「所得税増税」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2011年3月23日トムソン・ロイターフィードバック数:48社会/政治

〔緊急ロイター個人投資家調査・上〕 菅政権の震災対応「不十分」が4割

...て実行には細心の注意を要すとの声が出ていた。財務省によると2月末の外貨準備高は1兆0914億8500万ドル。主に米国債などで運用しているとされる。  3番目に多かったのが「国債発行」の12.3%。従来の発行方法に加え「50年程度の日本復興債を国内外で発行する」(40代)、「日銀による国債買い取り」(30代)、「海外にもっと日本国債を売る」(50代)との意見があった。4番目は「増税」の10.2%で、「生活必需品以外にかかる消費税増税」(60代)、「所得税増税」(40代)、「目的税、時限的な災害復興税の導入」(30代)とい...

2015年2月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費税の設計シリーズ(3)~地方消費税の役割と課題~

...住民税と地方消費税の選択には税制全体を所得課税と消費課税のいずれの方向に持っていくべきかという問題が関わる。この問題を考えるためには、所得課税と消費課税それぞれの下での現役世代の勤労意欲、世代間格差などの問題を視野に入れ、効率性と公平性の両面からの望ましい課税を考える必要がある。現実の政策論議では、(個人住民税を含む)個人所得税増税と(地方消費税を含む)消費税率引き上げの議論が単純に改革の実現可能性という観点から交互に行われがちであるが、個人住民税と地方消費税のいずれを拡充すべきかという問題は、長期的な視点でみれば日本が北欧諸国のような個人住民税主体の地方税を目指すべきか、それ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ