「株価水準」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

政治混乱の続くタイの先行き

...デター宣言後、初めての取引となる23日のSET指数は前日比で▲1.3%(日本時間23日13時現在)となっている。また、19日には2014年1-3月期の成長率が発表され、市場予想を大きく下回ったが(市場予想:前年同期比+0.4%、実績:同▲0.6%)、この日のSET指数は前日比+0.4%であった。年初からのSET指数の変化率は+8.2%(5月22日終値ベース)と上昇しており、政治の混乱が大きくなった(下院での恩赦法案の可決がきっかけ)昨年11月初旬の株価水準まで、あと一歩の所まで戻ってきている(図表)。今の...

2013年5月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

金融市場の動き(5月号)~円安の切れ目が株高の切れ目か?

....97に達し、1円の円安ドル高が株価を229円押し上げるという関係が成り立つ。今後も中期的には日米金融政策の方向性の違いなどから円安ドル高方向に進むとみられるものの、最近は円安が一服、株式市場もエンジンを欠いたような雰囲気になっている。ただし、円安でなければ株価が上昇しないわけではない。為替レートをベースとしつつも、それ以外の要素によって、株価水準は上下にシフトしてきた。具体的には、円安由来ではない企業の本来の競争力や、内需の動向、さらに企業活動の活性化を促す政府の取組みなどだ。今後、政府...

日本企業の今後の収益性を占う

...一方で、総資本に占める負債の割合が高くなるため、信用リスクも高くなってしまいます。一概に高ければ高いほどよいという指標ではありませんが、2013年度でもリーマンショック直後の2009、2010年度と同じ低水準にあったということは、統計上では企業のリスク・テイクがあまり進んでいなかったといえるでしょう。回転率の向上、財務レバレッジの活用も必要株式市場では今年度(2014年度)も更なる収益性の改善や、それに伴う株価の上昇が期待されています。一部ではサブプライムショック前の2007年前半の株価水準...

2014年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

年初の株価下落をどうみるか、そして1年後の株価は?

...まで筆者が適正と考えるゾーンで、上限と下限はそれぞれPER16倍と14倍に相当する株価水準。 金融研究部上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 研究・専門分野 レポート紹介研究領域経済金融・為替資産運用・資産形成年金社会保障制度保険不動産経営・ビジネス暮らしジェロントロジー(高齢社会総合研究)医療・介護・健康・ヘルスケア政策提言注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 2021年10月14日News Release 2021年07月26日News Release 2021年07...

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

...不動産株を中心に中国株は一気に上昇する展開となった。このように、年初の金融不安が年末には沈静化し、年初の需給悪化懸念が年末には需給改善期待に変わり、年初の住宅バブル崩壊懸念が年末には薄れて、株価の割高度を測る株価収益率(PER)は年初の11倍から年末には16倍に回復、2014年は中国の株価が急伸する年となった。今後を展望すると、PERが16倍前後という株価水準は国際的に見ても高い方ではなく、上昇余地はまだ残っているように見える。またインフレ率が低下していることから追加利下げに対する期待も高まりそうで、MSCIの新興国株指数にA株が...

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の株価急伸をどう見るか?

...の需給悪化懸念が年末には需給改善期待に変わり、年初の住宅バブル崩壊懸念が年末には薄れて、株価の割高度を測る株価収益率(PER)は年初の11倍から年末には16倍に回復、2014年は中国の株価が急伸する年となった。今後を展望すると、PERが16倍前後という株価水準は国際的に見ても高い方ではなく、上昇余地はまだ残っているように見える。またインフレ率が低下していることから追加利下げに対する期待も高まりそうで、MSCIの新興国株指数にA株が組み入れられるとの期待もある。しかし、住宅市場に底打ちの兆しがでてきたとはいえ、在庫...

日本企業の今後の収益性を占う

...一方で、総資本に占める負債の割合が高くなるため、信用リスクも高くなってしまいます。一概に高ければ高いほどよいという指標ではありませんが、2013年度でもリーマンショック直後の2009、2010年度と同じ低水準にあったということは、統計上では企業のリスク・テイクがあまり進んでいなかったといえるでしょう。回転率の向上、財務レバレッジの活用も必要株式市場では今年度(2014年度)も更なる収益性の改善や、それに伴う株価の上昇が期待されています。一部ではサブプライムショック前の2007年前半の株価水準...

5月売り―相場格言からの上放れは可能か?

...しこれらは時間を買う政策であって、デフレ脱却に求められるのは、第三の矢である成長戦略に他ならない。株高や円安に安住して、本丸とも言える成長戦略が疎かになり、市場の期待を裏切るようなことになれば、過去3年と同様の相場展開が繰り返される可能性は十分にある。足元の株価水準に割高感はなく、下値不安は大きくないとの見方が大勢だ。しかし、アベノミクスに対する期待が後退し、円高とともに株価が大きく下落する可能性は決して否定できない。その意味で成長戦略が閣議決定される6月は、今後の株式市場の動き、更に...

2014年2月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

株価急落、なぜ?どこまで下がる?

...議長に対する市場の評価はこれから、今週末に予定される米国雇用統計をきっかけに市場心理が更に悲観に傾くなど、リスク要因は多い。短期的にはこうしたリスク要因に振り回されることがあっても、日本株の価格を決める最大の要素は日本企業の業績であるはず。だとすれば、メインシナリオとしては、14,000円は下値メドと見てよいのではないか。1 あくまで筆者が適正と考えるゾーンで、上限と下限はそれぞれPER16倍と14倍に相当する株価水準 金融研究部上席研究員 チーフ株式ストラテジスト 研究・専門...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ