「採用候補者」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2021年10月18日ビットミックスフィードバック数:0企業情報システム

今話題の「リファレンスチェック」・「バックグラウンドチェック」の導入実態は!?

...概要:「中途採用活動における信用調査の必要性」に関する調査調査方法:株式会社ジャストシステム(東証一部上場) Fastask ネットリサーチ調査期間:2021年9月21日〜2021年9月24日有効回答:中途採用において決裁権を持つ経営者550名今後採用活動において信用調査が必要だと感じたことはありますか? 海外や外資系企業では既にスタンダードになっている、中途採用候補者に対しての信用調査に関して、日系企業の経営者550名へ「今後採用活動において信用調査が必要だと感じたことはありますか?」と質...

2021年9月29日ビットミックスフィードバック数:0キャリアとスキル

「採用面接や中途入社者に関して」経営者550名にアンケートを実施

...面接や中途入社者」に関する調査を行いましたので、結果をご報告させていただきます。 調査概要:「採用面接や中途入社者」に関する調査調査方法:株式会社ジャストシステム(東証一部上場) Fastask ネットリサーチ調査期間:2021年9月21日〜2021年9月24日有効回答:中途採用において決裁権を持つ経営者550名最終面接後、候補者の採用を迷われたことはありますか? 「最終面接後、候補者の採用を迷われたことはありますか?」と質問をしたところ非常にある18.6%、 少しある33.3%と約52%の経営者が最終面接後、採用候補者...

第22回Daijob Go Global Career Fair開催結果報告

...系、広告・出版・印刷等、様々な業界の企業が出展。またIT技術系、財務、事務、営業、マーケティング/PRなど募集職種も様々でした。 来場した転職希望者775人(日本人:外国人 ほぼ半数)の72%が3年以上のビジネス経験者で、国籍については日本を含む50ヶ国の方々にご来場頂き国際色豊かなイベントとなりました。 企業のキャリアフェア参加の目的は「日本人バイリンガルの採用候補を見つけたいから」と「外国人採用候補者をみつけたい」が同数で24%。今回...

2014年1月31日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況(平成24年度)

...の採用年次及び合格した採用試験の種類にとらわれた運用を行ってはならないこと等が定められているところであり、基本方針に基づく任用の状況については、新たな任用制度の政府全体としての適切な運用を確保するとともに、国民の信頼を確保する観点から、任命権者及び内閣総理大臣において公表することとしています。本公表は、基本方針に基づき、内閣総理大臣が平成24年度の政府全体の任用の状況についてフォローアップするものです。 1 多様な人材の採用について(1) 採用候補者名簿による採用の状況平成24年度の採用者の多かった大学・学部等出身者の採用者全体に占める割合は、I種(事務系区分)では東京大学法学部(58人...

2021年7月5日アッテルフィードバック数:0ビジネス

日本企業のピープルアナリティクス現状調査

...<日本企業のピープルアナリティクス現状調査>ピープルアナリティクスを知っている担当者はたった38% データを蓄積していても、多くが成果に繋がっていない現状も明らかに ~注目度のあるピープルアナリティクスはアッテルのデータ分析で可能~ AI(機械学習)が採用候補者の入社後活躍・退職確率を予測する将来予測型ピープルアナリティクスサービス「アッテル(Attelu)」を展開する株式会社アッテル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:塚本 鋭)は、この度、人事担当者にインターネット調査を行い、日本...

2021年7月28日MyReferフィードバック数:0キャリアとスキル

コロナ禍のリファラル採用調査

...%)、「友人が落ちたら気まずい」(26.0%)、「採用の責任を負いたくない」(21.2%)がハードルになっています。紹介における手間や不安を減らす工夫が必要です。■株式会社MyRefer 代表取締役社長CEO 鈴木貴史 コメントコロナ禍での企業成長のために、より自社にマッチした優秀な人材を獲得することが求められています。オンラインでの情報が溢れる今、企業からの一方通行の情報流通では採用候補者に届かず、いかに“人とのつながり”から生々しい信頼できる情報を届けるかが重要になっています。今回...

2020年1月16日ヌーラボフィードバック数:0ビジネス

業務ツールと働きやすさに関する調査

...思決定に影響しますか?」について尋ねました。その結果、「大きく影響する」「少し影響する」を合わせた回答率は75.6%との結果になりました。6割以上の回答者が「転職を検討する理由になり得る」と考えているという結果と同様に、採用候補者が転職先を決定する上で、業務ツールの状況は無視できない程度に影響すると考えられます。*「業務ツールの状況」の注釈には、「業務ツールの導入有無や、チームがツールを使いこなせているかどうか」と記載した。■92.0%が「情報共有系のコミュニケーションツールは不可欠」と回...

2021年6月18日ネットオンフィードバック数:0キャリアとスキル

履歴書の形式についての実態調査

...傾向は地方企業で強く表れることも、データから読み取れるでしょう。今後、履歴書のデジタル化は徐々に進んでいくと予想されます。現に6割以上の企業担当者が「履歴書はデジタル化が進む」と考えており、企業側でも履歴書のDXへの関心・意欲は高いことが分かります。履歴書のデジタル化が進めば、採用にかかるコストを削減できるだけではありません。採用候補者のデータから、自社に応募のあった人材の傾向などを分析し、採用マーケティングにつなげることも可能です。特に採用に大規模な予算をかけづらい中小企業では、効率...

マネジメントにおける無意識な偏見(アンコンシャス・バイアス)の測定調査結果を発表

...採用におけるアンコンシャス・バイアス 同じ経験・スキルの中途採用候補者を選ぶにあたり、どの間接的要素がどのくらい影響しているかをみたところ、最も強いバイアスは候補者の「転職回数」、次に強いのは「年齢」となった。採用の判断に与える間接的要素全体の影響を100とすると、「転職回数」は21.7%、「年齢」は19.3%影響している。 「転職回数」についてみると、4回目の転職以降(過去3回転職済み)が大きくマイナス。転職3回目と4回目との差は、出身大学偏差値が10下がるのと同程度の差である。 「年齢」についてみると、35歳以...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ