「改正薬事法」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2011年11月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

医薬品の購入(第3回) 薬事法改正による不満点は「ネットで購入できなくなった」がトップ

...インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへふだん購入している市販の医薬品は「風邪薬」「目薬」「解熱鎮痛剤」などが多い。医薬品購入者のうちコンビニで買う人は0.8% 市販の医薬品購入時の場所選択ポイントは「安い価格で購入できる」「欲しいときにすぐ購入できる」が上位2位 改正薬事法施行を「知っている」は66.0%で、2009年調査時よりも減少 薬事法改正による満足点・不満点は「インターネットで購入できなくなった」「薬剤師不在で購入できないことがあった」「スー...

2016年7月9日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2016年)

...他化粧品を製造する市場を指し、化粧品受託製造企業の事業者売上高ベースで市場規模を算出した。調査結果サマリー◆2015年度の化粧品受託製造市場は、前年度比105.5%の2,403億円2015年度の国内化粧品受託製造の市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比105.5%の2,403億円となった。化粧品受託製造市場が拡大している要因としては、2005年の改正薬事法施行を背景として、化粧品ブランドメーカーの製造のアウトソーシングの進行、訪日外国人客によるインバウンド需要の拡大、アジア諸国を中心とした日本製化粧品の輸出増加の3つが...

2014年7月15日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品受託製造市場に関する調査結果2014

...品受託製造事業者の売上高ベースで市場規模を算出した。調査結果サマリー◆2013年度の化粧品受託製造市場規模は、前年度比105.3%の2,196億円2013年度の国内化粧品受託製造の市場規模は前年度比105.3%の2,196億円(事業者売上高ベース)となった。化粧品受託製造市場が順調に拡大している要因としては、2005年の改正薬事法施行により化粧品製造のアウトソーシングの要件が大幅に緩和されたこと、製品群の増加や製販分離の動きに伴う化粧品ブランドメーカーの外部委託化の進行、化粧品市場への異業種参入企業の増加の3 つが挙げられる。◆受託...

2017年8月2日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2017年)

...他化粧品を製造する市場を指し、化粧品受託製造企業の事業者売上高ベースで市場規模を算出した。調査結果サマリー◆2016年度の化粧品受託製造市場は、前年度比109.5%の2,631億円と大きく伸長2016年度の国内化粧品受託製造の市場規模(事業者売上高ベース)は前年度比109.5%の2,631億円となった。2005年の改正薬事法施行以降、既存の化粧品ブランドメーカーのほか、新規参入企業からの製造のアウトソーシングが進んでおり、加えてここ数年来の訪日外国人客によるインバウンド需要と、アジア地域への輸出(アウトバウンド需要)の拡...

2018年10月3日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

化粧品受託製造市場に関する調査

...国内外の日本製化粧品需要拡大により増産トレンドが顕在化 ~化粧品受託製造・容器・原料における各参入企業は供給体制に尽力~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内化粧品受託製造市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度の化粧品受託製造市場規模は事業者売上高ベースで、前年度比110.2%の2,900億円と大幅に拡大した。この背景には改正薬事法施行による規制緩和で製販分離政策がとられたことから、化粧...

2018年11月28日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

医薬品原薬・中間体市場に関する調査を実施(2018年)

...においても品質と価格に対する製薬企業の要求は高かったが、医薬品の特質もあり、より品質に対する意識が高かった。しかし、医療費抑制策の強化、新薬承認数や大型新薬の減少、主力品の特許失効など製薬企業を取り巻く環境の変化に加え、2005年の改正薬事法施行に伴いインドや中国、韓国など安価な海外企業の日本市場進出強化などにより、製薬企業の意識も品質と価格のバランスをより重視するように変化している。3.将来展望 今後の医薬品原薬・中間体市場を予測する上で、成長要因と阻害要因を検討する必要がある。成長要因としては、大手...

診断支援ソフトウェアの市場予測

...) 臨床の医師が薬事品の使用を敬遠するロ) 日々進化する最新のソフトウェア機能が追加できず、機器の機能が陳腐化するハ) 企業側の製造コスト、病院側の導入・更新コストがかさむニ) 薬事・非薬事があいまいな領域(グレイ領域)を発生させているといった点が問題になっており、薬事法改正後のソフトウェア薬事がこれらのブレイクスルーとして期待される。 2013 年11 月20 日に成立した改正薬事法では、これまで医療機器に組み込まれた形で扱われてきた医療用ソフトウェア(プログラム)が単体で流通可能となる。また...

再生・細胞医療研究の現状とビジネスの展望

...を中心とする再生医療の分野は、iPS細胞を使った再生医療の研究施設・設備整備への支援などが盛り込まれるなど国の後押しもあります。さらに、2014年11月には改正薬事法「医薬品医療機器法」および「再生医療等安全性確保法」が同時施行され、再生医療の実用化、新産業形成に向けての動きがさらに加速すると期待されています。 2014年9月には、滲出性加齢黄斑変性患者に対して、世界で初めてiPS細胞を用いた網膜細胞の移植手術が実施されました。また、2016年度にはiPS細胞を用いた新たな治験届提出計画もあることから、iPS細胞...

2014年9月26日三菱総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

再生医療市場-市場の現状と今後の課題-

...再生医療市場戦略コンサルティング本部 産業戦略グループ林直樹1. はじめに再生医療は、主に病気、けが、障害などで失われた人体組織とその機能を組織再建や細胞治療により回復させる治療法である。将来的には、糖尿病や腎不全など従来は治療法が存在しない疾患の根本治療が可能になると期待されている。国内では、京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞を樹立し、ノーベル賞を受賞したことで再生医療に注目が集まった。また、2013年11月には、再生医療に用いる製品を従来の医薬品とは異なる新たな分野として定義した改正薬事法...

2012年12月27日東京商工リサーチフィードバック数:12ビジネス

売上高100億円以上の「小売業」動向調査 ~ 「ホームセンター、家電」 10年前に比べ売上高平均1.7倍増 ~

...地の量販店を買収するなどして急速に成長してきた。省エネ家電、タブレット型パソコン、スマートフォン等の需要で業績を伸ばしてきたが、エコポイントの終了、地デジ化に伴うテレビ需要が一巡し、2011年度は減速した。 「ドラッグストア」は社数で若干の乱高下があるが全般的には増加傾向で、売上高は2002年度以降伸び続けている。ドラッグストアは1997年に定価販売を義務付ける法律が廃止されたことから、低価格を武器にシェアを拡大している。医薬品だけでなく化粧品、日用品雑貨、食品を取り揃えスーパーとの差別化を図っている。ただし、2009年6月に改正薬事法...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ