「採用対象」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2018年2月5日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

マイナビ企業人材ニーズ調査

...「短大」「専門学校」「高専」卒の採用意欲が高まり、新卒採用対象が拡大。4月の法改正を前に、約3割の企業が障がい者雇用改善のアクションを実施株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、国内企業を対象に新卒・中途・契約社員などの採用ニーズについてまとめた「マイナビ企業人材ニーズ調査」を発表しました。本調査は今回が2年目...

2013年10月3日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

既卒者の調査です。

2013年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

...ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2013年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査」を発表~ 既卒者の内定率は改善されているものの、活動量・満足度はともに低い結果に。「既卒者を採用対象としている企業を探すのに苦労している」既卒者は、約8割 ~ 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、『マイナビ2014』に登録している既卒者を対象にした「2013年度...

2011年5月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年4月デザイナー職採用動向

...を拡大しているSAPではWEBデザインとグラフィックデザインそれぞれの部署を独立させる動きが見られるようになりました。<今後の見通し> 4月は年齢に応じた経験があれば可とする採用方針が多く見られ、20代前半の若手ポテンシャル層から30代後半~40代のベテラン層まで採用対象が拡大しました。採用が活発化してきている証拠であり、幅広い年齢層に転職のチャンスがあるでしょう。◆IT転職ナビ◆IT・インターネット・ゲーム業界転職支援━━ 会社...

2013年4月17日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の調査です。

2014年卒マイナビ企業新卒採用予定調査

...す」が「減らす」を上回る(参照:参考グラフ①) 2014年卒の新卒採用予定数は、採用対象別の増減を見てみると、大学(文系)、大学(理系)、大学院(理系)、短期大学、専門学校、高等専門学校、高等学校のすべてのカテゴリーで「増やす」の回答が「減らす」の回答を上回った。「増やす」と回答した割合は、大学(文系)が前年比4.2pt増の21.3%、大学(理系)が前年比4.7pt増の23.8%、大学院(理系)が前年比2.0pt増の13.4%で、いずれも前年(2013年卒)を上回り、採用...

2014年4月16日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年卒の採用予定です。

2015年卒マイナビ企業新卒採用予定調査

...「大学(理系)」は「増やす」が対前年度比5.2pt増と大きく増加した上、「減らす」も減少し、「増やす」と「減らす」の差が大きく開く結果(25.2pt)となった。大学卒(院卒含む)の2015年卒採用予定数を2014年卒入社予定数と比較すると、前年度の入社予定数を上回る回答が多く、全体平均で15.1%の増加、上場企業では12.3%の増加となった。① 新卒採用予定数(採用対象別) 新卒採用予定数(前年度との比較)■非上場で「徹底して質」が減少し「量よりは質」が増加。一部で「量の確保」も考慮する動き(参照...

大学生・新卒社会人の就業観に関する調査結果 状況を見て最適キャリアを選択したい「状況観察型」が最多

...学生及び社会人2年目までを対象に「就業観に関する調査」を実施し、その分析結果をまとめました。企業の新卒採用は、少子化に伴う売り手優位の状況が続き、採用対象である学生も、スマートフォンやソーシャルメディアを使いこなすのが当たり前の世代へと移行するなど、新たな局面を迎えています。求人媒体を中心とした既存の採用手法のみでは幅広い候補者を集めることが困難になる中、採用ターゲットを明確にし、適切なメッセージ、媒体を用いてターゲットに訴求する、採用ブランディングが重要になっています。DTCではこうした課題に対し、デジ...

2014年11月13日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

人事担当者対象の調査です。

「中途採用の採用基準」についてアンケート調査

...(2013年)との違いについてお答えください。3:26%の企業が昨年から採用基準を変更。採用対象者は即戦力と未経験に二極化。(図4・図5)中途採用を実施した方に、「昨年(2013年)と採用基準を変更されましたか?」と質問をしたところ、26%の方が「変更した」と回答。具体的にどのように採用基準を変更したかについては、もっとも多かった意見が「必要スキルの経験年数」(74%)。次いで、「能力」(60%)、「職歴」(40%)という結果になりました。 具体的には、理由が2点挙げられています。1点目は『即戦...

2015年9月17日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「中途採用の採用基準」についてアンケート調査

...でと同じクオリティの方を採用しようとすることは困難になってしまった為、求める能力を下げることになりました。(メーカー) •応募者が減少。採用者数を確保するために採用基準を変更。(サービス関連) •業界全体で、経験者が圧倒的に不足。経験者だけ追いかけても充足できないため、工学系(素養あり)であれば未経験も採用対象に追加。あとは社内で育成していく覚悟をした。(メーカー)必要スキルの経験年数と回答した企業 •過去の経験よりも将来の伸びを重視するようになりました。(旅行関連) •技術職の募集についてはある程度の技術的能力を必須としており課題提出を義務づけていたが、非常...

2015年7月22日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「ミドル・ホワイトカラーの転職の実態」についてアンケート

...「増えている」と回答。「減っている」は0%となり、企業のミドルに対する採用意欲の高さがうかがえる結果となりました。採用難な状況から、即戦力となる経験者を確保するためには年齢を問わずに採用対象を広げている企業が多いことなどが背景にあるようです。 ミドルの転職パターンとして多いのは「大手企業→中小企業」が74%で最多、次いで「中小企業→中小企業」が52%と中小企業への転職が多い状況です。また、ミドルの採用が多い職種の第1位は「経営・経営企画・事業企画系」(60%)ということから、成長...

「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果及び「働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果

...を緩和するための対策への取組状況を尋ねると、61.9%の企業が「取り組んでいる」と回答した。具体的には(複数回答)、「中途採用を強化する(採用チャネルの多様化、応募要件の緩和等含む)」や「採用対象の拡大を図る」のほか、「新卒採用を強化する(通年採用化、新卒定義の拡大、インターンシップの受入れ強化等含む)」「業務の効率化を進める(無駄な業務の削減、仕事の分担・進め方の見直し等)」「募集賃金を引き上げる」「定年の延長や再雇用等による雇用延長を進める」等が多く挙がった(図表3)。 こうしたなか、人材(人手)不足を緩和するための対策に既に「取り...

2016年12月15日リクルートフィードバック数:0マーケティング

2017年のトレンド予測

...まだキャリアの浅い若年層においても即戦力が求められる傾向が強かった従来の中途採用。しかし、近年、入社前後の手厚い育成を前提とした「育成枠採用」を行う企業が増えている。スキルや職務経験を補うために、企業側ではインターンや研修制度の活用・改善、業務の定型化・汎用化といった受入・育成の仕組み整備が急ピッチで進んでおり、従来は難しかった異業種・異職種へのチャレンジが次々と実現し始めている。 背景人材不足を背景に、企業の採用対象の拡大や行政の後押しによって、 20代でまだキャリアの浅い若手の中途採用市場に変化が生まれてきた。今年の調査では、「採用対象の拡大を図る」と考えている企業は約56...

2012年8月2日マイナビ★フィードバック数:4キャリアとスキル

今年の新卒採用・就職活動の総括です。

2012年度 就職戦線総括

...の「らしさ」を的確に伝えることが重要となる。限られた期間で採用対象学生に自社の認知を高め、志望度を入社意欲にまで向上させるには、学生対応が可能な社員の育成が重要となる。2014年卒以降も、議論が始まった秋入学への対応や、後半における選考機会創出の必要性が高まると予想される。今後は、広報活動開始前の活動の在り方と併せて、通年化を視野に入れた採用計画の見直しが求められるのではないだろうか。≪ 参考資料1 ≫ 【注目されるインターンシップの現状】2013年卒学生の自社や業界への興味・関心...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ