「文書化」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年9月21日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire Black Hat 2016 調査: ランサムウェアとフィッシング詐欺

...ホームページ » Tripwire Black Hat 2016 調査: ランサムウェアとフィッシング詐欺 Tripwire Black Hat 2016 調査: ランサムウェアとフィッシング詐欺Black Hat USA 2016 に参加した 220 人超の情報セキュリティプロフェッショナルが、Tripwireが行った調査に参加しました。ランサムウェア感染からのリカバリについては、データの復旧手順から身代金の支払いまで、しっかりと文書化されています。 企業...

2008年7月28日日本総研★★★フィードバック数:0企業情報システム

日本総研による内部統制に関する企業を対象としたアンケート結果です。

内部統制の整備活動状況についての上場企業アンケート

...の会社が外部機関の支援を受けている。会社独自で実施基準を解釈し適応することが困難であったと思われる。3月期決算会社の進捗状況は、文書化完了までが40~55%となっており、評価の実施はこれからという状況である。また、評価体制の整備など社内でのJ-SOX対応では、規模の小さい会社ほどその負担が大きい。  重要拠点の選定基準となる指標の採用についても各社間のバラツキが多い。量的基準としての売上高のみの単一指標を採用しているのは半数強であり、他は複数の指標を質的重要性の判断のもとに採用している。同様に決算財務報告プロセスの文書化本数、その他の業務プロセスの文書化...

ファミリービジネスサーベイ2016 日本分析版

...答、また、「承継計画はない」との回答は日本とグローバルともに4割程度という結果になりました。一方、「具体的な承継計画を整備し、文書化、周知している」は、グローバルが15%、日本はわずか2%といった回答でした。親族間の紛争解決の仕組み親族間紛争に対する備えについては、「親族間紛争に対応するための手順や仕組みがある」と回答した日本のファミリービジネス企業は45%にとどまりました(グローバル82%)デジタル化への対応「デジタルが企業文化に浸透している」では、グローバル56%に対し、日本は10%、また、「デジ...

2017年10月16日ディーバフィードバック数:0社会/政治

2017年版BEPS対応状況調査レポート

...行動計画15の第13項「移転価格文書化の再検討」において、提出が求められている多国籍企業の国別の所得、納税額、事業活動のグローバルな配分に関する文書です。下記の免除要件を除く全ての企業グループに提出が求められています。直近事業年度の年間連結グループ収入が7億5千万ユーロ(※)未満の多国籍企業グループ(※7億5千万ユーロ=約1000億円)第13項では、国別報告書のほか、マスターファイル(多国籍企業グループ全体に共通する基本情報)・とローカルファイル(外関...

2016年12月10日ディーバフィードバック数:0ビジネス

BEPS対応状況調査レポート

... by Country Report /CbCレポート)はBEPS行動計画15の第13項「移転価格文書化の再検討」において、提出が求められている多国籍企業の国別の所得、納税額、事業活動のグローバルな配分に関する文書です。下記の免除要件を除く全ての企業グループに提出が求められています。直近事業年度の年間連結グループ収入が7億5千万ユーロ(※)未満の多国籍企業グループ(※7億5千万ユーロ=約1000億円)第13項では、国別報告書のほか、マスターファイル(多国籍企業グループ全体に共通する基本情報)・とロ...

データ復旧業界の市場規模についての調査結果

...データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2010/10/21データ復旧の業界団体である「日本データ復旧協会」(住所:東京都港区、理事長:濱田兼幸、以下日本データ復旧協会)は、活動初年度である本年の協会活動の一環として、まず協会加盟会社の持つデータをまとめながら、データ復旧業界そのものの市場規模(データ復旧依頼検討台数)を発表いたしました。現在、ICT(Information & Communication Technology)時代における「電子文書化」または「電子カルテ」など、社会...

2015年9月25日IPAフィードバック数:0ビジネス

ソフトウェア開発データが語るメッセージ2015

...公開した「ソフトウェア開発データが語るメッセージ2015」(以下、本書)は、ソフトウェアの信頼性をより一層向上させることを目的に、これまで公開されてきた統計データでは示されていなかった「ベスト・プラクティスをヒントに改善を図る」という点に着目し、IPAが保有する3,541件のプロジェクトデータを分析し、そこから得られたベスト・プラクティスの傾向やソフトウェア開発における品質マネジメント(*3)の指針を取りまとめたものです。本書は「ベスト・プラクティスでは、設計の文書化・レビュー・テス...

2016年7月4日SAS★★フィードバック数:0企業情報システム

変化する企業のBI活用の現状と課題:セルフサービス環境をビジネス変革につなげる要件とは

...タルメディアを通じたマネージド・セルフサービスBIの認知向上キャンペーンデータ・ガバナンス・フレームワークの文書化とウェブサイトを通じた無料配布導入や運用のコツを具体的に解説するセミナーの実施(セミナーの詳細はこちらからご覧いただけます)SASの代表取締役社長、堀田徹哉は「マネージド・セルフサービスBIは、放置されがちなセルフサービスBIのデータ管理に秩序をもたらします。これによってIT部門は安心してユーザー部門に展開することが可能となり、また経営者は自信を持って判断をくだすことができるようになります。我々はこれからも、デー...

2017年4月13日アドビ システムズフィードバック数:0キャリアとスキル

Performance Reviews Get a Failing Grade(パフォーマンスレビューに不合格判定)

...リアアップについて話し合います。従来型の年次の人事評価を廃止する前は、数値による評価、ランク付け、評価を文書化して提出する厳格な手続きを行っていましたが、「チェックイン」導入後、以前のプロセスで必要だったマネージャーの所要時間を最初の1年間で8万時間(フルタイム従業員40人分)削減しました。従業員数が増加した現在、マネージャーが人事評価にかける時間を年10万時間以上削減していると推定しています。また、従業員に関しては、意欲、定着率が高まり、自らパフォーマンス管理ができるようになりました。アドビのCustomer...

2014年4月11日Resorzフィードバック数:0ビジネス

海外進出に関するアンケート

...海外ビジネスサイトを活用した企業も「48%」という高い数値を示しました。この理由としては「情報がすぐ取り出せること」であると推測できます。そして、国内で文書化されていないような現地の生の情報が得られることや、情報の新鮮さという点も大きな理由となっています。こうした海外ビジネスサイトは近年増えてきており、今後も活用が広がっていくと考えられます。付随して、ネットサービスの活用という点では「メールマガジン(22%)」という回答結果も出ていました。続いて、JETROなど国営の進出支援機関の利用が46%で3位となったポイントとしては、知名...

2017年12月27日Genpactフィードバック数:0ビジネス

世界300人の経営者を対象にAIに関する調査

...セントにとどまります。• 先行企業の半数以上(53パーセント)は新規スキル獲得のためのトレーニングと開発の文化を促進していますが、後進企業では15パーセントに過ぎません。• 先行企業の約60パーセントは、中間管理職が独創的に思考し、イノベーションを奨励していると回答しましたが、後進企業では14パーセントにとどまります。AIの先行企業はプロセスにも大きな重点を置いています。• 先行企業の3分の2には、十分に文書化され、標準オペレーション手順を備えたプロセスとシステムがありますが、後進企業では20パー...

2021年までに企業間のプライベート接続は インターネットの10倍のペースで増加

...フラストラクチャーを構築できます。(※9) インターコネクションの4ユースケースは、世界の1,800社以上の業界導入事例の分析によって開発されました。IOA(R) Knowledge Baseに文書化され、ITの専門家と業界エキスパートによって検証されています。○ネットワーク最適化:ユーザーとサービスアプリケーションの間の距離を短縮します。○ハイブリッドマルチクラウド:複数のクラウドとプライベートITインフラストラクチャーの間のトラフィックを接続およびセグメント化します。○分散セキュリティ:デジ...

2020年5月19日EMCジャパンフィードバック数:0企業情報システム

パンデミックにおけるRSAの組織支援事例

...は州境を越えて医療を提供できるようになりました(*1)。4つの州で小児病院や診療所を運営している大手の小児医療プロバイダーは、迅速に医療支援をすべく、州境を越えて1,500人の医師に一時的な免許供与と資格認定を開始しました。このプロバイダーはRSAの支援を得て、各州に分散していた最高医務責任者(Chief Medical Officer)から承認を得る煩雑なプロセスを合理化し、適切な報告書を作成して、パンデミック後の監査にも対応しうる文書化要件に準拠することができました。これには「RSA Archer(R) Integrated Risk...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ