「異常気象分析」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年9月7日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

8月の天候についての分析です。

平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

...キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年(2014年)8月の不順な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~ 報道発表日概要 本日開催した異常気象分析検討会 (臨時会)において、2014年8月の不順な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。2014年8月は、西日本を中心に記録的な多雨・日照不足になりました。また、7月30日から8月26日にかけては各地で大雨が発生しました(「平成26年8月豪雨 」)。この...

2013年9月8日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

夏の天候の振り返りです。

平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~

...キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年(2013年)夏の日本の極端な天候について ~異常気象分析検討会の分析結果の概要~報道発表日概要本日開催した異常気象分析検討会において、2013年夏(6~8月)の日本の極端な天候をもたらした大規模な大気の流れについて、その要因を分析し、以下の見解をまとめました。2013年夏の日本の天候は、以下のように、極端な天候となりました(ここで示す地域平均の統計開始は1946年)。<気温>①夏平均気温:西日本 +1.2℃(統計開始以降第1位...

2018年3月12日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成29年12月以降の低温と大雪の要因について(速報)

...ドネシア付近の積雲対流活動が平年よりも活発だったことが影響したと考えられます(図)。これはラニーニャ現象時に典型的な特徴であり、数値シミュレーションでも確認できたことから、 昨年(平成29年)秋以降続いているとみられるラニーニャ現象が、日本付近への寒気の流入の要因の一つと考えられます。今冬の日本付近への寒気の流入の要因について、高緯度の偏西風の蛇行や北極海の海氷の影響等の観点から、 本年3月に予定している異常気象分析検討会にて詳細に分析します。 異常気象分析検討会の日程は、決まり次第お知らせいたします。平成29年12月以...

2014年3月23日企業共済協会★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

中小企業のBCPについてのレポートです。199ページあります。

2013年度(平成25年度)中小企業災害対応・BCP実態調査(東日本編)

...2013年度(平成25年度)中小企業災害対応・BCP実態調査(東日本編) 2013年度(平成25年度)中小企業災害対応・BCP実態調査(東日本編)  我が国は台風の通り道となりやすい場所に位置し、また、国土が4つのプレート上にまたがっている事から、常に大型地震の脅威にも晒されています。そのため、厳しい建築基準や高い防災意識、そして助け合いの精神といった物心両面で長年築き上げてきた財産によって災害による被害は諸外国と比べて格段に少ないとも言われております。しかし、気象庁の異常気象分析...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ