「復興期間」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年7月31日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県のレポートです。

震災復興平成26年度岩手県東日本大震災津波復興計画の取組状況等に関する報告書(いわて復興レポート2014)

...平成26年度岩手県東日本大震災津波復興計画の取組状況等に関する報告書(いわて復興レポート2014)目的平成23 年度から平成25 年度までの「基盤復興期間」に実施した事業進捗の状況を報告するとともに、復興の現状やその推移を示す「復興インデックス」や「被災事業所復興状況調査」、そして県民の皆様の「復興に関する意識調査」といった調査結果等に基づき、本県の復興の現状と課題、今後の方向性を明らかにするもの。本年3 月には、沿岸地域の大動脈となる三陸沿岸道路の尾肝要道路と高田道路の供用開始、4 月に...

2015年6月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災からの復興と交通インフラ

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東日本大震災からの復興と交通インフラ「コンパクト+ネットワーク」の強化へ ◆東日本大震災の発生から4年以上が経過し、いわゆる「集中復興期間」の最終年度に入っている。公共インフラの復旧は概ね終了したとされ、来年度以降の復興の進め方が議論されている。◆東日本大震災では、一連の災害対応活動において、交通インフラの寸断及びその復旧が大きなテーマの一つとなった。道路、空港の早期再開が救助・救命...

仙台オフィス市場の現況と見通し(2012年度版)

...率の状況、オフィスの空室面積・賃貸面積、オフィス規模別・地区別・新築/既存ビル別の賃貸状況、人口の転入動向などから把握するとともに、オフィス賃料の将来予測を行った。賃料の将来予測では、仙台のオフィス賃料は、標準シナリオの場合2015年まで上昇(2012年と比べ+5.1%の上昇)し、その後下落が始まるという結果が得られた。仙台のオフィス市場の活況は、震災復興事業に下支えされていると考えられるが、復興事業はいつまでも続くわけではない。震災復興事業は2015年度までの集中復興期間には毎年5兆円...

2016年3月4日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査

...2016/3/1「東日本大震災関連倒産」(発生後5年間累計)の動向調査震災関連倒産は、5年間で1898件判明〜 うち原発関連倒産は210件、原発事故の影響長期化 〜はじめに東日本大震災の発生からまもなく5年。政府は、震災直後の2011年度からの5年間を「集中復興期間」として、約26兆円の予算を計上した。この間、企業に対しては被災した社屋や施設の復旧・整備や二重ローン対策、資金繰り支援などのほか、官民連携による販路開拓や商品開発支援など、復興に向けた取り組みが進められた。しかし一方で、未曾...

2016年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

“震災から5年”「東日本大震災」関連倒産状況(3月7日現在)

...関連倒産は発生から3年で収束がみえたが、「東日本大震災」はそれを上回る甚大な被害から影響は長期に及んでいる。「震災」関連倒産の従業員被害者数は、全国で2万7,052人に膨らみ、東北の被災3県(岩手、宮城、福島)だけでも3,416人に達した。ただ、東京商工リサーチの調査では、被災3県の約5年間の新設法人数は1万7,000社で、雇用従業員数は判明分だけで3万8,243人を数えており、新しく設立された法人が雇用の受け皿として貢献していることがわかった。震災から当初5年間の「集中復興期間」が2016年3月で終了し、新た...

2015年4月21日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度東北地方太平洋沿岸地域自然環境調査

...し、各サイトにおいて、土壌流出、植生の変化等が観察されています。この土壌流出や植生の変化等は、今後、海鳥類の繁殖を妨げる可能性もあるため、注意が必要です。図4 干潟におけるベントス出現種数推移の一例(鳥の海サイト)図5 万石浦黒島西岸ライン調査(ライン長100m)におけるアマモの分布状況(岸からの距離とアマモの被度)。2006年は第7回基礎調査の結果、2012年~2014年は生態系監視調査の結果3.今後の予定平成27年度は集中復興期間の最終年度になります。平成26年度までの調査成果をとりまとめて、東日...

2016年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

東北・被災3県 業績動向調査

...まで復興をけん引してきた建設業は他産業に比べ伸び率が大きく、安定している。しかし、建設業も売上高増加率は時間の経過とともに鈍化の兆しがみえ、復興需要で拡大してきた建設業への依存を危惧する声も出てきている。今後は、地域の基幹産業でもあった水産業の復興や地元に根ざした製造業、卸売業、小売業など、バランスの取れた産業構造への転換が急がれる。震災から5年を経過し、政府の復興方針も「集中復興期間」(~2015年度)から「復興・創生期間」(2016年度以降5カ年)へ移行する。復興庁が2016年1月に発表した「震災からの復興の道のりと見通し」の中で、今後の産業・生業...

2016年2月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

東北被災3県 新設法人調査

...地場経済の自立という側面が見出せずに復興需要に依存していることが否めない。震災から5年が経過し、政府の復興方針も「集中復興期間」(~2015年度)から「復興・創生期間」(2016年度以降5カ年)へ移行する。復興予算額の減少や予算の使途も変容していくが、そんな中で一例だが「農事組合法人」の設立が増加しているように、新たな形態や分野での法人設立の取り組みも生まれている。新設法人は被災地の産業復興の担い手と労働力の受け皿でもあり、新設法人の減少は今後の被災3県の地域経済に停滞を招く可能性もある。それだけに起業や事業意欲を後押しする国や行政の支援は、これ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ