「拒否権」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年8月4日日立製作所★フィードバック数:0企業情報システム

生活社側の不安やメリットについての調査です。

第二回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

...前回調査よりも増加生活者情報の利活用に対する不安要因の上位は、「目的外利用の恐れ」、「利活用への拒否権の欠如」、「説明・公表不足」適切な企業体制構築の義務付けなどの施策で、不安や抵抗感が軽減される生活者が約8割2.生活者情報の利活用に関する関心や知識の度合いは低く、適切な情報公開・発信が必要生活者情報の利活用に関する事例やプライバシー保護関連の用語についての関心、知識の度合いは低い生活者情報の利活用に関心や知識がある層ほど、メリットも不安も強く感じる傾向生活者情報の利活用に関する不安を軽減する施策に関する適切な情報公開・発信が必要*2本調査結果の詳細は、添付...

2019年6月7日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

...として過半数が不安を感じるものの、適切な対策の徹底で不安は低減可能。 ・パーソナルデータ利活用に対する期待と不安の全体的な傾向は、前回調査と変わらず。年代別では、“年代が若いほど不安が少なく、年代が高いほど不安が大きい”という傾向が初めて明確に。 ・不安要因のトップ2は、前回調査と変わらず「拒否権がないこと」と「活用目的の説明・公表が不十分」。 ・「第三者提供の制限」「収集制限」「第三者による企業監査」の徹底で不安が軽減されると6割近くが回答。 ●AI(人工知能)の活用には、多くの生活者が期待。推進にあたっては、企業...

2021年1月12日日立製作所★フィードバック数:0ライフスタイル

「第五回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施

...ソナルデータの利活用に対する生活者の期待と不安の比較は、「不安が大きい」が減少し、「期待と不安が同じくらい」が増加。なかでも、高齢者層の不安減少が顕著。パーソナルデータの利活用に対する期待と不安の比較については、「同じくらいである」と回答した中間層が高い割合を示した。なかでも、60代において中間層が伸長した。不安要因のトップ2は、前回調査と変わらず「拒否権がないこと」と「活用目的の説明・公表が不十分」であった。ただし、その回答割合は低下した。企業等に求められるプライバシー保護施策について、「データの最小化」「目的の正当性及び明確化」への...

2016年12月8日日立製作所フィードバック数:0マーケティング

第三回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

...の個人を識別できる情報)に限らず、商品の購入履歴やGPSによる位置情報など広く特定の個人を識別しない情報を合わせて、パーソナルデータと定義します。 調査日:2016年9月15日、調査手法:インターネット調査、対象者:全国20〜60代男女1,030名<調査結果のポイント>●過半数がパーソナルデータの利活用に伴うリスクへの不安を回答するが、企業の適切な対策で軽減可能不安要因のトップ3は「拒否権欠如」「目的外利用のおそれ」「説明・公表不足」企業によるプライバシー対策として、「いつでも利用を停止できる」「利用終了後、適切...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ