「社会学研究科」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

日本労働研究雑誌 9月号

...提言渡辺 秀樹(慶應義塾大学文学部・大学院社会学研究科教授)解題編集委員会論文斎藤 修(一橋大学名誉教授)岩澤 美帆(国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部第1室長)鎌田 健司(国立社会保障・人口問題研究所人口構造研究部研究員)三好 向洋(愛知学院大学経済学部講師)田中 佑子(諏訪東京理科大学前教授)笠木 映里(九州大学法学部准教授)紹介鈴木 晶子(一般社団法人インクルージョンネットよこはま理事)二神 能基(NPO法人ニュースタート事務局理事)論文(投稿)小林 徹(慶應...

日本労働研究雑誌 2015年 特別号

... 充子(法政大学キャリアデザイン学部教授)南雲 智映(東海学園大学経営学部准教授)後藤 嘉代(労働調査協議会調査研究員)金 明中(ニッセイ基礎研究所生活研究部准主任研究員)岩田 克彦(JILPT客員研究員)田中 恵子(法政大学大学院キャリアデザイン学研究科研究生終了)自由論題セッション●第2分科会(労働市場、賃金)論文西村 健(京都大学大学院経済学研究科博士後期課程)土居 雅弘(同志社大学大学院社会学研究科産業関係学専攻後期博士課程)荒木 祥太(一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程)孫 亜文(一橋...

2014年11月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

内定した先輩たちに聞きました。 就活にかかったお金はいくら?

...府在住・交通費11万5000円・大学院社会学研究科・男子学生)東京や大阪などの説明会・面接に行くときは、行くたびに院生や社会人に会ったり、お昼時にOB・OG訪問したりして、ご飯をごちそうしてもらっていました。話も弾むしリフレッシュできました。(人文学部・女子学生)東京までの交通費が高かったので、できるだけ日程をまとめて無駄に何度も行き来しないようにした。夜行バスを利用したり、間に1日空いてしまうときなどは、帰らずに漫画喫茶などに泊まったりしていた。(京都府在住・交通費15万円・大学院情報学研究科・男子...

少子化についてのコラムです。

[第1回] 少子化総論:日本の少子化の実態と要因

...【特集9】少子化社会と子育て[第1回] 少子化総論:日本の少子化の実態と要因 [1/3]第1回目は少子化の全体像をとらえるため、中京大学教授の松田茂樹先生(社会学者)に、日本の少子化の特徴・要因・対策についてお話しいただきました。松田 茂樹●まつだ しげき 中京大学現代社会学部教授。社会学博士。専門は少子化対策、子育て支援、家族論。1970年生まれ。一橋大学社会学部卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、博士(社会学)。第一生命経済研究所主席研究員をへて現職。内閣府「少子...

ネットの影響を見ています。

参議院選挙におけるネット選挙解禁が有権者に与える影響について

...年東京大学文学部心理学科、1982年同大学大学院社会学研究科修士課程修了。コミュニケーション論、社会心理学専攻。一貫して、日本のコミュニケーション状況、メディア環境の変化を実証的に探求している。著書・論文に『背理のコミュニケーション』(勁草書房)、『コミュニケーション学への招待』(編著、大修館書店)、『ネットワーク社会』(編著、ミネルヴァ書房)、『メディア・コミュニケーション学』(編著、大修館書店)、『ネオ・デジタルネイティブの誕生』(ダイヤモンド社)、『メディアと日本人』(岩波書店)等多...

2018年3月7日リンナイフィードバック数:0ライフスタイル

世界5カ国の「共働き」に関する意識調査

...の効率化が飛躍的に進むでしょう。立命館大学産業社会学部教授 筒井 淳也(ツツイ ジュンヤ)氏1999年、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程満期退学。博士(社会学)。2014年から現職。専門は計量社会学、家族社会学で、社会学一般についての理論的研究をベースに、いくつかの分野を横断して実証的な研究を行う。現在は、特に福祉レジーム論をベースにした家族と労働のあり方、女性の就業、ワーク・ライフ・バランスなどについて研究に取り組み、データをもとにした計量分析を主に、これと関連して、社会学における実証研究の問題点・課題...

電通PRと東大橋元研、関西大小笠原研が衆院選の共同調査実施 若年層は政党・候補者が発信したネット上の選挙情報を重視

...ル化を推進する活動により、これまでにPRSJ(日本PR協会)「PRアワード グランプリ」、IPRA(国際PR協会)「ゴールデン・ワールド・アワード」、日本広報学会賞「教育・実践貢献賞」など多数受賞しています。研究所HP:https://www.dentsuprc.co.jp/csi/ 東京大学大学院情報学環 教授 橋元良明について1955年京都市生まれ。1978年東京大学文学部心理学科、1982年同大学大学院社会学研究科修士課程修了。コミュニケーション論、社会心理学専攻。一貫して、日本のコミュニケーション状況、メデ...

2020年1月22日東北新社★フィードバック数:0ライフスタイル

20~40代男女に聞いた「令和元年のパパに関する意識調査」令和時代の家事・育児は「自分らしく」「自ら進んで楽しむ」

...担を減らし、さらに、ワーク自体を楽しめるような令和時代となることを期待します。筒井 淳也(立命館大学 産業社会学部教授)1970年生まれ。93年一橋大学社会学部卒業、99年同大学大学院社会学研究科博士後期課程満期退学。現在は立命館大学 産業社会学部教授。主な専門は家族社会学・計量社会学。著書に『結婚と家族のこれから 共働き社会の限界』(光文社新書)『仕事と家族 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』(中公新書)など。■調査結果 令和時代の男性は、家事・育児を積極的に行うことは当然と8割が回答。実際にも、6割が...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ