「感染経路」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年11月7日森永乳業★フィードバック数:0ライフスタイル

森永乳業の調査です。

ノロウイルスに関する実態調査

...ウイルスに関する実態と予防の意識を明らかにするために、全国の20~70代の男女を対象に調査を行いました。本調査を通じ、従来の対策法に加え、“身体の中から”の予防法が広く認知され、浸透することを願っております。<調査結果> 1)ノロウイルスに感染したことがある人12.8%、20代が最も高く24.5%>家族が感染したことがある人は15.6%2)最も多い感染経路は、自身「自分の子供」、家族「学校・職場」学校で感染した子供から家族への二次感染が多い現状>子供がいる人の感染経験は、いない人の約3倍3)完治するまでの期間は3~5日が約7割>感染者の7人に1人は...

2011年4月14日経済協力開発機構フィードバック数:15社会/政治

図表でみる社会2011

...27 November 2020 インターネットへの接続とスキルが向上したことは、新型コロナウイルスによる健康危機、経済危機との闘いにおいて多くの国々の一助となっています。しかし、このパンデミックにより、デジタル転換の基準が引き上げられ、コロナ後の世界において一部の人々や企業の困窮を深める恐れがあるデジタル格差を縮小する必要性が浮き彫りになりました。 27 November 2020 アジア・太平洋地域はウイルスの管理について国際的に称賛されています。この地域のサクセスストーリーは、偏に感染者を追跡とその感染経路...

2013年11月22日OECDフィードバック数:0ライフスタイル

図表で見る医療2013年版

...27 November 2020 インターネットへの接続とスキルが向上したことは、新型コロナウイルスによる健康危機、経済危機との闘いにおいて多くの国々の一助となっています。しかし、このパンデミックにより、デジタル転換の基準が引き上げられ、コロナ後の世界において一部の人々や企業の困窮を深める恐れがあるデジタル格差を縮小する必要性が浮き彫りになりました。 27 November 2020 アジア・太平洋地域はウイルスの管理について国際的に称賛されています。この地域のサクセスストーリーは、偏に感染者を追跡とその感染経路...

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

...性公開直後は本脆弱性を悪用する攻撃の検知はありませんでしたが、本脆弱性の検証コードが公開された直後より攻撃を検知し始めました。これらの攻撃から身を守るためには、修正済みバージョンへのアップデートなどの脆弱性対策を早急に実施できる体制づくりが必要です。また、実際に被害が発生した際に、インシデント対応が即座に行える組織づくりも重要です。Ursnifの感染事例の急増Ursnifと呼ばれるマルウェア感染が多発しており、様々な企業・機関から注意喚起が発表されています。Ursnifの感染経路はエクスプロイトキットからの誘導による感染や、不審...

2012年2月24日IPA★フィードバック数:17セキュリティ/ネットワーク

企業のセキュリティ対策についての調査結果です。

2010年度 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査

...んどが既知であるとの報告もあり、感染防止のためには積極的なセキュリティパッチの適用が重要となります。(2)ウイルス遭遇率は減少するも、USBメモリーを介した感染が増加ウイルス遭遇率は、近年60%前後で推移していましたが、約50%に減少しました。ウイルスの感染経路をみると、USBメモリー等の外部記憶媒体を介した感染が前回調査から約10ポイント増加し、従業員数300人以上の企業においては6割を超える結果となりました。(3)スマートフォンやタブレット端末においてもセキュリティ対策の実施をスマートフォン等は約15%の企...

2014年7月22日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京での流行状況です。

ヘルパンギーナが流行、都内で警報基準を超える

...の広い地域で流行状況となっている)(参考)手足口病及び咽頭結膜熱(プール熱)の発生状況(第28週分)手足口病の定点当たり患者報告数は1.09人(警報基準値は5.0人)、咽頭結膜熱の定点当たり患者報告数は0.61人(警報基準値は3.0人)です。今後の流行に注意が必要です。感染経路と感染予防のポイントへルパンギーナ、手足口病及び咽頭結膜熱は、ウイルスによる感染症で、主にウイルスが含まれた咳やくしゃみを吸い込んだり、手を介して口に触れたりすることでうつります。こまめな手洗い、咳やくしゃみをする時には口と鼻をティッシュ等でおおう、集団...

2016年4月11日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の情報漏えい対策に関する調査レポート

...%)、「メールの誤送信」(65.9%)、「外付けHDDやUSBメモリといった外部メディアの盗難/紛失」(50.5%)など、従業員のミスを懸念する声が多い(図2)。1位と2位が入れ替わったものの、上位2種の顔ぶれは2015年調査と同じだ。従業員のミスを起因とした情報漏えいに対して、企業は有効な対策を打ち出せていないことが分かる。一方、マルウェア感染経路の中では、「メール添付のマルウェア感染」(56.7%)を懸念する回答者が比較的多い。特定組織を狙った標的型攻撃でも攻撃手段にメールが利用されることが多く、警戒...

2020年5月28日Insight Techフィードバック数:0社会/政治

第3回「新型コロナウイルス」に関する意識調査

...ユーザーから収集。2か月前に実施した第1回目(2020年3月2日-3日)、1か月前に実施した第2回目(2020年4月7日-9日)の内容と比較、また解析ツール「ITAS」で自由回答の処理を行ないました。以下、結果をご報告いたします。■ 分析結果 詳細1:新型コロナウイルスの日々の報道について「過剰だと思う」が男女ともに増加。(図1)「新型コロナウイルスの日々の報道についてどのように思いますか」と伺うと、3回目は2回目と比較して男女ともに「過剰だと思う」の割合が増えています。4月7日の緊急事態宣言の発令後、連日、感染者数や感染経路...

インフルエンザ予防接種推奨: ビジネスの安定化に貢献

...社員の欠勤による労働力の低下を予防する意味でもインフルエンザの予防接種は、十分な効果を期待することが出来ます。』インフルエンザは咳、くしゃみなど飛沫を感染経路としています。インフルエンザの感染者は、自覚症状が出る前、時には1週間前からウィルスを周囲に拡散している場合もあります。健康状態の不安定な方、年配者や幼児はインフルエンザが重大な合併症に進行する場合もあります。抗インフルエンザウィルスは、有効とされていますが、一般的には予防接種により感染を予防することを推奨します。インフルエンザウィルスは多種類ある上に変異するため、前年...

2013年7月18日厚生労働省フィードバック数:161ライフスタイル

狂犬病(狂犬病の発生状況)

...の周辺国を含む世界のほとんどの地域で依然として発生しており、日本は常に侵入の脅威に晒されていることから、万一の侵入に備えた対策が重要となっています。万一狂犬病が国内で発生した場合には、素早くしっかりと発生の拡大とまん延の防止を図ることが非常に重要となります。そのためには、犬の飼い主一人一人が狂犬病に関して正しい知識を持ち、飼い犬の登録と予防注射を確実に行うことが必要であり、そうすることによって公衆衛生の向上と公共の福祉の増進に寄与しているということを飼い主の方にはしっかりと自覚していただくことが望まれます。 ○感受性動物: 全ての哺乳類(ヒトを含む)○感染経路...

社会人男性の水虫に関する調査

...有職者)第一三共ヘルスケア調べ家庭内感染の可能性もあり!?水虫にかかったことのある20代〜40代の男性有職者448名に、心当たりのある感染経路について聞いたところ、約4割が「銭湯・温泉」と回答しました。続いて、「実家・親類の家」「プール・海水浴場」「ジム」という結果となり、多くの方が、不特定多数の人が集まる水回りの施設を利用したあとに感染したと考えていることがわかります。 n=448(20〜40代 水虫を経験したことのある男性有職者)第一三共ヘルスケア調べさらに興味深いのは、水虫...

2017年7月のマルウェア検出レポート

...イルに加えて、データベースファイルやゲームのセーブデータファイルなど、様々なファイルが暗号化の対象となっています。このことから、個人法人問わずあらゆるユーザーがLockyの標的とされていることがうかがえます。主な感染経路はメールによるもので、ダウンローダー(ユーザーによる実行後、Lockyをダウンロード及び実行するマルウェア)を送付する手口と、Locky本体を直接(ZIP等で圧縮した上で)送付する手口が確認されています。左:Lockyのダウンローダー(Windowsスクリプト形式)右:PDFファ...

2014年10月22日サンスター★フィードバック数:0ライフスタイル

国際比較です。

歯のオーラルケア・歯周病事情に関する調査

...、歯周病の感染経路は思春期以降の唾液感染であると推測されており、歯周病の意識は高いものの、正しく理解している日本人は全体の1/4に留まる結果になりました。1日歯みがきをしなかった人と、3回歯みがきした人との歯周病菌画像を見比べた感想を聞いたところ、「怖い」と感じた人が日本は88.1%で、歯周病菌の拡散に対する恐怖心が浮き彫りになりました。<神戸常盤大学 野村慶雄教授のコメント>歯周病は感染症です。歯周ポケットの歯肉側は表面がただれた潰瘍になっていて、血管の開口部も存在します。ポケ...

2017年12月のマルウェア検出レポート

....Agent検出数の国別割合(2017年12月)このダウンローダーは「Win32/Spy.Ursnif」の亜種(別名DreamBot)をダウンロードすることが確認されています。「Win32/Spy.Ursnif」は、インターネットバンキングサイトの認証情報(ユーザIDやパスワード等)やクレジットカード情報を窃取します。このマルウェアに感染した場合、銀行口座からの不正送金やクレジットカードの不正利用などの被害に遭う可能性があります。「VBA/TrojanDownloader.Agent」の主な感染経路...

2018年11月15日ジョンソンフィードバック数:0ライフスタイル

アルコール系除菌剤によるインフルエンザウイルス除去試験

...入っていきなり気温の低い日が続きました。季節の変化と共に変化する気温に身体を徐々に慣らしていくことができず、体調を崩しやすくなっています。そのため、例年に比べて流行が早まる”秋インフルエンザ“の広がりが目立ちます。例年はお子様から親御さんへの感染経路が圧倒的に多いのですが、今年は年齢に関わらずインフルエンザに要注意と言えます。異常気象や災害も多発する中、冬時期だけではなく通年を通して感染症対策の意識を高めることが必要です。 <カビキラー アルコール除菌 キッチン用>二度拭きや洗い流し不要、スプレーするだけ簡単除菌!「カビキラー アル...

2009年5月26日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAがセキュリティ関連の調査結果を発表しました。

「2008年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書

...年ぶりに上昇ウイルス遭遇・感染率は、2002年をピークとして横ばい~減少を続けていましたが、2008年のウイルス遭遇率は2007年の57.8%から60.4%に、感染率は2007年の12.4%から15.8%にやや上昇しました。この原因は、USBメモリ経由で感染するW32/Autorunの影響が大きいと考えられます。これは、2008年に感染したウイルスで最も多かったのが「W32/Autorun」(39.5%)であること、また、感染経路の「外部媒体・持ち込みクライアント(パソコン)」が2007年の23...

世界各国の検索トレンドです。

世界40カ国の検索キーワードトレンド調査【2014年7月人気キーワードランキングトップ10】

...行われたワールドカップ決勝で対戦したドイツ、アルゼンチンを含むヨーロッパと南アメリカでは、ワールドカップ関連のキーワードが他の地域よりも多く占めていました。 ■エボラ出血熱、西アフリカで猛威ナイジェリアの検索キーワードランキング1位2位に入っているように、西アフリカでエボラ出血熱が流行し、世界で話題になっています。エボラ出血熱とは、オオコウモリ科のオオコウモリがエボラウイルスの自然宿主とされています。感染経路は、ウイルスに感染した野生動物に噛まれることで動物から人に感染し、病気を発症した患者の血液、唾液や排泄物に直接触れることで、人か...

2014年1月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年年間]

...ターネットバンキングのログイン情報を窃取する不正プログラム。 2013年12月12日付 日本経済新聞Web刊 「ネットバンキング不正送金被害11.8億円 1~11月、最悪時の4倍」 1-3. 届出件数2013年の届出件数は6,596件でした。そのうち被害にあった届出は4件でした。下記グラフ(図1-1)は、IPAが受け付けた年別ごとの届出件数の推移を示したものです。図1-1で示すように、届出件数は2012年の10,351件から3,755件減少しました。この背景には特定の企業から“メールを感染経路とするもの”の届出の減少があります。また2005年以...

2012年10月17日IPAフィードバック数:21セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2012年第3四半期(7月~9月)]

...らウイルスや不正プログラムは、そのほとんどがメールを感染経路として送られてくるものです。対策として、ウイルス対策ソフト等を適切に使うことで感染はほぼ確実に防ぐことができます。また、メールの添付ファイルの開封には注意するとともに、身に覚えのないメールは読まずに捨てるべきと言えます。※1 届出件数 : 同じ届出者から寄せられた届出の内、同一発見日で同一種類のウイルスの検出が複数ある場合は、1日何個検出されても届出1件としてカウントしたもの。※2 IPAセキュリティセンター「USBメモリ等に対する"自動実行(オートラン)"機能...

2020年12月17日FLIEフィードバック数:0ライフスタイル

フリエ住まい総研 「家庭内の新型コロナ感染対策」 に関する実態調査

...コロナウイルス感染拡大「第3波」と言われる最中、特に国内の人口比率が高く感染者が多いとみられる首都圏・近畿圏・中京圏在住かつ、家族・または同居人などと複数人で住んでいる方594名を対象に、日常的に行っている「家庭内の感染対策」について調査しました。連日各地で“感染者数最多”が報じられる中で、感染経路として最も多くみられる項目のひとつに「家庭内感染」があります。外出中もマスク着用・手指の消毒など様々な感染対策を講じている方が多いですが、はたして自宅の中まで感染対策の必要性を感じ、実施...

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「一難去ってまた一難」の韓国経済 ~MERS感染拡大の長期化による悪影響に懸念~

...された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。2/3している。中東地域を起源とするMERS(中東呼吸器症候群)の感染者が先月末に同国で発見されたほか、初動体制の拙さも相俟って足下では感染者数が爆発的に増加する事態に陥っており、感染者数の増加が依然として止まらない状況が続いている。さらに、足下では二次感染に加え、三次感染と感染経路が複雑化していることから、感染が疑われる 1000 人以上を対象に隔離措置を採る事態となっており、経済...

2013年10月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第3四半期(7月~9月)]

...トワーク侵入検知監視業者が不審な通信を検知セキュリティソフトを使用していなかったため新規に購入したセキュリティソフトを使って駆除 これら4つのウイルスは、全て同じパソコンから検知されました。届出者の申告では感染経路は不明、感染原因はセキュリティソフトを使用していなかったため、となっていますが、W32/Mydoom、VBS/Redlof、W32/Swenはメールの添付ファイルを介して感染を拡大するタイプのウイルスで、感染原因はウイルス付き添付ファイルの開封、と考えられます。届出のあったこれら4つのウイルスは、2000年代に流行したウイルスです。セキュリティソフトを適切に使用していれば、感染...

2013年4月16日IPAフィードバック数:15セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第1四半期(1月~3月)]

...での被害発生と同時期に、日本にも同じ不正プログラムが少なからず流通していたと推測されます。ウイルスや不正プログラムの検出数を見ると、かなりのウイルスや不正プログラムがパソコンの手前まで届いていることがわかります。しかし、ウイルス対策ソフト等を使用することで感染被害に遭わずに済んでいると言えます。これらウイルスや不正プログラムは、そのほとんどがメールを感染経路として送られてくるものです(表1-2参照)。対策として、ウイルス対策ソフト等を適切に使うことで感染はかなりの確度で防ぐことができます。また、メー...

2013年7月18日IPAフィードバック数:8セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第2四半期(4月~6月)]

...は日本マイクロソフト社の製品である、Microsoft Officeの脆弱性(ぜいじゃくせい)を悪用する不正プログラム、「Exploit-CVE-2012-0158」が多く検出(917個)されました。これは、Microsoft Officeの脆弱性が解消されていないパソコンに攻撃して侵入し、別のウイルスを感染させるというものでした。「Exploit-CVE-2012-0158」はバックドアなどと組み合わせて、標的型攻撃を行うために使われていると考えられます。これらウイルスや不正プログラムは、そのほとんどがメールを感染経路...

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

...者がこれを回避する手段として発展してきました。攻撃者による検出回避はネットワーク分野にも拡大してきています。一つ目はSSL/TLS化の加速です。ブラウザや検索エンジンにより一般サイトでも常時SSL化が求められており、今後大半のトラフィックがHTTPからHTTPSに移行します。その場合、HTTP通信を使っていると逆に目立ってしまうため、攻撃者も無料もしくは低価格の証明書を使い、感染経路や感染後のC2通信などをSSL化する割合が高まることが考えられます。配信されるコードが暗号化される割合も高まる可能性があります。ファイルレスの場合、多く...

2013年1月22日IPAフィードバック数:12セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2012年年間]

...、W32/Dorkbotが3件、の合計7件でした(表1-1参照)。感染経路は、外部からの媒体が2件、メールが3件、ダウンロードファイルが1件、不明が1件、でした。感染原因は、Winnyでダウンロートしたファイルを実行したためが1件、対策ソフトのパターンファイルが古かったためが1件、メールに書かれているURLからファイルをダウンロードして実行したためが3件、不明が2件、でした。発見方法は、目視が3件、外部からの連絡が2件、他のウイルス対策ソフトに変更した時に発見されたのが1件、ウイ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ