調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 日本百貨店協会

「日本百貨店協会」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

「ご当地キャラクター総選挙」の決勝選出キャラを反響数値から予測

...-「ご当地キャラクター総選挙」の決勝選出キャラを反響数値から予測-関東選出は“ふなっしー”優勢!総勢500キャラのSNS情報まとめ見サイト「キャラみる」調べ2013年6月20日(木)東京ビジネスサーチテクノロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:城野洋一、以下「BST」)が運営するご当地キャラのソーシャルメディアまとめサイト「キャラみる」()では、日本百貨店協会が主催する「ご当地キャラ総選挙」()の地区予選に進出した24キャラを対象に、キャラクターに関する情報反響度を収集、独自...

環境自主行動計画〔循環型社会形成編〕-2014年度フォローアップ調査結果-

...店(日本百貨店協会) 〔38〕鉄道(東日本旅客鉄道) 〔39〕海運(日本船主協会) 〔40〕銀行(全国銀行協会) 〔41〕損害保険(日本損害保険協会) Copyright © 1995-2021. Keidanren. All Rights Reserved....

2017年3月25日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「さくら野百貨店仙台店」の運営会社 (株)エマルシェの債権者調査

...県に本社を置く債権者27社を業種別でみると、不動産業、織物・衣服・身の回り品小売業、飲食料品製造が各3社(構成比11.1%)だった。債権額が最も大きかったのは、電気・ガス・熱供給・水道業の2,570万円(1社、同23.7%)。 宮城県内に本社を置く債権者を資本金別でみると、最多は1千万円以上5千万円未満の17社(構成比62.9%)。次いで、5百万円未満の5社(同18.5%)だった。債権額では、1千万円以上5千万円未満が最も多く5,391万円(同49.8%)だった。 1月20日に日本百貨店協会が公表した2016年の...

アジア10カ国、検索数から見る日本の人気観光地トップ5

...ンコンサルティングにて数字を精査。【参考記事】※1 日本百貨店協会 売上高概況※2 新関西国際空港株式会社2015 年(平成 27 年)上期運営概況(速報値)調査概要【調査主旨】アジア10カ国、検索数から見る日本の人気観光地トップ5 【調査要綱】調査機関:アウンコンサルティング調べ対象の国と地域:韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、フィリピン 調査日:2015年8月3日 調査対象期間:2014年7月~2015年6月 プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社...

2013年4月26日日本印刷技術協会フィードバック数:8社会/政治

百貨店売上高にみる個人消費の動向と印刷需要

...本記事は、アーカイブに保存されている過去の記事です。最新の情報は、公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)サイトをご確認ください。 百貨店売上高にみる個人消費の動向と印刷需要 日本百貨店協会が2013年4月18日に発表した3月の売上高総額は、5447億円で、前年同月比3.9%増であり、7年ぶりに3カ月連続増になった。消費者の購買意欲が高まったのであろうか。 百貨店業界の売上と印刷出荷額の関係 印刷需要拡大の要因はさまざまあるが、景気の動向や個人消費の影響、また...

2018年7月31日訪日ラボフィードバック数:0マーケティング

「日本旅行をしたい理由・したくない理由」から探る次のインバウンド需要【アメリカ編】

... Japan株式会社関連インバウンド記事 11月29日、札幌市は市議会の特別委員会で、2030年の冬に行われるオリンピック・... 11月28日、世界保健機関(WHO)により新型コロナウイルスの新しい変異株「オミク... 11月25日、全日空商事株式会社は旅を通じてトラベラーに寄り添う一気通貫型プロモー... 日本百貨店協会が2021年10月の免税売上高・来店動向を発表しました。調査によると...最新のインバウンド関連ニュースを メールマガジンで受け取りませんか?役にたったら いいね!して...

2016年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年11月報

...中心の企業においても厳しい状況に直面する可能性を想定しておく必要があろう。■小売業に変調、一部業種で倒産増加が表れ始める個人消費が冴えない。家計の可処分所得が伸び悩むなか、円高や中国の輸入関税引き上げなどでこれまで好調だったインバウンド需要が鈍化し、大手小売各社の業績が悪化傾向を示し始めた。百貨店販売額における主要5商品は3カ月連続で全品目が前年同月比減少となっており、特に衣料品や家庭用品などは10カ月以上にわたり減少した(「平成28年10月全国百貨店売上高概況」日本百貨店協会)。また、スーパーストアの販売状況も減少傾向が続いている(「チェーンストア販売統計(月報)」日本...

2017年のインバウンド市場動向総括と今後の展望

...盛り上がりを見せる新興国であるタイやマレーシア、ベトナムからの訪日客の中は一定の「モノ消費」健在しているようです。日本百貨店協会が発表した2017年の全国百貨店売上高(既存店ベース)は前年比で0.1%増となり、3年ぶりに前年を上回っています。(日本経済新聞:百貨店売上高、3年ぶり増 昨年既存店、訪日客消費が好調 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2603949023012018TJ1000/)これらの地域も中華圏の国々のようにリピーターが増加し、越境ECが普及していき、日本...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ