、「体毛」29.5%と続き、7位に、女性自身ではケアで気をつけている4位に挙がった「眉毛」が28.0%となっている。女性が男性のケアで気になるところは、最も多いのが「体臭」で66.5%、次いで「口臭」63.0%となっている。◆身だしなみグッズ購入、「ドラッグストア」中心...

2018年4月5日オールアバウトフィードバック数:0ライフスタイル

女性の体臭に関する調査

...%)」「古くなった油(11.8%)」となりました(グラフ8)。■女性の各年代の世代臭、20代の「甘い香り」に対し、30〜40代は「化粧品の香り」30代以降は「甘い香り」が激減し、40代以降に「脂」のニオイが上昇女性の加齢臭に関する調査の一環として、女性自身がイメージする各年代の世代臭について調査しました。その結果、20代の香りとして女性が想起したのは「甘い香り(ピーチやアプリコット系)(39%)」「華やかな香り(フローラル系)(25.4%)」となりました。一方、30代は「化粧品の香り(31.9%)」「華や...

2020年2月25日The Dream Collectiveフィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方の多様性に関する意識調査」~全国の働く男女800名に調査~

...良い職場環境を作れるようになった人が多数!日本国内でザ・ドリーム・コレクティブが一般女性社員を対象に行ったセミナーでは、自分の価値を組織が認めていると感じられるようになり、 セミナー前20%だった「昇進を求めていいんだ」という認識が、セミナー後70% に引きあがるなど、意識の変化が見られ女性自身の自信にもつながっています。女性リーダー陣に関しても、85%がリーダーシップに関しての自信を手に入れることが出来ました。また、男性役職者へのセミナーでは、「無意識の偏見」に気づき参加者の65%が反芻することができるようになったと回答。また、これ...

2019年3月4日アデコフィードバック数:0ビジネス

女性管理職の意識調査

...て働いている女性を対象に意識調査を行いました。<当社の見解>アデコでは、女性社員がより活躍できる機会を拡大するために、柔軟に働くことができる職場環境の整備を進めています。そうした社内制度や環境の整備と同時に、社内文化の醸成や女性自身の意識改革の促進のため、社内でワークショップを行ったり、女性コミュニティを形成するなど、さまざまな施策を実施しています。今回の調査でも、女性管理職を増やすために必要な制度は、『フレックスタイム』や『育児・介護サポート』等、柔軟な働き方や手厚い支援が必要、という回答が多いことにも裏打ちされているように、価値...

2020年4月14日i-plugフィードバック数:0キャリアとスキル

就活生の「企業の魅力と働き方」に関する意識調査アンケート【2021年卒版】

...の子供でもあるのに、産んですぐの母親に任せっきりするのはどうかと思う。子供を産むというものは女性自身にのみ押し付けるものでは無いから女性の育休だけが見られているが、男性も子育てに携わるべき。育休制度があるにもかかわらず、それを取りにくいという環境はもったいない。女性も働く時代なので、男性も女性も家事・育児をする必要があると思うから。子供の教育には両親が関わるべき共働き世代なんだから育児は女性だけの仕事じゃない必要だと思うからです。※本記事は「【2021年卒版】就活生の「企業の魅力と働き方」に関...

2014年10月28日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

女性473名を対象に「仕事のやりがい」をテーマにアンケート

...ーマにアンケートを行いました。以下、概要をご報告いたします。 ■調査結果概要 各企業で女性の採用人数・管理職への女性登用比率を引き上げることが求められ、ますます「働く女性」への注目が高まりを見せています。女性専門の転職サイトが増加し、積極的な女性採用を表明する企業も。女性自身の意識を調査するため、正社員への転職や就職を希望する女性に転職活動で仕事のやりがいを重視するか伺ったところ、「非常に重視する」(31%)、「まあまあ重視する」(53%)と回答された方が84%と大多数を占めました。 仕事...

2021年4月9日アミーフィードバック数:0社会/政治

【2021】男女のジェンダー問題に関するアンケート調査結果

...身体のしくみが違う以上ある程度役割が違うのは仕方がないと思ってる。社会のマジョリティを占める40、50代の男性が、女性を一人前と見ていない。昇進において男性に有利な仕事を当てがい、女性には苦しい仕事を当てて、使い捨てにしている。その差別を無意識にやっていることに、全く気付いていない。女性は出産妊娠のため職を離れるという男性の考え方が女性雇用の妨げになっていると考えている。また女性自身も職に対していつかはやめると考えてる人も多いことも事実だと思う。男性が育児休暇をとると昇進に影響を及ぼす中小企業はまだまだ多いのが現状である。家のローン等、大き...

2021年9月13日エムティーアイフィードバック数:0エンタテインメント

生理に関する男性の意識調査~生理やPMSに関する男性の理解度は?!~

...人科とは産科と婦人科を兼ねた病院のことです。産科では、妊産婦を対象に検査や治療、分娩などを行います。婦人科は生理に関する悩みから、子宮筋腫などの子宮の病気や性感染症、更年期障害、不妊の相談など、女性特有の不調や症状に幅広く対応してくれます。7割以上の男性があまり理解していないという結果となったPMSについても、婦人科にて診断・治療を行います。以前『ルナルナ』で行った婦人科に対する意識調査の自由回答では、「妊娠と結び付けられてしまい、特に若い頃は周りの目が気になりかかりにくかったです。」といった声もあり、女性自身...

2020年9月28日ミートキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

【アンケート結果発表】育休復職者のキャリアの悩みと会社に求めるサポート

...に関すること> ・復職セミナーに参加したが、体験を話してくれた先輩方がハイスペックすぎたり、実家のフルサポートを受けていたりで、あまり参考にならなかった ・人事が作成した復職フローに復職面談実施の記載があるのに、人事は「どっちでもいい」と言い、上司もそれを知らないということ ・産前産後研修なるものがあったが、出産した女性自身だけががんばれという内容で憤りしか感じなかった<職場の理解や風土> ・「時短は迷惑」と社長に言われたこと ・制度はあったが、形だけで、風土がなかったことQ12.復職後、両立...

2017年11月9日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

もし、生まれ変われるなら…

...大幅に増えていることがうかがえます。その反面、「(女性が)女に生まれたい」(2017年=40.2%、2013年=43.3%、2007年=52.5%)という声は、10年前と比べれば12.3%と大幅に減少しているものの、2013年以降直近4年間の下げ幅は3.1%に留まりました。男性とは異なり、ここ数年は女性による「女性離れ」が軽減されていることが判ります。一方で、「わからない」(2017年=16.1%、2013年=12.4%、2007年=4.4%)という声は男性と同じく増加傾向にあり、女性自身も、仕事や社会における「性差別」を以...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ