「欧州危機」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年7月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

入門 欧州経済 第5回

...トップレポート・コラム入門コーナー経済入門入門 欧州経済入門 欧州経済 第5回 ここから本文です入門 欧州経済 第5回ECBの欧州危機への対応サマリー欧州中央銀行(European Central Bank; ECB)は、現在欧州が陥っている「欧州危機」に対して様々な対策を行っています。欧州危機の起源はパリバ・ショックと呼ばれる出来事です。それ以降、ECBは従来の金融政策に加えて、非伝統的な金融政策を導入しています。非伝統的政策とは、金融...

2013年9月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ドイツ総選挙はメルケル首相が圧勝

...(社会民主党)、緑の党、左派党の3党で、このうち、メルケル政権第1期で連立を組んだSPDとの連立政権樹立の可能性が高い。両党による「大連立政権」が誕生すれば、強い政策遂行能力を持つと予想されるため、ドイツの産業界、国民、それに市場も大連立政権誕生を期待している。◆ただ、連立政権交渉においては、税政策、労働市場政策、エネルギー政策、それに欧州危機対策など意見調整の難航が予想される分野がある。また、SPDは前回の連立政権の際に支持率が急落したという苦い経験があり、連立...

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:順調な回復軌道へ

...接な関連を有している点を強調したい。世界の景気サイクルを見ると、過去の局面では米国を中心とする先進国経済が、新興国経済変動の原動力となってきたが、足下では、「先進国=好調。新興国=不調」という形で、両者の間で「デカップリング」が生じている。当社は、今回の「デカップリング」発生の原因は、①欧州危機に伴い、欧州系金融機関の新興国に対する融資が細っていること、②中国経済の低迷、③米国が拙速な出口戦略を講ずることへの警戒感を背景とする新興国からの資金引き揚げ懸念、の3点だと考えている。最終的に、米国経済の拡大が続く中で、新興...

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

危機収束局面に移行したユーロ圏

...トップレポート・コラム経済分析欧州危機収束局面に移行したユーロ圏 ここから本文です危機収束局面に移行したユーロ圏~金融部門健全化と景気回復持続が課題~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載サマリーギリシャの財政悪化を発端とするユーロ圏危機は拡散局面から収束局面に移行し、マーケットの最大の関心事ではなくなった。とはいえ、危機脱却のための取り組みは、まだ完了したわけではない。残されている課題は、金融システムの健全性回復と金融危機に備えた体制強化、および持続的な景気回復の2つと...

2014年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:景気回復傾向が強まる

...留意が必要となろう。特に当社は、上記①が、②・③と密接な関連を有している点を強調したい。世界の景気サイクルを見ると、過去の局面では米国を中心とする先進国経済が、新興国経済変動の原動力となってきたが、足下では、「先進国=好調。新興国=不調」という形で、両者の間で「デカップリング」が生じている。当社は、今回の「デカップリング」発生の原因は、①欧州危機に伴い、欧州系金融機関の新興国に対する融資が細っていること、②中国経済の低迷、③米国が拙速な出口戦略を講ずることへの警戒感を背景とする新興国からの資金引き揚げ懸念、の3点だ...

2013年10月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

...景気サイクル」を検証した。世界の景気サイクルを見ると、過去の局面では米国を中心とする先進国経済が、新興国経済変動の原動力となってきたが、足下では、「先進国=好調。新興国=不調」という形で、両者の間で「デカップリング」が生じている。今回の「デカップリング」発生の原因は、①欧州危機に伴い、欧州系金融機関の新興国に対する融資が細っていること、②中国経済の低迷、③米国が拙速な出口戦略を講ずることへの警戒感を背景とする新興国からの資金引き揚げ懸念、の3点である。米国経済の拡大が続く中で、新興...

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(8月号)~豪ドルは、かつての輝きを取り戻すか?

...国とりわけ中国経済の低迷」、「欧州危機沈静化」、「米QE3縮小観測の高まり」という3つの逆風が吹いている。豪ドルの対ドル相場の今後の方向性は時間軸の長さで変わってくると見る。当面は下値を模索する動きが続きそうだ。直近のRBA議事録でも追加利下げに対して含みを残している。しかしながら、来年以降は世界経済の回復期待が高まることが、豪ドルの追い風となる可能性が高い。豪ドルの対円レートについては、円もドルに対して弱含むと考えられるため、対ドルレートよりも堅調な推移が期待される。ただし、上記...

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

不安定な展開になる予感 ~マーケット・カルテ2月号

...期待により低下している。ただし、これまで一本調子に進んできた円安も直近は要人発言によって乱高下するなど変化が見られる。円為替は従来、米経済や欧州危機など海外情勢次第という側面が強かっただけに、国内政治要因による現在の円安はいわば未知の世界であり、持続性への警戒感も強いとみられる。2月はイタリアの総選挙というリスクイベントに注意が必要。また、米債務上限は短期延長される見込みだが、火種の先送りに過ぎない。一方で国内では日銀総裁人事が控えているため当面は緩和期待が続き、本格的な調整は避けられそう。しかし、その...

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

金融市場の動き(2月号)~株価上昇の中で浮かび上がる課題

...株全体にとってはプラスと考えるが、ともに原油価格上昇に弱い体質になっているだけに、これまで以上の警戒が必要になるだろう。(日米欧金融政策) 1月は欧米が金融政策を維持する一方、日本が物価目標2%導入のうえ、2回連続での追加緩和を決定した。欧州危機の後退、景気の改善見通しなどから欧米が様子見スタンスになる中で、日銀の緩和スタンスが際立っている。(金融市場の動き) 1月の金融市場は、円安ドル高、ユーロドル上昇、長期金利は低下した。ドル円相場は、日銀次期総裁人事本格化に伴って当面底堅さを増しそうだが、欧米...

2013年8月27日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職で年収を100万円アップさせたい!?アベノミクスで希望年収はどう変わった?

...で最も大きい96万円まで広がってきています。これには以下の理由が考えられます。まず2011年、2012年は、東日本大震災や欧州危機、デフレなどの影響で、実際の年収が大きく減少した時期です。なかなか明るい兆しが見えにくい状況だったということもあり、希望年収はそれほど上昇していません。その結果、希望年収の増加率よりも年収の減少率の方が大きくなったため、年収と希望年収との差が大きくなったようです。一方、2013年4~6月は、一部企業での給与アップなど、アベノミクスの影響が出始めた時期です。実際...

2013年9月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第178回日本経済予測 <訂正版>

...」という形で、両者の間で「デカップリング」が生じている。今回の「デカップリング」発生の原因は、①欧州危機に伴い、欧州系金融機関の新興国に対する融資が細っていること、②中国経済の低迷、③米国が拙速な出口戦略を講ずることへの警戒感を背景とする新興国からの資金引き揚げ懸念、の3点である。米国経済の拡大が続く中で、新興国経済の底割れは回避される見通しであるが、とりわけ中国経済の動向には細心の注意が必要だ。:日本経済の回復を受け、日銀の追加緩和のタイミングは、2014年度以降にずれ込むこととなろう。消費...

2013年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第178回日本経済予測(改訂版)

...ップリング」が生じている。今回の「デカップリング」発生の原因は、①欧州危機に伴い、欧州系金融機関の新興国に対する融資が細っていること、②中国経済の低迷、③米国が拙速な出口戦略を講ずることへの警戒感を背景とする新興国からの資金引き揚げ懸念、の3点である。米国経済の拡大が続く中で、新興国経済の底割れは回避される見通しであるが、とりわけ中国経済の動向には細心の注意が必要だ。:日本経済の回復を受け、日銀の追加緩和のタイミングは、2014年度以降にずれ込むこととなろう。消費...

2012年2月3日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2012年ハイクラス転職市場を大胆予測

...の業績の影響を直接受けるため、欧州危機の影響がさらに拡大したり、円高がこれ以上進行すると輸出産業はますます厳しくなり、求人件数も減少する可能性も。年収1000万円以上で転職成功するための3つのモテ要素昨年ビズリーチで転職成功した年収1000万円以上の求職者を分析すると、3つの要素が浮かび上がった。マネジメント力(大規模なマネジメント経験、経営経験):年収1000万円以上は管理職となるため、マネジメント経験は必須。何人を動かし、どれくらい利益を上げてきたのかが問われる。高度な専門性(エンジニア、経理・財務...

2013年9月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ドイツ議会選挙の注目点 ~連立協議の難航に注意~

...率は東西ドイツ統一後で最低圏にあり、メルケル首相の就任当時と比べて大幅に低下している。世論動向に敏感なメルケル首相は国民が望む政策を察知し、実行してきた。国民からの人気も高く、現職有利の展開は間違いない。ただ、議員内閣制のドイツでは、国民が選挙で直接首相を選ぶ訳ではない。議会選挙で最大会派を形成したグループが首相を輩出する。メルケル首相が再任される可能性は高いが、単独での過半数獲得は困難とみられている。現連立相手である自由民主党(FDP)の苦戦が続いており、どのような連立の組み合わせとなるかは予断を許さない。連立相手が変われば、今後の欧州危機...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ