「旅行需要」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年4月13日鳥取県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年度県内空港国内便の利用者数

... ※1日6便又は5便中1便が大型化※ANA鳥取便、米子便とも、旅客状況に応じて随時機材大型化対応 (5)鳥取砂丘コナン空港ANA便の5便化、米子鬼太郎空港スカイマーク路線拡大、鳥取砂丘コナン空港愛称化等に伴うメディア広報、露出対策の強化よる山陰旅行需要拡大 (6)うっとり鳥取キャンペーン「鳥取美人物語」をはじめとする首都圏、各就航地向け情報発信、利用促進対策等の強化...

多くの旅行需要が期待される『春節』休暇

...概要、運用や責任投資についての方針などを掲載しています。 ホーム マーケット情報・レポート マーケットレポート マーケット・キーワード 多くの旅行需要が期待される『春節』休暇 多くの旅行需要が期待される『春節』休暇2019年01月30日<今日のキーワード> 『春節』は、中国の三大節句(『春節』・端午節・中秋節)の一つで、旧暦の元旦(旧正月)のことです。旧暦のため、『春節』の期日は年によって変わりますが、毎年概ね1月半ば~2月半ばの期間となります。2019年の『春節』は2月5日で、休暇期間は2...

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望

...数の増加や新設店効果などから好調に推移し、観光関連も景気回復や外国客の旺盛な旅行需要などから好調に推移するものとみられる。建設も公共工事の大型案件の本格稼働などから概ね好調に推移するものと見込まれ、全体として拡大の動きが強まろう。○個人消費は、人口・世帯数の増加や大型商業施設の開業、店舗リニュ-アル効果などにより、前年にも増して、好調な動きになるものとみられる。○建設関連は、公共工事は沖縄振興予算が引き続き高水準を維持することから好調に推移し、民間工事は、住宅着工や企業の建設投資の需要も高いことから、全体...

2017年8月3日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

遊園地・テーマパーク経営企業の実態調査(2016年決算)

...2017/7/26遊園地・テーマパーク経営企業の実態調査(2016年決算)2016年の収入高合計、前年比微増〜 近畿、中国、四国好調、引き続きインバウンドの取り込み課題 〜はじめに待ちに待った夏休み。政府は「キッズウィーク」の検討を発表し、2018年の実施を目指している。「キッズウィーク」に合わせて家族が休めるように企業にも協力を求めるとのことで、旅行需要・観光産業の活性化も期待される。2017年は4月に名古屋で新たな大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」の開園や、埼玉では7月に「ムー...

2015年7月27日地球の歩き方T&Eフィードバック数:0大型消費/投資

この夏 ドコ行く (海外) 2015

...) 』 の調査結果を発表しました。「地球の歩き方」WEBサイトにて公開中です。 地球の歩き方ユーザーアンケート 『 この夏 ドコ行く (海外) 2015 』※同調査の 国内版 『この夏 ドコ行く 2015(国内)』の調査結果も8月5日に発表予定です。自由な海外旅行を提案してきた『地球の歩き方』。円安の影響を受け、インバウンドは好調ながらも、海外旅行需要が厳しい昨今、日本人の夏の海外旅行傾向は? 今回も、例年行っている、夏の旅行計画の結果を報告します。「この夏どこに行きますか?」という設問で聞き、択一...

2015年6月18日日本政府観光局★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

5月の訪日外客数は前年同月比49.6%増の164万2千人!

...アジアタイは、前年同月比 30.1%増の 81,000 人と、5 月単月としては過去最高を記録し、順調な伸びを示した。ソンクラーン休暇後の 5 月は例年オフシーズンとされるが、今年は 5 月 1日~5 日が 5 連休となり、円安傾向の持続と相まって更なる旅行需要の増加につながった。タイの航空会社各社に通達された新規就航便や機材の変更等の認可凍結について、増便やチャーター便に対する時限的措置が延期されたこと、また、タイ・エアアジア X が 5 月 1日からマレーシア国籍の機材によりバンコク-札幌...

2014年4月1日楽天フィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィークの海外旅行動向

...)~5月7日(火))となります。【ハイライト】 - 海外宿泊(人泊数): +10.4% - 前年同期比ランキング:1位 ベトナム +101.4%2位 グアム +50.5%3位 ハワイ +50.4%【今年のゴールデンウィークの特徴】前年同期比+10.4%と海外旅行が好調。円安や連休の影響により、近場のエリアや温暖なリゾートが人気 - 年代別では30代の需要が顕著な伸び - 女性の海外旅行需要が全体の数字を押し上げ - 海外ハネムーンの思い出を再び。50代、60代のハワイ人気が再熱!? - 宿泊予約は1...

2015年9月16日日本政府観光局フィードバック数:0大型消費/投資

2015年8月の訪日外客数

...旅行を中心としたパッケージ、個人旅行(FIT)双方の需要が増加。既存の路線に加え、主に北海道を目的地とするチャーター便も多数運航された。MERSによる旅行控えの反動も含めた旺盛な訪日需要が、大幅な増加に繋がった。夏のピークを見据えて実施した若者層向けの雑誌記事掲載、ソーシャルコマースとの連携等、時宜を得た訪日プロモーションも奏功した。● 中国は、前年同月比 133.1%増の 591,500 人で、単月として過去最高を更新、7 月に続いて 50万人台を記録した。急激な訪日客数増加の背景には、円安に伴うショッピング人気や夏休みの家族旅行需要...

ゴールデンウィークについての調査です。

2015年のGW旅行計画に関するアンケート

...~10万円以内を目処に検討しているユーザーが最も多く、旅行にかける予算が高まっている傾向です。日帰り旅行よりも、数日を利用した宿泊旅行需要が伺えます。また、人気の旅行先として、国内は北海道のほか海開きをする沖縄が上位に、北陸新幹線の開通で人気を集める金沢もランクインしました。海外については、ハワイが圧倒的な人気を集めたほか、アジア近郊が注目された結果となっています。旅行の予約・手配の手段については、これまで主流であったパッケージ旅行を上回り、交通と宿泊を個別に予約する、より...

2013年4月5日楽天フィードバック数:1大型消費/投資

2013年ゴールデンウィークの旅行動向

...替え工事を終えて装い新たに開場した銀座「歌舞伎座」、3月にオープンした丸の内「KITTE」など依然注目の集まる東京都は前年比+25.3%、また先月より東横線と副都心線の相互直通運転により流動性が高まった埼玉県は同+52.4%、さらに東京ディズニーランドⓇ開園30周年などイベント需要も手伝って、首都圏への旅行需要が高まっています。【海外旅行トピックス】■近隣都市やリゾートを選ぶ旅行者が伸長 中国や韓国は未だ需要回復までには至っておらず厳しい状況が続いていますが、シンガポール前年比+43.8%、タイ 同+41.0%や台湾 同+25.1%など...

2011年12月14日MM総研★フィードバック数:1デジタル家電

ボーナスでのデジタル家電購入意向です。

ITデジタル家電購入意向調査(2011年冬ボーナス商戦編)

...ント減の19.7%となり、明暗が分かれた。「ITデジタル家電」は40.6%と、昨冬比では変わらずという結果となっている。「国内旅行」は自粛ムードの反動や、九州新幹線の開業に伴う九州方面への旅行の増加、東日本大震災後に大きく落ち込んだ東北方面への旅行需要の回復が購入意向増加に寄与しているとみられる。一方「海外旅行」は記録的な円高や国内空港でのLCC(格安航空会社)就航の増加などにより、海外旅行費が割安になっていることが寄与しているとみられる。今年の冬ボーナスで購入したいITデジタル家電は、「パソコン」が14...

2014年6月11日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

44年ぶりに黒字となった旅行収支 ~旅行収支の改善は今後も続く見込み~

...の海外旅行離れや旅行の短期化などを背景とした支払の減少によるものである。こうした傾向は今後しばらくは継続することが予想される。特に受取については、政府が訪日外国人数 3000 万人を目標としていることや 2020 年のオリンピック開催などを背景に外国人の受け入れ態勢の取り組みが加速することが見込まれ、増加基調で推移する公算が大きい。そこで、受取額、支払額を足元の伸びで延長してみると、旅行収支は 2015 年に暦年でも黒字化することが見込まれる(図表9)。また、2014 年入り後の訪日外客数の高い伸びが続く一方で、消費税率引き上げによる節約志向の高まりなどから海外旅行需要...

2019年ゴールデンウィーク(4/27~5/6出発)国内旅行予約動向

...き」となり、GW明けの「梅雨入り」までの“うりずん(潤い初め)”の時期は、大変過ごしやすいということもあり、シュノーケリングやダイビング、SUPなどのマリンスポーツを楽しむ方も増え、沖縄への需要が高まっております。また、通常時期は3日間の滞在が主流ですが、GW時期は4日間の滞在が多く、旅ナカのプランを充実される傾向がみられました。また、3月30日からローコストキャリアのジェットスター・ジャパンが、東京(成田)から宮古島(下地島)への直行便を就航することもあり、沖縄への旅行需要...

2017年7月28日Criteo★フィードバック数:0大型消費/投資

新世代のデジタルトラベラーレポート

...、モバイルは50%の閾値をすでに超過・重要な課題とマーケティングのポイント<トピック2> ミレニアル世代へのアピール ~頻繁に旅行を楽しむ新世代の消費者に訴求する~・モバイルブラウザが旅行商品の検索を活性化・モバイルアプリを利用した予約がまもなく主流に<トピック3>インスピレーションを喚起し、目的地へ誘導 ~予約に至るまでの一連のプロセス理解を深める~・アジアの多くの国における旅行需要は、国内旅行が大部分を占めます・大半のアジア諸国では、アジア圏内が主な旅行先・旅行に関する意思決定に、最も...

2016年3月23日日本政府観光局★フィードバック数:0社会/政治

訪日外客数2016年2月推計値を発表 前年同月比36.4%増の189万1千人

...同月比 36.4%増の 189 万 1 千人であった。2015 年 2 月の 138万 7 千人を 50 万人以上上回り、2 月としての過去最高を記録した。また、単月としても、昨年 7 月の 191 万 8 千人に次いで過去 2 番目の数値となった。主な要因としては、1 月に引き続きアジア地域の旧正月休暇中における訪日旅行需要の増加が挙げられる。旧正月休暇シーズンである 1 月、2 月の合算値は、前年同期比 43.7%増の 374 万3 千人で、前年同期の 260 万 5 千人を 110 万人...

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

44年ぶりに黒字となった旅行収支~旅行収支の改善は今後も続く見込み~

...暦年でも黒字化することが見込まれる(資料9)。また、2014 年入ネット受取支払4050607080910111213141516(出所)財務省、日本銀行「国際収支統計」資料 10.各国の旅行収支(2013 年、億ドル)り後の訪日外客数の高い伸びが続く中、海外旅行には消費税が課税されないものの、消費税率引き1800受取1600支払上げによる節約志向の高まりなどから海外旅行1400への支出が抑制されれば、2014 年中に黒字が定着1200する可能性も十分にある。1000景気の減速や節約志向の高まりにより、海外旅行需要...

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人数3000万人を目指して ~目標達成なら、2兆円の経常黒字拡大要因に~

...~40302010003(出所)外務省04050607080910111213(出所)観光庁(注)季節調整は第一生命経済研究所。○アジアのプレゼンスは今後も高まっていく見込み今後も、アジアの訪日観光客は増加へ向かう見込みだ。アジア新興国の高い経済成長を背景に、先行きASEAN諸国や中国では中間所得層人口の拡大が予想される(資料5)。こうした中間所得者の増加に伴い、海外旅行需要は高まっていくだろう。中でも、欧米と比較して地理的優位のある日本への訪日客は、趨勢的に増加していく可能性が高いと考えられる。資料5.地域別・中間...

2016年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年8月報

...の景況感を悪化させる要因となった。また、人手不足の継続にともなう単価の上昇は企業のコスト負担を高める要因となっている。他方、熊本地震からの復旧工事や東京五輪開催に向けた公共工事の増加のほか、今年から始まった「山の日」にともなう国内旅行需要の盛り上がりなど、プラス材料もみられた。国内景気は、プラス材料とマイナス材料が混在し足踏み状態が続いている。不確実性を高める問題が山積し、今後の国内景気は横ばい状態での推移が続く国内経済は、財政の前倒し支出や金融緩和政策の継続など、財政政策と金融政策の相乗効果に期待がかかる。しかし、日本...

複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性

...複合開発におけるホテルの機能・ブランドの重要性 2020年に東京オリンピックが開催されることが決定したことも後押しする形となって、昨今関係者等によるインフラ整備や都市開発の検討が活発になっている。都心部における都市開発計画には、ホテルを含む複合施設の開発案件が複数あることを踏まえ、本稿では複合開発におけるホテルの機能とブランドの重要性について考察したい。 1.はじめに (直近の国内ホテルマーケット状況について)国内主要都市のホテルマーケットが好調だ。アジアの経済成長に伴うアジア発の海外旅行需要...

海外旅行に関する調査

...ているその瞬間だけでなく、日々の充実にも繋がることが明らかになった旅行。20代・30代の女性は今までにどのようなところに旅行しているのかを調査しました。結果は1位がハワイ(48.6%)、2位が台湾(39.2%)、3位韓国(35.8%)という結果になりました。日本から8時間以内で行ける場所がトップ3にランクインしており、短い期間でも楽しめる海外旅行需要が高まっていることが見てとれます。4.【一緒に行く人別・目的別】行きたい場所ランキング 海外旅行で行きたい場所と一口にいっても、誰と行くのか、何の...

2011年9月28日東京商工リサーチフィードバック数:2大型消費/投資

主要旅行業50社「海外旅行」動向調査 ~夏場の海外旅行 円高メリットと震災の自粛反動で伸びる~

...企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 主要旅行業50社「海外旅行」動向調査 ~夏場の海外旅行 円高メリットと震災の自粛反動で伸びる~ 日本政府観光局(JNTO)の資料によると、日本人の8月の出国者数は179万2,000人(前年比9.1%増、推計値)と過去最高水準を記録した。3月11日に発生した東日本大震災以降、日本人の出国者数は前年同月割れが続いていたが、7月は146万9,000人(同4.5%増、推計値)と震災後初めて前年比プラスに転じ、震災の影響が薄れている。 震災や福島原発事故で大きく落ち込んだ海外旅行需要...

2011年2月2日東京商工リサーチフィードバック数:3大型消費/投資

主要旅行会社57社「海外旅行」アンケート調査

...%)あった。 次いで多かったのは「2009年の反動」。北米で14社(同24.5%)、欧州で15社(同26.3%)、アジアで13社(同22.8%)が反動増と回答した。リーマン・ショック後の2009年は景気低迷や新型インフルエンザなどの流行で、出張や旅行需要が大きく落ち込んだ。しかし、長引く景気低迷を凌ぐ円高メリットが、2010年の旅行客回復に寄与したようだ。 「羽田空港の国際化」 海外旅行申込みのプラス要因 このほかの増加要因では、アジア方面は9社が「羽田空港の国際化」をあげている。2010年10月に...

2015年4月9日フォートラベル★フィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィークの事前調査です。

2015年 ゴールデンウィークの過ごし方アンケート

...年で2.8ポイント減となった。原因として、5連休ではヨーロッパなど遠方に出かけるには短く、有給等を利用した長期休暇も取りにくいこと。暦の関係で例年以上にGW後半を中心とした特定日に旅行需要が集中、円安傾向も続いており旅行代金が思った以上に高いことも影響していると思われる。「ヨーロッパ」の中でも旅先として人気のフランスは、「2014年GW調査」「2015年に訪れたい旅先」で、ともに国別3位だったが、本調査では大幅に順位を下げた。要因として、今年1月に...

2013年10月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2013年10月)

...ア層や富裕層では資産効果や企業業績の回復等を背景に、高額品・高付加価値サービスに対する消費を増やしている。シニア層では孫のための消費や家族3世代での旅行需要などもみられており、勤労者世帯の消費の下支えになっている状況もうかがわれる。勤労者世帯においても、夏季賞与や所定外給与の増加など所得面に改善の動きがみられる中で、衣料品における定価販売での購入や旅行・外食等の支出が増加しているほか、一部の都市圏においては先行きの所得増加等を見越してローンを利用した消費も増えつつあるなど、部分的に節約志向を緩和する動きもみられている。また、働く...

2014年10月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年10月)

...発給要件の緩和等を背景に東南アジアからの旅行者が急増しているとの声が多く聞かれている。このほか、旅行目的の面では、名所旧跡見物や免税店等でのショッピングに加え、体験型・交流型観光への広がりがみられるとの指摘が聞かれる。3.観光需要の創出・獲得等に向けた取り組み多くの地域の観光関連企業では、このように変化・多様化する観光客のニーズの更なる取り込みに向け、体験型・交流型観光の新たなメニュー・サービスの提供や推進に取り組んだり、個人旅行需要の増加を念頭に置く形で観光・宿泊施設を増改築する動きなどが広がっている。加えて、外国人対応スタッフの採用や複数言語での情報発信強化等の多言語対応、通信...

2017年のインバウンド市場動向総括と今後の展望

...う高い推移が見られました。また、伸び率が上がっている国・地域として、ロシア7.7万人(前年比 2.3万人増、40.8%増)、韓国714万人(前年比 205万人増、40.3%増)、ベトナム30万人(前年比 7万人増、32.1%増)が挙げられます。ロシアは過去最高6.6万人(2008年)を9年ぶりに更新しました。2017年は経済停滞からの脱却と、ロシアの極東地域発の新規就航及び増便が実現したこと外国旅行需要が右肩上がりとなりました。ロシア市場では製造・販売されている訪日旅行ツアーが少ないため、これ...

2018年訪日外国人の年間動向と2019年の予測

...率は増加傾向にあります。また、韓国では若者層や家族層をターゲットとした SNS 旅行専門チャンネルや YouTuber とのメディアタイアップキャンペーンなどが観光庁によって行われました。これらの地方誘客を目的とした細かい旅行需要に合わせたSNSプロモーションの強化を通して、このような結果になったと推測します。また、国内のアミューズメンド施設の少ないインドからは、千葉県への訪問率が34.2%と多く、ディズニーランドへの観光客であると推測できます。<2017年7-9月都道府県別訪問率><2018年7-9月都...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ