「環境研究」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年12月4日国立環境研究所フィードバック数:0社会/政治

日本人のライフスタイルに関する世論調査

...日本人のライフスタイルに関する世論調査結果について(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ配布) 平成27年11月30日(月)国立研究開発法人国立環境研究所社会環境システム研究センター環境計画研究室 室長 青柳みどり 国立環境研究所では、昨年に引き続き平成27年8月に全国3000名の成人男女を対象に、日本人のライフスタイルについての世論調査を実施いたしました。○1)温室効果ガス削減目標値について、(本年6月の)「発表も目標値も知っている」については1割未満の回答でした。○2...

2013年6月16日JETROフィードバック数:1ビジネス海外

中小企業のインド進出を考える‐インド事業環境研究会報告書

...ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 中小企業のインド進出を考える‐インド事業環境研究会報告書 2011年...

博報堂DYが各メディアの接触状況を比較できる調査結果を出しています。

メディア定点調査2009

...メディア接触総時間は若干増加。性・年齢別の差異がさらに顕著に!! ~博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2009」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2009年6月23日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:榊原廣)は、生活者のメディア接触の現状を分析する「メディア定点調査2009」を行いました。東京地区の調査結果によると、生活者のマス4媒体とインターネット2媒体(PC、携帯)を合わせた1日の...

2013年11月15日国立環境研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギーや環境問題についての調査です。

日本人のライフスタイルに関する世論調査

...日本人のライフスタイルに関する世論調査結果について 平成25年11月14日(木)独立行政法人国立環境研究所社会環境システム研究センター環境計画研究室 室長 青柳みどり  国立環境研究所では、平成25年2月に、全国3000名の成人男女を対象に、日本人のライフスタイルについての世論調査を実施いたしました。その結果、〇マスメディアに登場するジャーナリストなどが大学や研究機関の研究者よりも情報源として信頼されていること、〇最近の気候について9割の回答者が「変わってきている」と感...

テレビ視聴の類型です。

テレビ視聴実態調査2014

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年8月4日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)に住む15歳~69歳の男女 1,200人について、テレビ視聴に関連する13のキーワード・76項目について、性・年齢別について調べた「テレビ視聴実態調査2014」を実施いたしました。本調査では、生活者のテレビを見る視聴態度やスマートフォンやタブレットPCなどのマルチスクリーンとの関わり、テレ...

年頭 中小企業経営の展望レポート2015

...【15.02.03】『年頭 中小企業経営の展望レポート2015』発刊 中同協・企業環境研究センターから『年頭 中小企業経営の展望レポート2015』がこのほど発行されました。『年頭 中小企業経営の展望レポート』は、毎年発行されてきた『研究センターレポート』に代わり2012年より発行され、今回で第4号となります。PDFファイル形式でどなたでも無料で入手いただけます。内容は新年度の中小企業を取り巻く情勢についての報告と座談会を収録しています。各企業・同友会における新年度方針の情勢部分の作成・討議...

提言型レポート。楽・視・場・直・定・伴・公・裏が新・スマート八景とのことです。

「スマート・マス」の台頭により生まれる8つの新しい生活シーン「新・スマート八景」

...博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所、 スマートデバイスの急速な普及に伴い登場した新しい生活者を「スマート・マス」と名付け、 「スマート・マス」の台頭により生まれる近未来の生活シーン「新・スマート八景」を発表 博報堂DYメディアパートナーズ2012年12月11日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、スマートデバイスの急速な普及に伴い登場した新しい生活者像を「スマート・マス」と名付け、「スマート・マス」の台...

2015年12月2日環境省★★フィードバック数:0社会/政治

2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...2014年度(平成26年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について環境省と国立環境研究所は、今般、2014年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2014年度の温室効果ガスの総排出量は13億6,500万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比3.0%減(2005年度比2.2%減、1990年度比7.5%増)でした。  2014年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億6,500万トン(CO2換算。以下同じ。)でした。 前年度の総排出量(14億800万トン)と比...

2014年12月4日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

昨年分の速報です。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量は13億9,500万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.6%増(2005年度比1.3%増、1990年度比10.6%増)でした。なお、今回の算定から、新たに三ふっ化窒素(NF3)を温室効果ガスとして追加しました。  2013年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、13億9,500万ト...

「生活を変える55の新しいサービス」への興味度4カ国比較

...メディア環境研究所 「第3回メディアイノベーション調査」より―「生活を変える55の新しいサービス」への興味度4カ国比較― 海外3カ国は世の中のシステムが便利になることに意欲的。日本は、保守的。海外との意識に差。 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所2018年11月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、「第3回メディアイノベーション調査」を実施しました。東京、L.A.、上海、バンコクの4カ国4都市にて、次世...

2014年3月28日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「いぶき」(GOSAT)の観測データを用いた全球の月別メタン収支の 推定結果

...「いぶき」(GOSAT)の観測データを用いた全球の月別メタン収支の 推定結果について (お知らせ) 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」は、環境省、(独)国立環境研究所(NIES)及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した、世界初かつ唯一の温室効果ガス観測専用の衛星です。二酸化炭素とメタンの濃度を宇宙から観測することを主目的としており、平成21年1月23日の打上げ以降、現在も順調に観測を続けています。今般、メタン濃度の「いぶき」による観測データと、地上...

非常に珍しいテーマの調査です。

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」

...元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」を実施 ~「リアル・シンプル・リーズナブル」なライフスタイル~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年8月28日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、自称元ヤン・元ギャルを対象に、消費行動・メディア行動の実態を把握する「元ヤン・元ギャル男女メディア・生活実態調査」を実施しました。この調査は、メディア環境研究所では数値としてあまり捕捉されていなかった、「元ヤン・元ギ...

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」時系列分析

...博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」時系列分析 メディア環境研究所2019年5月23日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、生活者のメディア接触の現状を捉える「メディア定点調査」を2006年から行っています。接触時間やイメージなど時系列分析から見えてきたメディア環境の変化をご報告します。■「携帯/スマホ」と「テレビ」の増加により、メディア総接触時間は過去最高の411.6分、初の400分台...

博報堂の調査です。

メディア定点調査2014

...携帯・スマホの接触時間が、パソコンを上回る ~メディア環境研究所「メディア定点調査2014」 ~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年6月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査2014」を実施いたしました。1、メディア接触時間は、テレビに続いて、携帯・スマホの順に東京地区の調査結果によると、生活者の1日あたりのメディア接触時間は、テレビ156.9分、携帯...

2016年10月17日国立環境研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本人の環境意識に関する世論調査

...日本人の環境意識に関する世論調査結果について(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ配布) 平成28年10月6日(木)国立研究開発法人 国立環境研究所社会環境システム研究センター統合環境経済研究室 主席研究員青柳みどり 国立環境研究所では、平成28年6月に全国18歳以上の男女3000名を対象に、日本人の環境意識についての世論調査を実施いたしました。その結果、1,640名(54.7%)からの有効回答が得られましたので、結果の概要を報告いたします。この調査は、気候...

スマホとテレビの関係です。

Media Extension -ひろがる生活、ひろがるメディア-

...生活者とメディアに関する新しいテーマとして「Media Extension -ひろがる生活、ひろがるメディア-」を発表 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年12月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、第11回メディア環境研究所フォーラム(2014年11月18日 東京都内で開催)において、生活者とメディアに関する新しいテーマとして「Media Extension –ひろがる生活、ひろがるメディア-」を発...

2014年3月20日国立環境研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究

...環境省環境研究総合推進費 戦略研究開発領域S-8「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」成果発表について地球温暖化「日本への影響」-新たなシナリオに基づく総合的影響予測と適応策-(筑波研究学園都市記者会配布) 平成26年3月17日(月)独立行政法人国立環境研究所 環境省の運営する競争的研究資金である環境研究総合推進費の戦略研究開発領域S-8「温暖化影響評価・適応政策に関する総合的研究」では、12のサブ課題が分担して、①日本...

2015年4月14日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)

...2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について(お知らせ) 環境省と国立環境研究所は、今般、2013年度の我が国の温室効果ガス排出量(確報値(注1))をとりまとめました。2013年度の温室効果ガスの総排出量(注2)は14億800万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比1.2%増(2005年度比0.8%増、1990年度比10.8%増)でした。  気候変動に関する国際連合枠組条約(以下「条約」という。)第4条及び第12条並びに関連する締約国会議の決定に基づき、我が...

高校生を対象としたスマートフォンの所有・利用についての調査です。

スマートティーン調査報告

...スマホ所有の高校生、4人に1人が『初めて買った携帯電話がスマホ』と回答 ~博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 「スマートティーン調査報告」~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年12月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、全国の高校生を対象に、スマートフォンの使用やメディア接触状況を調査した「スマートティーン調査報告」を発表します。調査結果から、高校生にスマートフォンが急速に普及しており、ソー...

タイ・ベトナム・インドネシアでの調査です。

第1回 ASEAN メディア・コンテンツ調査

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、タイ・ベトナム・インドネシアの3カ国/各国500人を対象に、 「日本コンテンツファンの実態」「日本コンテンツに対するイメージ」「メディアの接触状況」などを含むメディア・コンテンツの環境を調査した「第1回 ASEAN メディア・コンテンツ調査」を実施いたしました。調査結果から、調査対象国における「日本コンテンツファン層」の平均年齢は30.3...

2015年5月20日国立環境研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

言葉の認識の違いを見ています。

拡大生産者責任の概念についての国際認識調査

...用と論拠、責任の種類、生産者の範囲、EPR制度に関する特定の見解への賛否等であり、個別の集計結果とともに、国・地域別、製品種類(容器包装、家電等)別、ステークホルダーの種類別の集計結果、自由回答の結果が示されている。なお、本調査は、スウェーデンのルンド大学国際産業環境経済研究所と日本の国立環境研究所資源循環・廃棄物研究センターの研究者によって共同で実施されたものである。著者らの関連研究成果 資源循環・廃棄物研究センター循環型社会システム研究室室長田崎 智宏...

2014年5月25日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

湿地や干潟の価値を算定しています。

湿地が有する経済的な価値の評価結果

...生態系サービスを他の生態系サービスから切り離して単独で評価できない場合もあり、合計額を用いる場合には重複して計算している可能性にも留意する必要がある。・また、生態系及び生態系サービス毎に異なる評価手法を用いて評価しているため、湿原と干潟に係る経済評価の結果を単純に比較することはできない。本評価の実施にあたっては、湿地及び環境経済学の専門家による湿地の経済価値評価検討会を平成25年度に3回開催した。そのほか12名の専門家へのヒアリングを行い、評価の参考とした。(50音順、敬称略)金谷 弦独立行政法人国立環境研究所地域環境研究センター 研究員中村 太士北海道大学 大学...

年頭 中小企業経営の展望レポート2014

...【14.02.12】『年頭 中小企業経営の展望レポート2014』発刊 中同協・企業環境研究センターから『年頭 中小企業経営の展望レポート2014』がこのほど発行されました。『年頭 中小企業経営の展望レポート』は、毎年発行されてきた『研究センターレポート』に代わり2012年より発行され、今回で第3号となります。PDFファイル形式でどなたでも無料で入手いただけます。内容は新年度の中小企業を取り巻く情勢についての問題提起と座談会に加え、講演録として立教大学経済学部教授・菊地進氏による、1月10日の...

東証1部上場企業の3Q決算の集計です。

東証1部:13年3月期3Q決算の集計結果(2/1まで)

...連動報酬の評価指標への考察~』SRコンサルティング部 部長 古川 達也[2019.2.13] 公開グラス・ルイス アジア・リサーチ シニア・ディレクター 上野氏をお招きして、グラス・ルイス ガバナンス・セミナーを開催しました。[2019.2.13] 公開2019年1月31日発行「資本市場リサーチ 第50号(特別号)」に寄稿しました。 『欧米主要企業によるESG情報の開示例』SRコンサルティング部長 浦野 大介[2019.2.13] 公開日本投資環境研究所・みずほ信託銀行共催『IRセミナー』を開催しました。[2018.11.13...

2016年5月24日JAXAフィードバック数:0社会/政治

全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました

...事業内容事業内容 アーカイブス 年間活動実績 過去のプロジェクトデータ TOPプレスリリース・記者会見等全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました ~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測速報~全大気平均二酸化炭素濃度が初めて400 ppmを超えました ~温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)による観測速報~ 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 国立研究開発法人国立環境研究所 環境省 環境省、国立環境研究所(NIES)及び...

都道府県を7グループに分けています。

全国47都道府県メディア接触分析

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:三神正樹)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を実施しました。メディア接触時間量やメディア評価などの視点から生活意識・関心などを分析した結果、全国47都道府県の生活者のメディア接触は、①アイランドマス、②テレビ・ラジ...

2014年12月8日QueryEyeフィードバック数:0モバイル

人工知能(Deep Learning)でアプリストア市場予測、70%の正答率を達成

...ニュースリリース発表日 2014年12月8日 人工知能(Deep Learning)でアプリストア市場予測、70%の正答率を達成名古屋大学大学院とクエリーアイの共同研究 クエリーアイ株式会社(名古屋市中区、代表取締役水野政司)と名古屋大学大学院情報科学研究科安田孝美教授の研究グループはスマートフォン・アプリストアApp Storeで販売されているアプリの1時間後のランキング状態を70%の正答率で予測する人工知能の開発に成功しました。この共同研究成果は情報処理学会・情報システムと社会環境研究...

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施

...スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社2018年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所、株式会社博報堂の買物研究所、およびD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の広告技術研究室は、近年、コミュニケーションだけでなく動画などのエンターテインメント、さらには買い物の場として、目覚...

「メディア定点調査2016」時系列分析

...博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2016」時系列分析より 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年6月20日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年から行っています。調査開始10年を迎えた本年は、時系列分析を実施し、メディア環境の10年間の変化を振り返りました。① メディア総接触時間は過去最大の393.8分。「携帯...

メディア接触についての調査です。

メディア定点調査2013

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年6月10日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、生活者のメディア接触の現状を分析する「メディア定点調査2013」を実施しました。東京地区の調査結果によると、マス4媒体とインターネット2媒体(パソコン、スマートフォンを含む携帯電話)を合わせた1日のメディア接触時間は、5時間53分(週平均)と昨年とほぼ同数値となりました。1日の...

都道府県別の主要6メディア接触状況を5つのクラスターに分けて分析しています。

全国47都道府県メディア接触分析

...全国のメディア接触パターンは5通り。ネット利用が多い東京。ラジオ利用が多い沖縄。 ~博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 「全国47都道府県メディア接触分析」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年11月27日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を行...

首都圏では80.8%がPC、37.2%が携帯を所有しているそうです。

小学生のメディア接触や生活実態に関する調査

...小学生の8割強がパソコンを利用。高学年女子の携帯電話所有率は6割。~小学生のメディア行動に関する調査報告~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年7月25日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の小学生のメディア接触や生活実態に関する調査を行いました。今回の調査で、小学生のパソコンや携帯電話の利用の低年齢化が一層進み、小学生の8割強がパソコンを利用し、約4割が...

シニア女性のメディア利用についての調査結果です。

60代女性のメディア行動に関する調査

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2011年11月29日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、社会の高齢化を踏まえ、夫の定年や子育てからの解放など、人生の新しいステージを迎える60歳代女性の生活者に注目し、メディア接触や生活意識、消費行動に関する調査を行いました。今回の調査で、60歳代女性にとって、メディアは「学びたい欲」を満たしてくれるものであることが分かりました。テレビでは知的欲求を満たす番組を視聴し、人生...

メディア環境研究所 「第2回メディアイノベーション調査」より -「生活を変える新しいサービス」への興味度4都市比較-

...【調査レポート】メディア環境研究所 「第2回メディアイノベーション調査」より -「生活を変える新しいサービス」への興味度4都市比較- 博報堂DYメディアパートナーズ2017年12月8日 –「生活を変える新しいサービス」への興味度4都市比較–L.A.、上海、バンコクの3都市は「スマートスピーカーでニュースを聞く」、首都圏は「無人店舗」がトップ株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、「第2回メディアイノベーション調査」を実施しました。3月に...

スマートフォンからのネット利用が大きく伸びています。

メディア定点調査2012

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年6月13日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、生活者のメディア接触の現状を分析する「メディア定点調査2012」を行いました。東京地区の調査結果によると、生活者のマス4媒体とインターネット2媒体(パソコン、携帯電話*スマートフォン含む)を合わせた1日のメディア接触時間は、5時間51分(週平均)。2010年以降はほぼ同数値となっており、1日の...

「ゴーグルで覗くみらい情報生活調査 」鏡や冷蔵庫とやりとりする未来の生活をVRで体験調査~第2弾結果発表~

...「ゴーグルで覗くみらい情報生活調査 」鏡や冷蔵庫とやりとりする未来の生活をVRで体験調査~第2弾結果発表~ 博報堂ⅮYメディアパートナーズメディア環境研究所2020年5月21日 IoT環境における「モノと人との会話」に男女差。会話を楽しむ女性、端的なやり取りを求める男性株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:島野 真)は、スマートスピーカーをはじめ、IoTの進展に伴い広がる、家電や鏡など新たなメディアと、そこで生まれる“人と...

2015年11月24日JAXAフィードバック数:0社会/政治

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度

...事業内容事業内容 アーカイブス 年間活動実績 過去のプロジェクトデータ TOPプレスリリース・記者会見等温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データに基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度の公表について温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)の観測データ に基づく月別二酸化炭素の全大気平均濃度の公表について 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 国立研究開発法人国立環境研究所 環境省  温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT(ゴーサット))は、環境省、国立研究開発法人国立環境研究...

70代のデジタル機器、メディア利用、消費についての調査です。

70代のメディア接触と生活意識・消費行動に関する調査

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年7月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:吉田弘)は、東京の70代のメディア接触と生活意識・消費行動に関する調査を行いました。メディア接触についてはメディア環境研究所が行っているメディア定点調査2013(2013年6月10日発表)と同じ項目で調査を実施。70代はメディア接触に積極的で、マスメディアの接触時間が長く、PC・携帯などデジタルメディアも活用していることがわかりました。周囲...

「メディア定点調査2015」時系列分析

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年7月7日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年より現在の調査設計で行っており、本年は時系列分析を実施しました。分析から見えてきた生活者のメディア接触の変化をご紹介致します。① メディア総接触時間は383.7分。「携帯・スマホ」「タブレット」でメディア総接触時間の1/4以上へ・1日あたりのメディア総接触時間は383...

2013年6月2日リクルート★フィードバック数:3大型消費/投資

賃貸住宅のニーズ調査です。

首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査

...首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査 2012-2013年発表2013年5月21日 株式会社リクルート住まいカンパニー 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口 孝広)は、21C住環境研究会と共同で、「第6回首都圏賃貸住宅市場における入居者ニーズと意識調査2012-2013」調査を行いました。このたび調査結果を取りまとめましたのでトピックスをご報告いたします。■調査トピックス●多少家賃が上がっても欲しいサービス・設備 1位「24時間...

70代調査です。

70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査

...株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月12日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、東京・大阪在住の70代男女227名を対象にした、「70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査」を実施いたしました。第4弾となる今回は、東阪在住の70代の姿を明らかにするために、初めて大阪地区においても調査を実施いたしました。 また、好きなタレント* ・アスリートやコンテンツの接触状況を把握するために、 「メディア接触」「消費...

2013年11月20日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

京都議定書の目標達成見込みとのことです。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(速報値)

...) 室長補佐吉崎 仁志 (内線6738) 係長亀井 雄(内線6768) 担当小田信介(内線6741) 担当大屋正信(内線6741)独立行政法人国立環境研究所 地球環境研究センター温室効果ガスインベントリオフィスマネージャー野尻 幸宏 (029-850-2777) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。 ページ先頭へ 環境省(法人番号1000012110001)〒100-8975 東京...

2013年12月2日QueryEyeフィードバック数:0マーケティング

クチコミ連鎖がApp Storeランキング急上昇を誘発する模様を動画化

...ニュースリリース発表日 2013年12月2日 クチコミ連鎖がApp Storeランキング急上昇を誘発する模様を動画化名古屋大学大学院とクエリーアイの共同研究情報処理学会にて発表 クエリーアイ株式会社(名古屋市中区、代表取締役水野政司)と名古屋大学大学院情報科学研究科安田孝美教授の研究グループはApp Storeのランキングが急上昇する前後にTwitterでのクチコミの連鎖がどのように発生しているかを動画で可視化することに成功しました。この共同研究成果は情報処理学会情報システムと社会環境研究...

2015年6月23日国立環境研究★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のデータです。

わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について

...2015年6月号 [Vol.26 No.3] 通巻第295号 201506_295001わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について 〜京都議定書の第二約束期間における最初の排出量の報告〜地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 高度技能専門員 地球環境研究センター 温室効果ガスインベントリオフィス 連携研究グループ長 はじめにわが国は国連気候変動枠組条約(以下、UNFCCC)のもと、国際的な責務として日本国の温室効果ガスの排出吸収量の算定を行っています。国立環境研究所地球環境研究...

2014年4月15日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温室効果ガス排出量です。

2012年度(平成24年度)の温室効果ガス排出量(確定値)

...約束期間の調整期間終了後に確定する予定です(2015年後半以降の見通し)。(注5)森林吸収源対策による吸収量は、5カ年の森林吸収量が我が国に設定されている算入上限値(5カ年で2億3,830万トン)を上回ったため、算入上限値の年平均値。 添付資料連絡先環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室(代表:03-3581-3351) (直通:03-5521-8244) 室長土居健太郎 (内線6740) 室長補佐吉崎 仁志 (内線6738) 係長亀井 雄(内線6741) 担当渡邊 大介 (内線6741) 担当冨田 翼(内線6741)独立行政法人国立環境研究...

2015年3月11日環境省★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省の400ページを超えるレポートです。

日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について

...の上昇、海洋の酸性化などが生ずる可能性があり、災害、食料、健康などの様々な面で影響が生ずることが予想されています。 こうしたことから緩和の取組を着実に進めるとともに、既に現れている影響や今後中長期的に避けることのできない影響への適応を計画的に進めることが必要となっています。 政府全体の「適応計画」策定にあたっては、気候変動が日本にどのような影響を与えるのかを把握し、それを踏まえる必要があります。そのため、平成25年7月に中央環境審議会地球環境部会の下に気候変動影響評価等小委員会(委員長:住 明正 国立環境研究...

2014年10月6日三重県★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

三重県のレポートです。

三重県気候変動影響レポート2014

...「三重県気候変動影響レポート2014」~ここまで進んできた温暖化~ をとりまとめました三重県では津地方気象台と国立環境研究所の協力を得て、県内における「気候の変化」「気候による影響」の情報を中心とした「三重県気候変動影響レポート」をまとめました。県民や事業者の皆様には、県内における気候変動の現状について事実を知っていただき、引き続き省エネルギーや再生可能エネルギーの導入等による温室効果ガスの排出削減に取り組んでいただくとともに、すで...

緊急事態宣言解除後のメディア接触調査

...メディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:島野真)は、「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施。新型コロナウイルス感染拡大を受けた生活変化において、生活者のメディアライフの変化を明らかにしました。本調査では、在宅率上昇による一時的な変化だけでなく、今後も続いていく大きな潮流「メディアの新常態」を把握することを目的としました。以下の3つが主な発見点です。①緊急事態宣言解除後の5月末のメディア接触時間は、1月末を100%とした場合、99.2%で横ばい1日あ...

まだメリットが感じられていないのかもしれません。

広告に対する意識調査--約70%のユーザーは行動データの収集を迷惑に感じている

...者にはそれほどの差異がないものの、年代別では、20代:65.6%、30代:51.9%、40代:39.1%、50代:50.0%と20代の回答率が高く、逆に40代では平均よりも10ポイント以上低いことがわかった。 博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表している「メディア定点調査」(PDF)によると、年代が上がるにつれテレビやラジオなど既存メディアの接触時間が増える一方、PCや携帯電話といった新規メディアの利用時間が減る傾向にある。メディアとしての歴史や特徴がこの結果に表れているのかもしれない。Q1.広告に対して“不快...

2015年3月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

平成25年度自動車交通騒音の状況

...らの状況は、(独)国立環境研究所が運営するインターネットサイト「全国自動車交通騒音マップ(環境GIS 自動車交通騒音実態調査報告)」においても、地図と共に情報提供します。インターネットアドレス;field=8 【全国自動車交通騒音マップ掲載例】添付資料連絡先環境省水・大気環境局自動車環境対策課直通:03-5521-8303 代表:03-3581-3351 課長:小野 洋(内線6520) 課長補佐:本田 卓(内線6526) 担当:加藤 淳(内線6527) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ