「広告予算」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2019年11月22日パブマティック★フィードバック数:0マーケティング

2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポート

...2019年 日本国内における アプリ内広告の意識調査のレポートモバイル広告の予算がウェブからアプリへとシフトし、CPIキャンペーンだけでなくブランディングのために広告主がアプリ内広告を今後益々活用していくと予想されるなかで、アプリ内広告市場について理解することは重要です。PubMaticは、株式会社デジタルインファクトと共同で、メディアバイヤーを対象に2019年の国内市場のアプリ内広告の意識調査を実施しました。この調査のハイライトは以下となります。デジタル広告予算全体のアプリ内広告予算...

2018年12月19日パブマティック★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の利用に関する意識調査

...を比較メディアバイヤーのうち40%は、動画広告の予算にプログラマティック広告を含むと答えた。そのうち、プログラマティック広告予算の割合を動画広告予算全体の10%未満とするメディアバイヤーが45%、20%以上とするメディアバイヤーが30%だった。動画広告を出稿する目的として、広告主がブランディングを重視する(ブランディング:ダイレクトレスポンス 40.8%:33.9 %)一方、広告代理店は、ダイレクトレスポンスを目的とすると答えた割合が高い(ダイレクトレスポンス:ブランディング 66.1%:59.2%)メディアバイヤーの60...

新型コロナ禍における2020年上期インターネット広告市場動向および2020年下期業種別出稿動向予測を発表

...のデジタルマーケティング業界の関係者を対象に新型コロナ禍における「インターネット広告市場」の動向に関する調査を実施しました。 今回の調査では新型コロナウイルスが、インターネット広告市場にどのような変化をもたらしたのか、特に広告予算の変化を探ることを目的として実施しました。また今回の調査結果に加え、当社が開発した運用型ディスプレイ広告市場調査ツール「CCI 360 Programmatic Display Market Analytics」*1で出稿状況を把握するとともに、一部の業種についてはソーシャルリスニング分析を行い、2020年上...

2020年、広告予算を増加する予定する企業は43.6%。注力したいテーマは「顧客体験の充実」「デジタルトランスフォーメーション」「OMO」

...2020年、広告予算を増加する予定する企業は43.6%。注力したいテーマは「顧客体験の充実」「デジタルトランスフォーメーション」「OMO」 「アドテック東京」をはじめとした、国内主要マーケティングカンファレンス参加の広告主に聞いた「マーケターアンケート2020」集計結果を発表。今年実施のカンファレンスにここで得られた企業のニーズを反映。 マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古市優子)は、同社...

2020年5月7日イルグルム★フィードバック数:0マーケティング

WebマーケティングにおけるCookie利用制限の影響を調査

...ユーザー行動データの収集において大きな変化が起きています。国内でも公正取引委員会や政府の個人情報保護委員会を中心に同様の動きが見られる中、Cookie利用規制の影響について、企業の広告運用やデータ分析等の業務に関わる103名を対象に調査を行いました。調査結果1. 93%がCookieの利用規制に関心「Cookieの利用規制についての関心度合い」について聞いたところ、93.3%が「非常に関心がある」または「どちらかといえば関心がある」と回答しました。関心度をWebプロモーション費別でみると、広告予算が300万円未満の企業では「非常に関心がある」が49.2...

2022年1月18日イルグルム★★フィードバック数:0マーケティング

企業のWebマーケティングにおける、Cookie利用規制の影響に関するアンケート調査

...ユーザー行動データの収集において大きな変化が起きています。国内でも今年、改正個人情報保護法が施行されるなどの動きが見られるなか、Cookie利用規制の影響について、企業の経営・マーケティング関連業務に携わる320名を対象にアンケート調査を行いました。調査結果1. 67%がCookie利用規制に関心「Cookieの利用規制についての関心度合い」について聞いたところ、66.6%が「非常に関心がある」または「どちらかといえば関心がある」と回答しました。関心度を月間のWebプロモーション費別でみると、広告予算が500万円未満の企業では「非常に関心がある」が19...

2017年12月12日エスピーアイフィードバック数:0マーケティング

テレビCM購買価格、地上波キー5局、2017年8月迄結果と2018年の価格推移予測

...りにピークが来るのは妥当と考えられる。 図3SPIINDEXとTOPIXとの関係 (2007年1月~2017年8月) 図4SPIINDEXとTOPIXとの関係 (20013年10月~2017年8月=新分析手法) 図5中期SPIINDEX傾向値予測分析結果、 2017年10月時点 ● SPIINDEX傾向値予測分析、概念&手法エスピーアイでは、「SPIINDEX」と「TOPIX(東証株価指数)」は、TOPIX先行値において、強い相関があると分析している(図3)。これは、TOPIXに代表される“企業の景況”が“将来の広告予算”に影...

2020年1月31日Integral Ad Science★★フィードバック数:0マーケティング

インターネット広告関係者が予測する業界トレンド発表!

...な対策でリスクを最小化するために、だろうと回答しました。データプライバシーに関する規制強化を受け、再び注目を集めているのがコンテキスト・ターゲティングです。回答者の約8割が、望ましいターゲットに広告を届けるためにコンテキスト・ターゲティングの使用が拡大すると回答しており、増大する運用型広告とコンテキスト・ターゲティングを効果的に組み合わせられるソリューションが求められています。■キャンペーンROIの評価、ソーシャルメディアの透明性向上、アドフラウドが課題2020年に業界が直面する最も重要な課題に挙げられたのが、でした。デジタルシフトに伴い増大するインターネット広告予算...

2022年6月13日イルグルム★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

WebマーケティングにおけるCookie利用規制の影響を調査

...ユーザー行動データの収集において大きな変化が起きています。国内でも今年、改正個人情報保護法が施行されるなどの動きが見られるなか、Cookie利用規制の影響について、企業の経営・マーケティング関連業務に携わる320名を対象にアンケート調査を行いました。調査結果1. 67%がCookie利用規制に関心「Cookieの利用規制についての関心度合い」について聞いたところ、66.6%が「非常に関心がある」または「どちらかといえば関心がある」と回答しました。関心度を月間のWebプロモーション費別でみると、広告予算が500万円未満の企業では「非常に関心がある」が19...

2020年11月27日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

Cookie等を用いたユーザー行動分析の 利用実態調査 2020年版

...株式会社サイカ 千代田区西神田2-5-2 事業内容 - サイカ、「広告予算配分シミュレーション」 無料キャンペーンを期間限定で実施~国内No.1の広告効果分析ツール アドバ マゼラン、5周年特別企画~ ブランディング広告の売上効果を可視化できる新機能が、 広告効果分析ツールADVA MAGELLAN(アドバ マゼラン)に追加~テレビCMをはじめ中長期的なブランド価値向上効果を可視化~ ブランディング広告の売上効果を可視化できる新機能が、 広告効果分析ツールADVA...

2019年12月13日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた  テレビCMに対する価値評価 2019年版

...代表される広告の価値毀損問題や、個人情報保護の規制強化による個人データ取得の難化など、課題も生じています。そうした状況を背景に、近年、企業の広告戦略においてオフライン広告(*3)の価値を再評価する動きが見られるようになりました。今回の調査では、オフライン広告の中でも国内広告市場における投資額がもっとも大きいテレビCMに対する企業の評価と投資状況の変化、その背景にある意識について調査を行いました。【調査結果サマリー】●2019年にテレビCM投資を増やした企業が過半数を占める結果に2019年の広告予算全体に占めるテレビCMへの...

2020年6月10日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版

...の広告宣伝担当者200人超に聞いた、動画広告の活用実態アンケート調査|株式会社サイカ|2019年5月23日() 1. 動画広告への投資状況 広告宣伝担当者に対し、過去1年間で広告予算全体に占める動画広告への投資割合がどのように変化したか、また、今後1年間でどのように変化する見込みであるかを調査し、以下の結果を得ました。 過去1年間の投資割合、今後1年間の投資割合(見込み)ともに、昨年と比較して「投資を増やした(増やす見込み)」と回答した方の割合が減少、「投資を減らした(減らす見込み)」と回...

2016年6月30日エスピーアイ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCM購買価格、地上波キー5局、2016年前半見込みと2017年3月迄の価格推移予測

...連性から独自統計分析手法を用いて予測SPIでは、SPIINDEXと東証株価指数(以下 TOPIX)とは、TOPIX9ヶ月先行値において、強い相関があると分析している(図参照)。これは、TOPIXに代表される企業の景況が将来の広告予算に影響を与え、その需給のバランスがSPIINDEXに反映されていると考えることができる。この「SPIINDEXとTOPIXとの相関性」をベースとし、中期予測分析を実施している。 *SPIINDEXは季節性を除去した傾向値を、TOPIXはノイズを統計モデルにより除去した前年同月比の傾向値を、それ...

2018年3月23日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

【速報】テレビCM出稿金額が大きいトップ100ブランドランキング【2017年3月~2018年2月】

...、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の販売開始から約1年で、すでに国内の広告宣伝費トップ100企業※の1割の企業で広告分析にmagellanが利用され、高い評価を得ています。※出典:「広告宣伝費」が多いトップ300社ランキング|東洋経済オンライン|2017年09月10日()※[1] オフライン広告とは、インターネットを介さない広告のことで、テレビCM、ラジオ、新聞、雑誌、チラ...

2016年6月27日Foods R&Dフィードバック数:0ライフスタイル

食品飲料の買い物に関するアンケート

...ドセレクションは日本での認知度が高いということがいえそうです。■考察消費者は受賞シンボル・マークを購入する際の要因のひとつとして考えており、自己申告ではなく、第3者の機関に商品の評価審査をしてもらっていることが消費者の信頼獲得につながっていると考えられます。大企業のように多額の広告予算をかけることができない、中小個人の製造・販売会社や6次化で新規参入する生産者にとって第3者評価を得ようとする挑戦が増えていくものと推測されます。■調査概要調査方法:インターネット調査調査期間:2016年6月13日(月)有効回答者数:568人男女内訳:男性286人、女性282人回...

2016年11月30日エスピーアイ★フィードバック数:0マーケティング

地上波キー5局テレビCM購買価格、2016年終盤から2017年8月迄の価格推移予測

...相関があると分析している(図参照)。これは、TOPIXに代表される企業の景況が将来の広告予算に影響を与え、その需給のバランスがSPIINDEXに反映されていると考えることができる(図3)。・この「SPIINDEXとTOPIXとの相関性」をベースとし、中期予測分析を実施している(図4)。*SPIINDEXは季節性を除去した傾向値を、TOPIXはノイズを統計モデルにより除去した前年同月比の傾向値を、それぞれ用いている。◆図3:SPIINDEXとTOPIXとの関係(2007年1月~2016年9月) https...

2016年1月15日エスピーアイ★★フィードバック数:0マーケティング

地上波キー5局テレビスポットCM市場平均価格  2015年見込みと2016年10月までの価格推移予測

...収まり若干のダウントレンドとなる可能性がある。●中期SPIINDEX傾向値予測分析、概念&手法・SPIでは、SPIINDEXと東証株価指数(以下 TOPIX)とは、TOPIX9ヶ月先行値において、強い相関があると分析している(図参照)。これは、TOPIXに代表される企業の景況が将来の広告予算に影響を与え、その需給のバランスがSPIINDEXに反映されていると考えることができる。・この「SPIINDEXとTOPIXとの相関性」をベースとし、中期予測分析を実施している。*SPIINDEXは季節性を除去した傾向値を、TOPIXはノ...

2014年11月4日エスピーアイフィードバック数:0マーケティング

テレビCM最新市場概況と、2015年半ばまでの中期予測

...-datapoolから算出 →SPIIndex(「各広告主のテレビスポットCM購買条件に対応した」テレビスポットCMマーケット平均単価)SPIでは、SPIIndexと東証株価指数(以下 TOPIX)とは、TOPIX9ヶ月先行値において、強い相関があると分析している(図参照)。 これは、TOPIXに代表される企業の景況が将来の広告予算に影響を与え、その需給のバランスがSPIIndexに反映されていると考えることができる。*SPIIndexは季節性を除去した傾向値を、TOPIXはノ...

2013年10月9日エスピーアイ★フィードバック数:0マーケティング

メディアごとの広告費の予測です。

2014年「日本の広告費(総額)」予測分析レポート

...2013年で、+1.0~2.0%程の見通し と予測されます。 2014年「日本の広告費(総額)」予測分析、結果単価は上昇傾向(2%前後)を予測、しかし視聴率は引き続きダウン傾向購買単価は維持/削減しても、視聴率ダウンと枠逼迫の影響で、実績GRP効率が悪化する恐れがあるしかしながら、経済自体が堅調で広告予算も微増が予想される中、広告主は代替主力メディアの発掘に苦労しており、出稿せざるを得ない 接触効率/メディアパワーはそれ程ダウンしておらず、下げ止まり感がある 単価も下がってはいるが、メデ...

2018年12月27日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

「年末年始にテレビCMが多い企業TOP20ランキング」発表

...いてインターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の販売開始から約1年で、すでに国内の広告宣伝費トップ100企業(*4)の1割の企業で広告分析にmagellanが利用され、高い評価を得ています。 *4: 出典:「広告宣伝費」が多いトップ300社ランキング|東洋経済オンライン|2017年09月10日)(https://toyokeizai.net...

リスティング広告自動入札ツールの導入件数推計結果

...て広告会社に提供されている自動入札システムを除く。 リスティング広告自動入札ツールは、元々リスティング広告の普及が日本よりも早く進んだ米国・英国などにおいて、2000年代中頃に開発されました。日本においては、2000年代後半から海外製品が国内に本格的に持ち込まれ、広告主や、その広告出稿業務を請け負う広告会社向けに普及がはじまりましたが、その広がりは、月額数千万円規模などの大規模な広告予算を使い、数万キーワードの広告出稿を運用管理する一部の利用者層に留まっていました。しかしながら、2011年以降、より広い利用者層を対象に、普及...

2014年7月9日D2C★★フィードバック数:0マーケティング

D2Cの調査です。

2014年企業のインターネット広告・モバイル広告利用動向調査

...った。「企業のモバイル広告利用動向」の5つのポイント【ポイント1】 デジタル広告への出稿予算を「増やす」は24.1%、続くデジタル広告予算の増加傾向【ポイント2】 スマートフォン広告は企業全体で16.3%、BtoC企業で31.0%が出稿今後BtoC企業では、スマートフォン広告出稿率が半数弱まで拡大する見通し【ポイント3】 スマートフォンサイト、スマートフォンアプリの対応状況BtoC企業では、44.5%がスマートフォンサイトを開設、17.0%がア...

2019年5月24日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の活用実態アンケート調査

...の購買促進」を目的とする方は2割に満たない。・動画広告の投資を増やす理由として、「投資対効果の高さ」を挙げる方が約7割いる一方で、単純に「広告のトレンドだから」という回答も半数を超えた。【調査結果の概要】1. 動画広告の活用状況広告宣伝担当者に対し、過去1年間で広告予算全体の中で動画広告への投資が占める割合がどのように変化したか、また、今後1年間でどのように変化する見込みであるかを調査し、以下の結果を得ました。図表1 過去1年間での動画広告への投資割合の変化過去1年間の動画広告への投資状況においては「動画...

2018年10月10日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者117人に聞いた、オフライン広告の効果測定手法に関するアンケート調査

...シなどが含まれます。*2: 出典:2017年(平成29年)日本の広告費|株式会社電通|2018年2月22日()*3: インターネット広告とは、インターネット上で出稿される広告のことで、リスティング広告、動画広告、メール広告、SNS広告などが含まれます*4: 当社が広告宣伝担当者106名に対して行ったアンケート調査によれば、オフライン広告を含めた広告予算配分の算出まで実践できている広告宣伝担当者は、全体の4.8%だった。(一方、「今後取り組みたい」と回答したのは全体の43%) 1.調査の結果、現在...

2020年5月14日Grill★フィードバック数:0マーケティング

企業のマーケティング・広告・広報担当者へ広告宣伝活動に関する緊急調査

...以下の企業では広告費を全てストップしている割合が高く、1000億円以上の企業では広告予算の減少幅が少ない。 →売上規模の小さい企業は、広告宣伝費を削っている傾向にある。③ オンライン広告よりもオフライン広告の減少幅の方が大きい。またイベント・セミナーなどの活動は顕著な減少傾向にある。 →外出自粛になり、人を集めるイベント・セミナーの実施が難しい状況になっている。④ 約6割の担当者が今後さらなる予算削減が進むと考えている一方で、半数以上の方が新しい広告手法に取り組んでいく必要性を感じている。 →費用対効果の高い広告手法や、新し...

Web広告が低品質なコンテンツ環境に表示された場合、65%が「ブランドの使用を取り止める」

...) --------------------------------------------------------- 【IAS(インテグラル アド サイエンス)について】 www.integralads.com/jp/Integral Ad Science (インテグラル アド サイエンス、IAS) は、洗練されたテクノロジーで高品質な広告メディア環境の実現をサポートするアドベリフィケーションのグローバルリーダーです。IASは、広告主とパブリッシャーの皆様の広告予算を広告不正やブランド棄損のリスクから守ると同時に、消費者のアテンションを獲得し、ビジ...

2019年6月25日サイカフィードバック数:0マーケティング

「令和最初の月にテレビCMが多かった商品・業種ランキング」発表

...分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の販売開始から約1年で、すでに国内の広告宣伝費トップ100企業(*3)の1...

2019年9月24日チェク・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測

...詐欺で失われた広告費用は高単価広告商品、低単価広告商品問わず混在している状況であるが、低単価広告商品における影響度が甚大であることが明らかになりました。さらにグローバルでは、オンライン広告詐欺被害は今年230億ドル規模に上るとマーケティング担当者たちが予想していることが、CHEQの調査で分かっています。世界的に急成長しているデジタル広告予算を搾取しようとする詐欺行為は、オンライン広告のエコシステムの複雑さと不透明さを要因に、ますます増加する傾向にあります。監視体制の難しさや透明性の不足といった業界特有の状況を温床に、オン...

2019年7月26日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者200人に聞いた個人情報保護の規制強化による影響実態調査

...のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の販売開始から約1年で、すでに国内の広告宣伝費トップ100企業(*3)の1割の企業で広告分析にマゼランが利用され、高い評価を得ています。1 オフ...

2018年4月5日フルスピード★★フィードバック数:0マーケティング

BtoB企業のマーケティング担当者に聞いたデジタルマーケティングの活用実態

...促進全般の年間予算 担当している事業に関する広告・宣伝・販促全般の年間予算を質問したところ「300万円未満(16.7%)」が最も多く、次に「1億円以上(14.5%)」、「1,000万円~3,000万円未満(11.5%)」と続く結果に。 上図はQ5-1で質問した「全体予算」のうち「インターネットに関わる予算」のみに焦点を当てて質問したものである。 広告・宣伝・販促予算の前年度との増減を質問したものである。46.4%が「増えた」と回答、「減った」はわずか9.9%だった。各企業の広告予算...

サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

...主企業による一時的な広告出稿の抑制がみられました。一方で、外出自粛により自宅で商品・サービスを消費する巣ごもり需要が増加するなか、幅広い世代で動画コンテンツの視聴時間が大きく増加しました。また、提供される動画コンテンツの質・量ともに発展がみられ、広告主企業がユーザーとコミュニケーションを図る手段としての魅力はますます高まりました。広告主企業は全体の広告予算を削減する一方で、動画によるコミュニケーションへの投資は引き続き積極的に継続する動向がみられました。これらを背景に、2020年の動画広告市場は、引き...

2020年5月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者212名に聞いた 広告の効果測定方法に関するアンケート調査 2020年版

...分析システムの企画・開発・提供分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。XICA magellanについてインターネット広告やテレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援する広告効果分析ツール。国内No.1のMMMツー...

2021年11月19日Integral Ad Science Japan★★フィードバック数:0マーケティング

2022年に向けてサプライパス最適化への投資が増加 IAS最新調査

...質のメディアを探しています」プログラマティックバイイング(自動買付)は全世界で成長を続けており、2021年の広告支出は1,540億ドルを上回る見込みです。その中で、成果を向上させるためにサプライパス最適化戦略を活用する広告主が増加しています。IASの最新調査から判明した内容は以下の通りです。プログラマティックバイイングの大半はビデオ広告だが、CTVとオーディオも好調広告主の過半数(52%)が、現在は広告予算の半分以上をプログラマティックバイイングに使用していると回答し、広告主の80%は、それが支出の3分の1以上...

2020年7月31日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査

...他、記載されている会社名・商品名についても、各社の商標または登録商標です。 XICA magellanについて インターネット広告やテレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援する広告効果分析ツール。国内No.1のMMMツールとしてテレビCMを出稿する国内大手企業を中心に100社以上の企業に導入され、国内の広告宣伝費トップ100企業の10%の企業で広告分析にマゼランが利用されるなど、高い...

レポート『対デジタルプラットフォーマー規制強化に伴う地方企業への悪影響』を発表

...念する声が多く聞かれる。特に大きな懸念の一つとして挙げられているのが、「プラットフォーマーへの広告出稿によって商圏を広げ、売上を獲得している地方企業への悪影響」だ。デジタル広告は、TV・新聞・雑誌等のマス広告と異なり少額からでも出稿・運用できるため、広告予算に限りがある中堅以下の企業に大きな恩恵をもたらしてきたとされる。仮に規制強化によってプラットフォーマー側の対応コストが増大し、そのコストが広告出稿側に一部転嫁されることになった場合には、予算...

2020年6月25日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査

...国およびその他の国における株式会社サイカの登録商標または商標です。※その他、記載されている会社名・商品名についても、各社の商標または登録商標です。 XICA magellanについて インターネット広告やテレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援する広告効果分析ツール。国内No.1のMMMツールとしてテレビCMを出稿する国内大手企業を中心に100社以上の企業に導入され、国内の広告宣伝費トップ100企業の10%の企業で広告分析にマゼランが利用されるなど、高い...

2018年11月15日サイカ★★フィードバック数:0ライフスタイル

「Cookie等を用いたユーザー行動分析」に関する意識調査から見えた、広告効果測定の潮流

...ダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。 XICA magellanについてインターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の販売開始から約1年で、すでに国内の広告宣伝費トップ100企業...

2016年10月25日アイレップ★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト流入最大化のためのFacebook広告の最適な予算投下量

...:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)と、Facebook Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川晋、以下Facebook Japan)が共同で実施した調査の結果、Facebook広告の効果を最大化する最適な予算投入投下量が判明しました。また、Facebook広告がユーザーの検索行動に影響を与えることも明らかになりました。これによりアイレップは、広告がWebサイト流入に与える直接効果だけでなく、間接効果も加味した上で、広告予算を適切に配分し、クラ...

経済の展望と広告/印刷の価格動向

...企業の海外進出で、プロモーションもグローバル対応がますます求められるようになった。一方で、海外の広告会社の日本進出などもあり、またインターネット広告会社やIT企業に広告予算の一部を奪われるなど、国内の競争激化を背景に、海外への力の入れようがうかがえる。特に広告業最大手の海外への注力の度合いが、3社全体の数値を引き上げている。また国内事業が安定しているのは、広告市場や広告価格の回復基調が小さくはないだろう。大手の印刷会社やエレクトロニクス分野の売上比率が高い印刷会社では、以前から海外の売上は少なくなかった。もち...

サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

...コロナ禍を機に進んだユーザー消費行動の変化や行政サービス、あらゆる産業におけるデジタル化、DXの流れを受け、インターネット広告市場は高い水準の成長を遂げました。インターネット広告市場において、広告主とユーザーとのコミュニケーションの起点となる広告フォーマットは、テキストや画像よりも情報量が多く表現力が豊かな動画へと移行が進んでおります。コロナ禍で定着した、世代を問わないユーザーの動画コンテンツ視聴の増加とともに、大手動画広告媒体のユーザー数も大きく伸長し、広告主企業にとって動画媒体の魅力がますます高まりました。広告主企業は、広告予算...

2018年2月15日ソウルドアウト★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング・販促・広報の仕事をしている735名に対して、2018年予算を増やしたい「Web広告」の調査を実施。

...いて、それぞれ主にどのような「目的」で利用されているか教えてください。・利用されている「デジタル広告」の平均的な1カ月あたりの「広告予算」を教えてください。・利用されている「デジタル広告」の「効果」について、最もあてはまるものをお選びください。・利用されている「デジタル広告」における、2018年の「予算増減」について教えてください。・利用されている「デジタル広告」について、これから「あなたと同じ商品やサービス」で、マーケティングをはじめる後輩や新入社員、同僚に「勧めたい度合い」につ...

2018年2月5日ソウルドアウト★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング・販促・広報の仕事をしている735名に対して、2018年予算を増やしたい「Web広告」の調査を実施

...いて、それぞれ主にどのような「目的」で利用されているか教えてください。・利用されている「デジタル広告」の平均的な1カ月あたりの「広告予算」を教えてください。・利用されている「デジタル広告」の「効果」について、最もあてはまるものをお選びください。・利用されている「デジタル広告」における、2018年の「予算増減」について教えてください。・利用されている「デジタル広告」について、これから「あなたと同じ商品やサービス」で、マーケティングをはじめる後輩や新入社員、同僚に「勧めたい度合い」につ...

2022年5月26日イルグルム★★フィードバック数:0企業情報システム

マーケティングマネージャーの80%が「データマネジメント・DX」の重要性の高まりを実感

...%、500万円以上のマーケターが46%となっており、広告予算が高いほどデータ集計やレポーティング作業に対する課題感が強まる傾向が見受けられました。4. マーケティングマネージャーの72%が週1~2回以上、部下から施策の進捗・成果報告を希望「マーケティング施策の進捗・成果報告の希望頻度」についてマーケティングマネージャーへ聞いたところ、72%が少なくとも「週1~2回以上」を希望と回答し、マネージャーは短期間かつ高頻度で施策の進捗や成果を把握したいと感じていることがわかりました。その一方で、マー...

2020年11月2日まーけっち★フィードバック数:0社会/政治

オンラインセミナーに関する課題とは?4割がマネタイズ未達成 実態調査結果を徹底リサーチ

...のプロフェッショナル人材DB正社員は勿論、副業・フリーランス人材の選定も、専門家がコミット! 「頼るべき仲間が見つかる」 自社採用は勿論、在宅や外部のワーカーの活用のための ビジネススキル・適性診断を開発しました。 期間限定で無償お試し可能! ご興味があるという方はお気軽にお問合せください。株式会社まーけっち 代表取締役社長 山中思温マーケティングリサーチのプラットフォームの企業で、 最年少で事業部を立ち上げ、広告予算ほぼゼロで、国内トップの実績を達成。 中小・スタ...

2019年5月8日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者103名に聞いた 広告の効果測定方法に関するアンケート調査 2019年版

...独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の販売開始から約1年で、すでに国内の広告宣伝費トップ100企業(*4)の1割の企業で広告分析にマゼランが利用され、高い評価を得ています。*1 オフライン広告とは、インターネットを介さない広告のことで、テレビCM、ラジオ、新聞、雑誌...

2021年5月26日Liftoff Mobile★★フィードバック数:0マーケティング

Liftoffがカジュアルゲームアプリレポートを発表

...年2月には$2.02となり、1年間で120%のコスト増となっています。 iOSのコストは、$3.28から$4.82の47%増となっています。 iOSの方が依然として高コストではありますが、Androidではより急激な増加率となっています。この急上昇は、IDFAの利用制限を前にAndroid に広告予算が寄せられるようになったことが要因と考えられます。インストールあたり$2.57と、ライフスタイルゲームユーザーのコンバージョンが最も高額カジュアルゲームの中では、ライフスタイルのCPIが最...

2019年2月28日アディッシュ★フィードバック数:0マーケティング

「SNSビジネス活用とソーシャルリスク・炎上対策の実態」に関するインターネット調査

.../index.do 調査期間:2018年12月14日~12月21日調査対象:SNS運用をする企業に勤務中の従業員 ※個人事業主を除く調査方法:インターネットリサーチ調査地域:全国47都道府県スクリーニング調査実施数:54,906本調査実施数:1,338有効回答数:1,051● 73.9%がFacebookをビジネス利用している● SNS実務担当者は56.5%が兼務(専任は33.8%)● 1ヵ月当たりのSNS広告予算は10万円未満が29.6%● SNSの1日あたりの運用時間は1時間未満が38.9%● 1ヵ月...

2019年11月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者100人に聞いた Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査 2019年版

...独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の提供開始以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に100社以上の企業に導入され、国内の広告宣伝費トップ100企業(*5)の10%の企業で広告分析にマゼランが利用されるなど、高い評価を得ています。1 インターネット広告とは、イン...

2020年4月23日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者200人に聞いた テレワークによる広告出稿業務への影響実態調査

...分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援する広告効果分析ツール。国内No.1のMMMツールとしてテレビCMを出...

2020年1月30日翔泳社★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティング最新動向調査 2020

...プラットフォーマーと広告会社の動向AmazonAppleByteDance(TikTok)FacebookGoogleLINETwitterヤフー(Zホールディングス)楽天国内広告会社の動向(電通・博報堂・サイバーエージェント) 4. マーケティング最新動向調査(単純集計)調査概要質問項目回答者のプロフィールマーケティング・販促・広告予算マーケティング施策・ツールの予算顧客体験・DX・マーケティングのデジタル化導入ツールコロナ禍とマーケティング活動売上への関与・デジタル化の課題5. マーケティング最新動向調査(クロス集計)クロス集計 ―売上規模別―クロス集計 ―ビジ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ