調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 東京慈恵会医科大学

「東京慈恵会医科大学」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

実測データ分析調査です。

みんなの「からだデータ」白書2015

...は起床時間も他の姿勢よりも遅い傾向にあり、中途覚醒が影響している可能性がありました。 男性の方が、13kg程度平均体重が重い傾向にありました。厚生労働省が行った調査でも同様の傾向で、成人男性平均65.8kg、成人女性平均52.9kgでした。(平成25年 国民健康・栄養調査) お正月休み明け、GW明け、お盆休み明けなどの長期休み明けに体重が増える傾向にありました。2015年の平均体重が最も重いのは、お正月休み明けの週でした。 遠藤 拓郎 先生 東京慈恵会医科大学卒業 医学博士睡眠学会認定医師日本精神神経学会 精神...

年間を通しての睡眠時間および、中途覚醒時間(就床中に目が覚めてしまった時間)について調査

...寝苦しい夏への対処方法を日本の睡眠医療における第一人者である、医学博士で東京睡眠医学センター長の遠藤拓郎先生に伺いました。良い睡眠のためには布団内の温度を33℃くらいに保つのがベストです。そのためには、室内の温度をだいたい27℃から29℃くらいに設定するのが良いでしょう。この室温を保つために、エアコンをつけたまま寝ても構いません。また、夏場の快眠には、部屋をドライに保つことが欠かせません。そのためにも、エアコンを用いて温度と湿度の管理に気を配り、快適に眠るための環境を整えるようにしてください。<遠藤 拓郎 先生 プロフィール>東京慈恵会医科大学卒業 医学...

朝、最も起きられないのはあの県民やあの年代のひとたち!?

...」を利用している男女28,407人(男性:15,327人、女性:13,080人)※本調査は、WM(わたしムーヴ)の利用規約、プライバシーポリシーに従い個人情報を特定できない統計データに加工して集計・分析を行っております。この記事の監修 東京慈恵会医科大学卒業 医学博士睡眠学会認定医師日本精神神経学会 精神科専門医女子栄養大学客員教授慶應義塾大学医学部 睡眠医学研究寄附講座 特任教授 スリープクリニック調布、銀座、青山、札幌を開院し、現在はそれらを統合して東京睡眠医学センター長。祖父...

オフィスワーカーの労働環境とストレスに関する実態調査結果を公表

...な機能のみを選択できる購入体系」や「使い勝手の良いインターフェイス」など、導入、運用の手軽さが特長です。大林組様、佐賀県庁様、TKC様、東京海上日動火災保険様、桐蔭学園様、ノエビアホールディングス様、東京慈恵会医科大学様など、大規模運用ユーザーを中心に、6,000社を超える多様な企業様に幅広く採用され、モバイル管理(MDM、MAM、MCM)市場5年連続シェアNo.1を達成しました。「CLOMO」は、日本初のiOSデバイス向けMDMサービスとしてサービスインした後、Apple社の「Volume Purchase Program...

3月18日の「春の睡眠の日」を前に睡眠事情を大調査

...後も脳の機能が復活するまでに、ある程度の時間がかかってしまいます。また、単に目をつぶって楽にしているよりも、眠ってしまう方がより効果が高いことが分かっています。加えて、仮眠は1日に何回とっても良いという点で優れています。眠くてどうしようもないときは、15分、思いきって眠ってしまいましょう。<遠藤 拓郎 先生 プロフィール>東京慈恵会医科大学卒業 医学博士睡眠学会認定医師日本精神神経学会 精神科専門医女子栄養大学客員教授国立大学法人電気通信大学非常勤講師 慶応義塾大学医学部非常勤講師スリープクリニック調布、スリ...

2019年5月9日Times Higher Educationフィードバック数:0キャリアとスキル

「THE世界大学ランキング日本版」-京都大学が初の単独トップに

...れぞれ強みとします。学習院大学は「教育充実度」以外の3分野がいずれも50位台というバランスの良さが強みです。■51位~150位前年の総合順位ランク外から今回ランクインしたのは、奈良女子大学、東京慈恵会医科大学、東京国際大学(いずれも111-120位)、愛知医科大学、奈良県立医科大学、東京都市大学(いずれも121-130位)、日本医科大学、帝京大学(131-140位)など13校でした。医学部を持ち「教育リソース」のスコアが高い大学が目立つ中、大阪女学院大学(141-150位)は「国際性」が4位と突出、共愛...

2016年10月21日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

男性の「トイレ事情・ちょいモレ事情」に関する実態調査

...が減少することでストレスがなくなり、好影響を与えていると考えられる)各項目について、あなた自身にどのくらい当てはまるかお答えください。() 「ちょいモレ」対策をしている人は「自分が好き」「毎日が楽しい」「仕事が充実している」「アクティブに人生を楽しんでいる」といった自己評価が高く、リア充度が高いという傾向。中でも、尿ケア専用品を使用している人は、その傾向が突出している。東京慈恵会医科大学病院泌尿器科診療副部長 今回の調査では興味深い結果が得られました。尿ケア専用品を着けることで安心感からストレスが軽減し、状態...

2016年9月5日ドコモ・ヘルスケアフィードバック数:0ライフスタイル

睡眠の質について調査

...が、質の良い睡眠が期待できます。2:決まった時刻に寝て、決まった時刻に起きる睡眠をとる時間帯を決めたら、なるべく同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きるようにしましょう。ホルモンや体温の調整のリズムが決まった時刻に合うように調整されて睡眠の質が上がります。■遠藤 拓郎 先生東京慈恵会医科大学卒業 医学博士睡眠学会認定医師日本精神神経学会 精神科専門医女子栄養大学客員教授国立大学法人電気通信大学非常勤講師 慶応義塾大学医学部非常勤講師スリープクリニック調布、スリープクリニック銀座、スリ...

2011年12月1日大塚製薬フィードバック数:17ライフスタイル

「子どもの排便状況と食物繊維の摂取」に関する実態調査

...て外を歩かなくなるためやはり便秘になりがちです。腸内環境づくりは、正しい排便習慣、バランスの良い食事、運動このような対策は子どもだけでできるものではありません。今回の調査結果をきっかけとして、正しい排便習慣とバランスの良い食事、そして運動というトータルな形での子どもの腸内環境づくりに取り組んでいただければと思います。それが、ひいては子どもを将来の病から救うことにもつながるのですから。松生恒夫(まついけ・つねお)松生クリニック院長・医学博士1955年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。同大学第三病院内科助手、松島...

2015年11月11日トレンド総研フィードバック数:0ライフスタイル

現代女性のダイエットに対する意識と実態

...ナナダイエット』は、体に良い成分を多く含むバナナを食べながらダイエット効果が期待でき、過度な食事制限が必要ないためストレスフリーでリバウンドもしにくい理想的なダイエット法と言えるでしょう。松生 恒夫(まついけ つねお)-医学博士- 1955年東京都生まれ。80年東京慈恵会医科大学を卒業。83年同大学第三病院内科助手、94年松島病院大腸肛門病センター診療部長などを経て、2003年松生クリニックを開業。腸のスペシャリストとしてメディアでも活躍中で、自らのクリニックに便秘外来を設け、地中...

2017年3月30日パナソニックフィードバック数:0大型消費/投資

春夏の「おでかけデートファッション」に関する調査

...選手などアスリートの方はトリミングしている人が多いです。欧米では「アンダーヘアのトリミング」は一般的な習慣。「なぜ日本人は行なっていないの?」と思われるほど。「ムレ」が気になる人はぜひ気軽に実践してほしいですね。鈴木 稚子(すずき わかこ)-皮膚科医・用賀ヒルサイドクリニック院長-東京慈恵会医科大学医学部を卒業。同大学病院皮膚科を経て、2000年用賀ヒルサイドクリニックを開院。アンチエイジングを特に専門とし、皮膚などの見た目だけでなく体の内側の内臓機能・運動機能など全般のアンチエイジングを研究。そのため、スポーツ専門医も取得して研究を行っている。また...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ