「洪水被害」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年12月17日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

インド南東部の大雨と洪水被害

...ニュース 2015年12月14日 インド南東部の大雨と洪水被害について被災地向け特設サイトをリリース、最新の気象見解を発信〜二次被害の軽減や復旧作業をサポート〜ムンバイ >  この度、インド南東部で発生した洪水により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。現地では復旧作業が開始されていますが、株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は創業時からの「いざという時に人の役に立ちたい」という企業理念に基づき、今後...

【タイGDP】高成長見通しに黄信号点灯か

...からの復旧で大幅に伸びていた前期(前年同期比:+19.1%)から失速した。前年同期は洪水被害が残っており、ベース効果で成長率が高めに出やすいことを考えると、5%台の伸び率を記録したものの、弱い結果だったといえるだろう。前期比(季節調整値)で見ても2.2%の減少となり、復興需要と景気刺激策に支えられた急回復からの反動が感じられる。10-12月期は前年同期比+19.1%と予想以上の高成長を達成したタイだが、その反動もあって、今回発表された1-3月期の伸び率は力強さに欠けた結果だったと言える。そして、今後...

タイ10-12月期GDP:前年同期比+18.9%~通年で6.4%、予想以上の高成長を達成

...的にはインドシナ開発に注目タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は2月18日に2012年10-12月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で+18.9%となり、前年同期が洪水の影響で大きく落ち込んでいたこともあり、7-9月期(同+3.1%)から大幅増となった。また、前期比(季節調整値)で見ても+3.6%の増加となり、こちらも7-9月期(同+1.5%)から加速している。その結果、2012年の成長率は+6.4%となり、洪水被害にあった2011年の+0.8%から急回復、予想以上の高成長を記録したと言える。成長...

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア新興経済レビュー】政治の動きに注目が集まる

...-12月期の経常赤字(GDP比)が0.9%となり、前期1.2%と比べて改善した。金の輸入関税の引き上げなど貿易収支改善に向けた政府の取り組みが奏効している。(インフレ率)インフレ率は、インドが順調に低下する一方、インドネシアが依然として高水準で続いている。また、フィリピンではトラック規制に伴う運送コストの上昇がみられ、インフレ懸念が増している。(金融政策)インドネシアで金融政策決定会合が開催されたが、足元で通貨が安定していることや1月の洪水被害の物価への影響がほとんど見られなかったことから、政策...

【タイGDP】政局混乱で低迷、長期化の恐れも

....7%)から減速した。前期比(季節調整値)も+0.6%と、前期(同+1.4%)から減速している。その結果、2013年通年の成長率は前年比+2.9%となり、洪水被害からの復興で高めの伸び率を記録した前年(同+6.5%)と比べ、大きく悪化した。2.政治リスクは顕在化、今後の不透明感も拭えず10-12月期の成長率は前年同期比で+0.6%とマイナスには至らなかったものの、非常に弱い数値だったと言える。実際、2013年の成長率は前年比+2.9%となり、NESDBによる昨年11月時点での予測(同+3.0...

2014年3月27日JQフィードバック数:0社会/政治海外

「1月にインドネシアで起きた洪水についてのアンケート調査」並びに「被害についてのインタビュー」

...界からもその消費意欲に注目が集まっています。そんな経済成長の重要期において毎年発生する洪水被害に市民は疲弊しているのではと思われましたが、実際にはそうでもないようです。 アンケートからは、洪水は毎年必ず起きること、と達観しているような様子がうかがえたほか、現地ニュースも深刻な被害を伝える一方で、毎年お馴染みのことといったニュアンスを含んでいるという声も聞かれました。 このように洪水被害にはもはや慣れてしまっている市民ですが、自治体や政府の洪水対策に対しては不満もあるようです。具体的に知られている対策として、ごみ...

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候の影響が弱まり緩やかな拡大基調に(14年3月住宅着工件数) ~低い在庫率を背景に増加傾向~

...販売見通しが57に上昇した。一方で、客足が32(前月32)と変わらずとなったものの、50を大幅に下回っている。4月の住宅着工件数は集合住宅の押し上げにより増加する見込み4月に一部で洪水被害などがでているが、全般的には天候による下振れの影響は大幅に小さくなっており、住宅着工件数は増加ペースを加速すると見込まれる。内訳は、「一戸建て住宅着工許可件数」が3月に59.2万戸(前月比+0.5%)と4ヶ月ぶりに増加しており、一戸建て着工件数が前月比で増加すると予想される。一方、集合住宅の着工許可件数が3月に39.8万戸...

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイの反政府運動が強気姿勢を続ける背景 ~「微笑みの国」の微笑ましくない実状とは~

...府行動は首都バンコクの一部に留まっており、都市機能などが完全に混乱する事態には至っておらず、経済に与える影響なども限定的とみられる。しかし、事態収拾が遅れれば政府機能が不全状態に陥る可能性も懸念されるほか、年末年始は観光シーズンであることを勘案すれば、関連産業に悪影響が出ることも予想される。同国は 2011 年のチャオプラヤ川周辺での大洪水被害を経て、あらためて日本企業にとって重要な生産拠点であることが見直されたが、洪水対策も道半ばの状況が続いている上、政治混乱が常態化することになれば、生産...

2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドでインフレリスク再燃の兆候(Asia Weekly (6/12~6/19)) ~インドネシア中銀、金利据え置きも景気にも配慮の姿勢~

...で囲んでいる指標は本レポートで解説を行っています。[インド]~洪水被害や原油相場底入れによる影響が川上で発現、今後はインフレ率にも影響を及ぼそう~12 日に発表された4月の鉱工業生産は前年同月比+4.1%となり、前月(同+2.5%)から加速した。当研究所が試算した季節調整値に基づく前月比も2ヶ月ぶりに拡大に転じており、全般的に生産拡大の動きに広がりが出ていることが影響している。なお、国際商品市況の低迷などを背景に依然として鉱業部門の生産は低迷状態を脱していないものの、ここ数ヶ月は一服感が続いてきた製造業の生産に底入れの動きが出ており、消費...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ