「映画興行」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年3月7日GEM Partnersフィードバック数:0エンタテインメント

映画興行市場に関する調査 GEM Partners

...<映画興行市場に関する調査結果>映画興行市場は2017年~2... <映画興行市場に関する調査結果> 映画興行市場は2017年~2021年まで 2,200億円を上回る高い水準で横ばい傾向を見込む~2021年までの映画市場5年間のマクロトレンドを予測したレポート発行~ 映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都渋谷区、代表取締役:梅津 文)は、2009年から2016年ま...

2018年4月10日GEM Partners★フィードバック数:0エンタテインメント

映画興行市場に関する調査結果

...<映画興行市場に関する調査結果>目立つODS市場の成長、2018年~2022年の映画興行市場は約2,200億円の規模を維持する見込み 映画興行市場5年間予測(2018-2022年)レポート 映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都港区、代表取締役:梅津 文)は、2009年から2017年までの消費者の映画鑑賞における調査データと映画興行市場の実績データに基づき、2018~2022年の...

映画興行市場に関する調査結果

...[映画興行市場に関する調査結果] 目立つODS市場の成長、2018年~2022年の映画興行市場は約2,200億円の規模を維持する見込み2009年から2017年までの消費者の映画鑑賞における調査データと映画興行市場の実績データに基づき、 2018~2022年の5年間の映画市場のマクロトレンドについて予測した「映画興行市場5年間予測(2018-2022年)レポート」から、注目の調査結果をご報告します。【1】映画興行市場の市場規模推計2022年までの今後5年間の興行収入(映画鑑賞参加率・平均...

2014年11月14日JETROフィードバック数:0エンタテインメント海外

中南米における映像コンテンツ産業の現状

...で楽しめるテレビの有料放送部門も伸びている。最後に中南米の多くの国で日本の地デジ方式が導入されているが、デジタル化移行に伴い、放送局に対して教育・文化番組を一定割合放送するようなガイドラインや法律を設けており、日本の教育コンテンツに対する関心は高い。このように同地域のエンタメマーケットでより多くのコンテンツが必要とされている状況は、日本のコンテンツ産業にとっても中南米市場参入の好期であるとも言える。 主な図表:2013年の映画製作国別公開本数、ブラジル映画興行収入の推移、ブラジル映画館客動員数の推移、映画製作国別公開本数(2013年...

2017年2月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

映画・映像関連企業の業績・倒産動向調査

...2017/1/24映画・映像関連企業の業績・倒産動向調査業績好調も倒産は増加〜 『君の名は。』などヒットの影で中小制作は苦戦 〜はじめに『君の名は。』『シン・ゴジラ』など話題作が多かった2016年の映画業界。一般社団法人 日本映画製作者連盟によると、2014年以降連続で国内の映画興行収入は増加しており、好調が続く。その一方で、過去にヒットした映画の制作などに携わった企業の倒産も発生した。また、近年のメディア環境の激変や景気の低迷から、厳し...

2017年4月24日GEM Partnersフィードバック数:0エンタテインメント

映画興行市場に関する調査

...<映画興行市場に関する調査結果>2016年の映画参加者は男性20代の割合が拡大 「仲間内での話題」「異なる世界」「新しい知識」を映画鑑賞にもとめる傾向が高まる ~GEM映画白書2017から映画鑑賞者に関する注目の調査結果~ 映画・映像エンタテイメントに特化したマーケティングデータ分析・レポート提供を行っているGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ、所在地:東京都渋谷区、代表取締役:梅津 文)は、映画鑑賞者に関する基礎情報を網羅した「GEM映画白書2017」を発行しました。その...

2020年8月18日GEM Partnersフィードバック数:0エンタテインメント

映画館のコロナ対策に「安心した」と84%が回答

...「外食・飲み会」に続き2位。「国内旅行」「お墓参り」「帰省」を上回った。営業再開後の映画館にまだ行っていない人の中には、観たい作品が公開されれば行きたいと前向きな人も少なくない。“新しい日常”下での映画興行は、感染対策の徹底とともに、新作の公開が要となりそうだ。【調査データ詳細】 映画参加者人口(映画館で過去1年間に映画を見た人)のうち、11%が映画館の営業再開以降に来場。映画コア層から映画館に来場しており、年間12本以上観る映画ファンの半数近く(42%)はすでに映画館で映画を観たと答えている。緊急...

2016年2月10日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2015年、ハイレゾオーディオ機器の販売動向

...19.02.2016 「2015年 映像ソフト市場総括」 GfK ジャパン(所在地:東京都中野区)は、全国の映像ソフト取扱店の販売実績データ等を基に2015年のセル映像ソフトの販売動向を発表した。※1 【概要】 ・2015年のセル映像ソフト販売は数量・金額共に前年から約1割縮小。・洋画は好調な映画興行を追い風に金額ベースで市場の12%を占めるまでに拡大。 ・市場におけるBlu-rayソフトの金額構成比は50%に上昇。下半期では52%へ。【映像ソフト全体】2015年のセル映像ソフト市場(通常...

TMT業界のグローバルトレンド2016 TMT Predictions 2016

...イル向け広告ブロッカー:インストールはわずか・ デジタルメディア時代における映画興行収入・ 米国テレビコンテンツ市場:縮小しつつも崩壊せず・ 欧州サッカー市場は300億ドル規模・ eスポーツ:市場規模に対する相反した見解通信業界・ 画像共有:兆を突破し、さらに増加中・ ギガビットインターネット時代の夜明け・ 中古スマートフォン:知られざる170億ドル市場・ データ通信オンリーユーザーの増加・ VoLTE/VoWiFi:回線容量、普及率、機能 テクノロジー業界• グラフェン:研究段階の素材、実を結ぶのは10年先...

「映像メディアユーザー実態調査2020」レポート発行

...映像コンテンツ流通事業者、そして映像コンテンツ市場の動向にご興味、ご関心のある方々にとって、市場を把握する上での一助となり、今後の利用者拡大への分析材料となることを目的とします。【調査概要】■レポート名:映像メディアユーザー実態調査2020■調査目的:映像視聴メディア・サービス利用者の利用実態の把握■調査対象メディア・サービス:映画興行 無料テレビ放送、有料テレビ放送 DVD・ブルーレイのレンタル DVD・ブルーレイの購入、無料動画サービス、定額型動画配信(SVOD)、レンタル型動画配信(TVOD)、デジ...

2013年12月26日オリコンフィードバック数:0エンタテインメント

お正月映画 期待度ランキングTOP10

...時期:2013年12月12日(木)〜12月17日(火) 調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女) 調査地域:全国 調査方法:インターネット調査・2014年 お正月映画期待度ランキングTOP10☆ ・<イチオシ映画レビュー>編集スタッフが気になる作品… ・2013年の映画シーンを総括年間映画興行ランキング☆ ・映画館に行く前に!年末年始の注目映画☆ ・最新情報 更新中!映画関連ニュース一覧オリコンニュース公式SNSFacebook...

2017年3月29日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブランド・ジャパン2017

...日本事業における売上高が約30%増となり1兆円を突破した。また、音声アシスタント機器の“Amazon Echo”やボタンを押すだけで注文が完了する“Amazon Dash Button”といった先進的な商品・サービスをリリースし続け、「イノベーティブ」で首位を獲得した。第4位の「ディズニー」は、東京ディズニーシーが15周年を向かえ、周年限定企画などで上半期は好評を博した。映画事業では2016年の日本の洋画年間映画興行ランキングトップ10において、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が第2位となり、『アナと雪の女王』以来...

年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2018-2022」

...な伸びが見込まれるセグメントにおいても、サブセグメント間では著しい違いが見られます。ビデオゲーム・eスポーツのセグメントは、全体で年平均7.2%の成長が見込まれますが、eスポーツだけで見ると年間20.6%の大幅な伸びとなる見込みです。一方で、世界における音楽に関する収益は年平均6.1%の底堅い伸びになると予想されますが、その中で、CDを含むフィジカル、ダウンロード、着信音の3つは大幅に減少すると見られます。世界の映画興行収入は2017年に4.3%増加しましたが、フランス、米国、オーストラリアでは減少しました。世界...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...開発や駅ビルなどの複合型商業施設の開業が相次いだ。 ・映像は、ITによるエンタテインメントの多様化が進み、VR活用の体験型アトラクションなどが増加。 ・シネアドは、歴代1位の映画興行収入や入場人員数を背景に増加した。【その他、注目すべき広告関連市場】 ・商業印刷市場 1兆9,900億円(前年比99.5%) うち、ポスター・チラシ・パンフレットの市場は1兆2,300億円(同99.4%)で、減少傾向だった。・ポスティング市場1,207億円(前年比106.9%) 前年に続き、全戸配布需要が増加。さらにその重要性が認知され、期待も高まっている。配布...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ