「投資研究所」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

なぜ日本の輸出は伸びないのか~日本の輸出・投資比率が低い背景~

...コラムなぜ日本の輸出は伸びないのか高橋俊樹 (一財)国際貿易投資研究所 研究主幹 低い日本の輸出・投資比率日本のグローバル化が進展している。国内市場が頭打ちになり、成長するアジアなどの新興国市場への期待が高まっているためだ。一方では、海外への生産の移転が進み、空洞化が懸念されている。国内の雇用を減らさないためには、海外での生産を拡大しながらも、輸出を増やさなければならない。なぜならば、輸出は国内の生産を拡大させ、雇用を生み出すからである。それでは、日本の海外投資と輸出の水準は、国際...

ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から-

...ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から- 亜細亜大学 教授(一財)国際貿易投資研究所 客員研究員 第46回ASEAN経済大臣会合(AEM)および対話国との経済大臣会議、RCEP閣僚会合など一連の経済大臣会合が8月25日から27日にミャンマーの首都ネビドーで開催された。AEMでは毎年ASEAN経済共同体ブループリントの進展状況が報告されている。今回のAEMでの報告(共同声明および主要結果による(注1))の概略は次の通りである。1.82.1...

ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(1)

...ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(1) (一財)国際貿易投資研究所研究主幹 大木博巳 2013年、2012年とミャンマーの農村を訪ねる機会があった。2013年がミャンマーの中央乾燥地帯(ドライゾーン)の中心、マグウェ管区にあるミンクン村、2012年はシャン高原のタウンジー県にあるヘーホー村である。滞在はそれぞれ3日間と短かったが、農民のグループディスカッションや農家訪問を通じて、生活実態の一端を知り得た。デルタ地帯の農民の生活実態に関する情報を加味して、ミャ...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ