調査のチカラ TOP > 調査データ検索 > 独立行政法人国立環境研究所

「独立行政法人国立環境研究所」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年5月25日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

湿地や干潟の価値を算定しています。

湿地が有する経済的な価値の評価結果

...生態系サービスを他の生態系サービスから切り離して単独で評価できない場合もあり、合計額を用いる場合には重複して計算している可能性にも留意する必要がある。・また、生態系及び生態系サービス毎に異なる評価手法を用いて評価しているため、湿原と干潟に係る経済評価の結果を単純に比較することはできない。本評価の実施にあたっては、湿地及び環境経済学の専門家による湿地の経済価値評価検討会を平成25年度に3回開催した。そのほか12名の専門家へのヒアリングを行い、評価の参考とした。(50音順、敬称略)金谷 弦独立行政法人国立環境研究所地域環境研究センター 研究員中村 太士北海道大学 大学...

2014年12月4日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

昨年分の速報です。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...確報値との間で差異が生じる可能性があります。なお、確報値では、森林等による吸収量についても算定、公表する予定です。添付資料連絡先環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室(代表:03-3581-3351) (直通:03-5521-8244) 室 長瀧口 博明(内線6740) 係 長亀井 雄(内線6768) 担 当渡邊 大介(内線6741) 担 当冨田 翼(内線6741)独立行政法人国立環境研究所 地球環境研究センター温室効果ガスインベントリオフィスマネージャー野尻 幸宏 (029-850-2777) 関連情報関連Webペー...

2013年11月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

京都議定書の目標達成見込みとのことです。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...) 室長補佐吉崎 仁志 (内線6738) 係長亀井 雄(内線6768) 担当小田信介(内線6741) 担当大屋正信(内線6741)独立行政法人国立環境研究所 地球環境研究センター温室効果ガスインベントリオフィスマネージャー野尻 幸宏 (029-850-2777) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。 ページ先頭へ 環境省(法人番号1000012110001)〒100-8975 東京...

2014年8月31日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大気汚染についてのレポートです。

平成24年度大気汚染状況報告書

...概況について説明する大気汚染状況報告書を取りまとめています。今般、平成24年度の大気汚染状況報告書を取りまとめるとともに、その概要を環境省ホームページ()に掲載しました。報告書については、環境省図書館等で公開いたします。また、報告書に記載されているデータは、近日中に独立行政法人国立環境研究所のホームページ(環境数値データベース)に掲載し、閲覧やダウンロードができるようにいたします。2.平成26年3月28日付け報道発表資料の訂正について平成24年度の大気汚染状況の概要については、大気汚染状況報告書の取りまとめに先立ち、平成26年3月28日に「平成24年度...

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

...約束期間の調整期間終了後に確定する予定です(2015年後半以降の見通し)。(注5)森林吸収源対策による吸収量は、5カ年の森林吸収量が我が国に設定されている算入上限値(5カ年で2億3,830万トン)を上回ったため、算入上限値の年平均値。 添付資料連絡先環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室(代表:03-3581-3351) (直通:03-5521-8244) 室長土居健太郎 (内線6740) 室長補佐吉崎 仁志 (内線6738) 係長亀井 雄(内線6741) 担当渡邊 大介 (内線6741) 担当冨田 翼(内線6741)独立行政法人国立環境研究所...

2013年11月15日国立環境研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギーや環境問題についての調査です。

日本人のライフスタイルに関する世論調査

...日本人のライフスタイルに関する世論調査結果について 平成25年11月14日(木)独立行政法人国立環境研究所社会環境システム研究センター環境計画研究室 室長 青柳みどり  国立環境研究所では、平成25年2月に、全国3000名の成人男女を対象に、日本人のライフスタイルについての世論調査を実施いたしました。その結果、〇マスメディアに登場するジャーナリストなどが大学や研究機関の研究者よりも情報源として信頼されていること、〇最近の気候について9割の回答者が「変わってきている」と感...

2015年3月22日国立環境研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネや環境問題についての調査です。

日本人のライフスタイルに関する世論調査

...日本人のライフスタイルに関する世論調査結果について 平成27年3月20日(金)独立行政法人国立環境研究所社会環境システム研究センター環境計画研究室 室長 青柳みどり  国立環境研究所では、平成26年10月に、全国3000名の成人男女を対象に、日本人のライフスタイルについての世論調査を実施いたしました。その結果、〇マスメディアに登場するジャーナリストなどが大学や研究機関の研究者よりも情報源として信頼されていること、〇最近の気候について9割超の回答者が「変わってきている」と感...

2014年3月20日国立環境研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究

...環境省環境研究総合推進費 戦略研究開発領域S-8「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」成果発表について地球温暖化「日本への影響」-新たなシナリオに基づく総合的影響予測と適応策-(筑波研究学園都市記者会配布) 平成26年3月17日(月)独立行政法人国立環境研究所 環境省の運営する競争的研究資金である環境研究総合推進費の戦略研究開発領域S-8「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」では、12のサブ課題が分担して、①日本...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ