「成長ブランド」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、 急成長の日本ブランドは資生堂

...比77%増の692億ドルにまで成長しています。 それ以外にもNetflix(ネットフリックス)、Amazon(アマゾン)、Uber(ウーバー)が著しい成長を見せており、変化の激しいテクノロジー主導の世界で充実したブランド体験を提供する企業を、消費者がより重視していることを反映しています。図表2 急成長ブランドTop10※ランク外表示はTop100ランキングからのランク外 2019年BrandZ Top 100ブランドのブランド価値総額は、4兆7,000億ドル~ 米中の貿易摩擦は、Top100ブラ...

2017年6月9日カンター・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ

...ブランドによる生鮮食品とバリューメニューの導入や顧客タッチポイントにイノベーションを採用し、ブランド経験を向上させた成果が表れた結果となっています。BtoB(企業間取引)ブランドのトップ20 について、ブランド価値が11%も増加していることも今年の特徴です。Microsoft は10%増で1,432億ドルと成長1位を堅持し、Shell(シェル)は 23%増で183億ドルを達成、BtoB企業きっての急成長ブランドとなりました。同ランキングはまた、デジタル世界においてビジネスと消費者環境間で重複が生まれるにつれてBtoB とBtoC(企業・消費者間取引)の境界があいまいになり、BtoH(企業...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ