調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 数値シミュレーション

「数値シミュレーション」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年12月12日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

Technologyと2030年の「働く」

...人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所Technologyと2030年の「働く」 IoT、AI、ロボティクス…テクノロジーの進化は、私たちの仕事を奪うのか?それとも新たな仕事を生み、発展的なキャリア形成を可能にするのか?テクノロジーとともに生き生きと働ける2030年を目指し、数値シミュレーションを踏まえ、新しいワークモデルを提示する。 報告書・論文プロジェクトリーダープロジェクトメンバー大久保幸夫(所長)中尾隆一郎(主幹研究員)久米功一(主任研究員/主任...

2018年3月12日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成29年12月以降の低温と大雪の要因について(速報)

...ドネシア付近の積雲対流活動が平年よりも活発だったことが影響したと考えられます(図)。これはラニーニャ現象時に典型的な特徴であり、数値シミュレーションでも確認できたことから、 昨年(平成29年)秋以降続いているとみられるラニーニャ現象が、日本付近への寒気の流入の要因の一つと考えられます。今冬の日本付近への寒気の流入の要因について、高緯度の偏西風の蛇行や北極海の海氷の影響等の観点から、 本年3月に予定している異常気象分析検討会にて詳細に分析します。 異常気象分析検討会の日程は、決まり次第お知らせいたします。平成29年12月以...

2014年7月27日気象庁★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気象庁のまとめです。

ヒートアイランド監視報告(平成25年)~2013年8月の高温に与えた都市化の影響について~

...キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 ヒートアイランド監視報告(平成25年) 〜2013年8月の高温に与えた都市化の影響について〜報道発表日平成26年7月24日概要関東・近畿・東海地方などの都市における都市化による気温上昇等について調査を行い、「ヒートアイランド監視報告(平成25年)」として取りまとめました。本文本報告では、数値シミュレーションの解析結果から、東日本と西日本で平均気温がかなり高くなった2013年8月は、平均気温が30℃以上の高温域や、30℃以上の累積時間が200...

2014年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

日本の汽水湖~汽水湖の水環境の現状と保全~

...や底層の溶存酸素量などの状況に応じた順応的な対策等を進めることが重要であると考えられる。○汽水湖環境を評価するためには、特性を踏まえた目安づくりが課題となる。本資料では、生物の生息環境を勘案して塩分や溶存酸素量における目安を検討した。○効果や実用性を踏まえて、塩分調節、底層貧酸素化抑制や底質環境改善、生態系機能を活用した対策、流域対策などの特徴や事例を整理した。○調査については、「[1]汽水湖の環境を捉えるための調査」と、「[2]対策効果を捉えるためのモニタリング調査」に分けて考え方をとりまとめた。また湖水流動・水質の数値シミュレーションの考え方(留意点)をとりまとめた。○保全...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ