調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 採用ブランディング

「採用ブランディング」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

2019年新卒採用を行う人事300人に調査

...2019年新卒採用を行う人事300人に調査!6割以上が「説明... 2019年新卒採用を行う人事300人に調査!6割以上が 「説明会前に採用ホームページを確認してほしい」8割以上が採用ホームページからエントリーがあった求職者は企業理解度が高いと回答就職・転職支援サイト『アールエイチナビ』( https://www.rh-navi.jp/ )を運営する株式会社プレシャスパートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:高崎 誠司)は、2019年度の新卒採用を行う企業の人事300人を対象に「採用ブランディング...

大学生・新卒社会人の就業観に関する調査結果 状況を見て最適キャリアを選択したい「状況観察型」が最多

...学生及び社会人2年目までを対象に「就業観に関する調査」を実施し、その分析結果をまとめました。企業の新卒採用は、少子化に伴う売り手優位の状況が続き、採用対象である学生も、スマートフォンやソーシャルメディアを使いこなすのが当たり前の世代へと移行するなど、新たな局面を迎えています。求人媒体を中心とした既存の採用手法のみでは幅広い候補者を集めることが困難になる中、採用ターゲットを明確にし、適切なメッセージ、媒体を用いてターゲットに訴求する、採用ブランディングが重要になっています。DTCではこうした課題に対し、デジタル戦略コンサルティング部門と人事コンサルティング部門が共同でデジタル採用ブランディング...

2019年6月13日Indeed Japan★★フィードバック数:0キャリアとスキル

Indeed Japan 「オウンドメディアリクルーティング」に関する実態を調査

...員数100人未満の企業では2019年4月時点で6.0%に留まり、半年間の推移も横ばいとなっています。背景として、採用ブランディングに対する意識の高い大企業を中心に、自社で戦略的にOMRを実践し始めていること、また本プロジェクトによりOMRの理解と認知が社会的に徐々に広まっていることが考えられます。※ OMR実践企業とは、本調査において、「OMRを実践している」と回答し、かつ「ジョブディスクリプション」および「シェアードバリューコンテンツ」を「発信している」と回答した企業と定義しています。OMR:「自社...

グローバル企業のテレワーク実態調査 8割の企業が「今後もテレワークを継続」そのうち半数は「半永久的」に継続と回答

...はテレワークや柔軟な労働環境に課題が存在しないという意味ではありません。働き方の柔軟性を高めることは社員のエンゲージメントを高める一因になり得ますが、社員間のコミュニケーションの制限はマイナスの効果をもたらす可能性もあります。企業はチームワークとコミュニケーションを確保するために、先を見越した積極的な取り組みが重要であることに気づいてきています。多くの企業がテレワークや柔軟な労働体制を継続する姿勢を示しているため、従業員のエンゲージメントの維持と、生産性の高い従業員のコミュニケーションに継続的に取り組むことが求められるでしょう。アフターコロナの社会において、テレワークや柔軟な労働環境は企業や採用ブランディング...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ