「拡張移転」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

...確保する見込みだ。住宅市場では、駆け込み需要の反動と建設コストの上昇が、住宅着工、新築マンション販売の抑制要因となってきている。2014年の地価公示は、景況感の改善と投資資金の流入から上昇地点が顕著に増加した。東京オフィス市場は、拡張移転の動きが継続して空室率は低下基調、賃料水準については、一部では上昇も見られ、特にAクラスビルの平均賃料は、2四半期連続で上昇し本格回復に向かっている。東京都区部のマンション賃料は緩やかな上昇基調にあるが、足元は横ばいとなっている。訪日外国人客数は、1-3月の...

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期

...区ではほぼ空室がない状況にある(図表2)。東京都心Aクラスビルでは空室率が下落する一方、成約賃料(オフィスレント・インデックス)は▲3.3%の下落だった。現在、オフィスの館内増床や拡張移転に加え、建替え移転などが活発で、リーマンショック以降に発生した需給のミスマッチの解消が急速に進んでいる。今年後半は新規供給が限定的であることからも、賃料の上昇が期待できると考えている。 2│住宅着工・住宅ストック住宅着工は消費税増税前の駆け込み需要の反動減が続いている。特に、持家と分譲マンションの減少が著しく、一方、貸家は16ヶ月...

2014年6月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

Aクラスビル賃料上昇でオフィス市場は本格回復へ-不動産クォータリー・レビュー2014年第1四半期

...来のプラスに転じ、51.3%の地点が上昇した。しかしながら、地方圏では76.1%の地点で下落しており、全国の上昇地点割合は、住宅地、商業地とも2007年および2008年の水準には達していない(図表1)。東京圏で上昇率が高かった商業地は、新規開発エリアの川崎駅、武蔵小杉駅周辺、高額消費が好調であった銀座などであった。住宅地については、東京都中央区勝どき、佃、月島などでオリンピック効果による湾岸エリアの地価上昇が顕在化した。東京のオフィス市場は、拡張移転の動きが継続、空室率は低下基調となっている。三幸...

国内不動産市場の見通し~アベノミクスの後押しもあり期待利回り低下が進む見通し。出口タイミングの想定が重要に~

...的には供給抑制が見えており、一方で需要については、増加のエンジンが、館内増床やオフィスエリアの外から内への移転、自社ビルから賃貸ビルへのテナント移転であったものから、企業業績の回復に伴う拡張移転(本質的な需要増加)へと変化していくと考えられ、東京のオフィス賃料は2014年、2015年と上昇を続けると予想されます。賃貸収益の成長期待は、次第に期待利回りに折り込まれるようになると考えられます。このように、リスクプレミアムの縮小に賃貸収益の成長期待が加わり、期待利回りの一層の低下(不動産価格の上昇)が進むと考えられます。 中期...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ