「相対取引価格」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2016年11月28日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度米麦卸売業動向調査

...多様化から米の消費量は年々減少しているが、大手企業が業界をけん引する構図が鮮明になってきた。売上高100億円以上の大手は、米以外の食品扱いや兼業の強化、グループ再編やM&Aなどで規模を拡大し増収に繋げている。一方、売上高100億円未満の中小企業は減収が6割(構成比61.1%)と半数を超え、規模による二極化が浮き彫りとなった。本調査は東京商工リサーチの企業データベースから、主業種が「米麦卸売業」のうち、売上高・利益が3期連続で比較可能(合併などの場合は旧会社の業績を一部利用)な430社を抽出し、分析した。米の相対取引価格は上昇基調だが、消費...

2014年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2013年度「米麦卸売業」449社の動向調査

...出荷を控えて在庫米の早期売り切りを急いで薄利多売を強いられた業者の収益を圧迫した。11月28日に農林水産省が発表した2014年産米の10月の相対取引価格は、前年同期比17.2%安の60キロ1万2,215円(全銘柄平均、消費税込み)で、2006年に調査が開始されて以降最安値を更新した。米卸価格の下落は収益を直撃する。TPP交渉が停滞し減反廃止論もおさまらないなか、コメの需要減と過剰在庫など米麦卸業者の足元の環境は厳しく先行きは見えない。最新記事・倒産状況に関するお問い合わせ電話・FAXでのお問い合わせ株式会社東京商工リサーチ 情報部最寄りのTSR支社...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ