「成長シナリオ」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

【2014年8月米小売売上高】個人消費への不透明感は和らぐ

...の中央値)と同じとなった。また前月分(7月)が速報値の前月比+0.0%から上方修正され同+0.3%に、前々月分(6月)も速報値の前月比+0.2%から同+0.4%に上方修正されている。3カ月移動平均の前期比年率では+5.4%(前月:同+7.1%)であった。8月の小売売上高は前月から加速、さらに前月・前々月も上方修正された。前月に公表された7月の速報値は冴えない結果であったが、今回は米国の順調な経済成長シナリオに沿った内容となり、ひとまず消費の腰折れ懸念は後退したと言える。 レポ...

第41回(中間報告)中期経済予測(2014-25年度)「財政不安を抱える経済成長」

...の道筋が見えないわけではない。財政赤字の削減も、この春にようやく消費増税を実現しており、第一歩は踏み始めている。ただ、安倍政権が2015年10月からの再増税の先送りを表明したことで道筋は不透明さを増している。今回の中間報告では、まず、消費増税の延期、法人減税の実現に向けた動きを踏まえ、その他については現在の状況を延長する形のベースラインのシナリオを説明する。現時点で、蓋然性が高いシナリオとして提示するものである。成長シナリオに基づくシミュレーションは、15年3月の本報告で紹介する。 ・当面1%程度の実質成長は可能、しか...

2013年10月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「日本は投資過小、中国は投資過剰」の落とし穴

...なみ景気」のアナロジーから、同様の成長シナリオを描くことは難しい。日本企業が事業活動の国際化を進展させている結果、外部要因の改善に合わせて国内の設備投資や雇用を増加させる比率は低下している。日本企業の新規設備投資に対する海外直接投資の割合が、現地の産業蓄積等を背景として上昇トレンドを描き続けるとすれば、国内生産・設備投資・雇用の取り分はさらに低下する。◆資本ストック循環図を用いてアジア地域の設備投資の動向を確認すると、日本とNIEsは投資過小、中国とASEANは投資過剰との示唆が得られる。しか...

高精細映像ビジネスの最新動向と将来展望

...市場調査とコンサルティングのシード・プランニング 調査レポート発刊のお知らせ 高精細映像ビジネスの最新動向と将来展望[本書のポイント]◆ 東京五輪開催決定で拍車がかかる高精細映像ビジネスの現状と今後→ 参入事業者12社を取材◆ 撮影から送出までの業務用高精細映像機器の主要参入事業者と機器の概要→ 10分野35社の会社概要、機器取扱状況、機器概要を掲載◆ 2020年 五輪イヤーの業務用高精細映像機器市場を8分野に分けて予測→ 2つのシナリオを想定シナリオAは安定成長論、シナリオBは高度成長シナリオ...

物価動向です。

価格上昇品目数は増加も、『2%』までは距離―品目別動向から見る消費者物価の行方

...てまとめたリポートです。 第174回改訂短期経済予測(SA174R、2018年6月8日公表)、第44回中期経済予測(2018年3月23日公表)を踏まえ、3班に分かれて、異なるシナリオを描きました。 短期担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオを示しました。短期予測�@:「外需」を失い、日本経済は失速へ―米国発の貿易戦争が深刻化― 短期...

スイス中銀の通貨・金融政策を擁護する―為替相場の上限設定・撤廃はスイスに適切な判断―

...センター経済予測班による分析リポートです。このうち「番外編」は、新年度から研修を開始した企業・団体からの派遣研究生が、「第一弾」としてまとめたリポートです。 第174回改訂短期経済予測(SA174R、2018年6月8日公表)、第44回中期経済予測(2018年3月23日公表)を踏まえ、3班に分かれて、異なるシナリオを描きました。 短期担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオ...

株式市場の分析です。

手放しで評価できないアベノミクス下の株高―2000年代半ばの上昇局面から、リスク許容度は高まらず―

...訂短期経済予測(SA174R、2018年6月8日公表)、第44回中期経済予測(2018年3月23日公表)を踏まえ、3班に分かれて、異なるシナリオを描きました。 短期担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオを示しました。短期予測�@:「外需」を失い、日本経済は失速へ―米国発の貿易戦争が深刻化― 短期予測�A:アジ...

賃金についての分析です。

実質賃金伸び悩みの背景に日本特有の要因―米独と比較、著しい交易条件の悪化―

...担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオを示しました。短期予測�@:「外需」を失い、日本経済は失速へ―米国発の貿易戦争が深刻化― 短期予測�A:アジアの成長を取り込む日本経済―中国経済の「量から質への変革」に勝機― 中期予測�@:無形資産拡充で生産性向上へ―中小企業を導く2つのチカラ―バックナンバー 本田幸久<監修...

日韓の比較です。

韓国輸出産業の強さの源泉を探る―日本は貿易領土競争で出遅れ、交易条件も不利―

...センター経済予測班による分析リポートです。このうち「番外編」は、新年度から研修を開始した企業・団体からの派遣研究生が、「第一弾」としてまとめたリポートです。 第174回改訂短期経済予測(SA174R、2018年6月8日公表)、第44回中期経済予測(2018年3月23日公表)を踏まえ、3班に分かれて、異なるシナリオを描きました。 短期担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオ...

景気回復下、失業率の低下余地はあるか―事務職のミスマッチ解消が不可欠に―

...度から研修を開始した企業・団体からの派遣研究生が、「第一弾」としてまとめたリポートです。 第174回改訂短期経済予測(SA174R、2018年6月8日公表)、第44回中期経済予測(2018年3月23日公表)を踏まえ、3班に分かれて、異なるシナリオを描きました。 短期担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオを示しました。短期予測�@:「外需...

定置用蓄電システムの市場予測

...のためのビジネスモデルを模索しています。 本調査では、現在提供されている住宅用、業務用、公共産業用の蓄電システムを対象に、製品情報の整理分析と、蓄電システムメーカー、住宅メーカー、販売会社など、蓄電システム市場の主要プレイヤーへのヒアリングを行いました。これにより、2013年度年現在の蓄電システム市場の現状とトレンドを整理、分析し、2020年への成長シナリオを予測しています。 なお、本調査結果の詳細は、調査研究レポート「2014年版 定置用蓄電池/蓄電システムの市場動向調査 −普及に向けた製品戦略とビジネスモデルの模索−」(価格:160...

2014年4月6日日経BPフィードバック数:0社会/政治

オリンピック開催の経済効果は?

...り、2番目の棒グラフが開催年に比べて落ち込んでいる。一種の“燃え尽き症候群”のようなもので、最大のお祭りを終えた後に過剰に整備したインフラなど、国が負債を大きく抱えた結果、成長が減速する傾向がみてとれる。 オリンピックは将来にわたる経済成長を約束するものではない。日本も一時的な熱にとらわれず、2020年以降の成長シナリオも踏まえた開催準備をしていくことが必要だ。 データビジュアライゼーションのプロセスここからは今回のインフォグラフィック作成のプロセスを紹介したい。 今回は、世界...

電気機器に見る日本の貿易構造の変化―円高修正でも輸入超過が常態化

...174回改訂短期経済予測(SA174R、2018年6月8日公表)、第44回中期経済予測(2018年3月23日公表)を踏まえ、3班に分かれて、異なるシナリオを描きました。 短期担当の2班は、米国とその他主要国との貿易戦争を起点とした「景気低迷シナリオ」と、中国経済の「量」から「質」へのシフトが周辺国経済に好影響をもたらす「好景気シナリオ」を示しました。中期担当の班は、無形資産の活用による成長シナリオを示しました。短期予測�@:「外需」を失い、日本経済は失速へ―米国発の貿易戦争が深刻化― 短期...

2008年版モバイル広告の市場動向調査

...パラダイムが変化してしまうことも想定されます。今回の調査では、PCとは特性が異なるメディアとしてモバイルを位置づけ、PC向けインターネット広告市場との違いを明らかにしながら、モバイル独自の成長シナリオを探索します。モバイルビジネスに関連する事業者のみならず、今後新規参入を目指す事業者様のビジネスヒントとなることを目的とした資料です。 プレスリリース本レポートはプレスリリースにも掲載されました。詳細は以下のページをご覧下さい。調査目的モバイル広告市場における広告主の特徴を捉えるとともに、モバイル広告の現状と次世代の可能性を探る。調査内容【モバ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ