「米州地域」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

International Investment Atlas 2015

...ドルに達すると予想しています。アジア太平洋地域(中国での土地売買を含む)の2014年の不動産投資活動は前年比23.6%の減少でした。ただし第4四半期には増加に転じました。アジア太平洋地域のトレンドは市場毎にまだら模様でした。中国は土地売買の減少で大きく下げ、シンガポール、香港、マレーシアもかなりの減少でした。一方でオーストラリア、ニュージーランド、韓国、インドは上昇基調でした。米州地域は11.4%、ヨーロッパ地域は11.8%というより高い増加率でした。ヨーロッパはドル高ユーロ安でなければさらに顕著な増加になるところでした。不動...

世界のクロム市場概観

...値によると2,940万tで、前年比3 %減となった。これはアジア・欧州地域で前年比38 %減と大幅に減産したことが影響しており、印Tata Steelによる採掘権更新がインド政府から認められず、インドが減産したことが影響したとされる。中東、東欧及び米州地域では前年に比べて増産し、アフリカでは最大生産量を記録した。(3) フェロクロムa) フェロクロム生産国別推移 次にフェロクロム生産について見ると、1987年のフェロクロム生産量は370万tで、およそ30カ国以上で生産がなされていたが、2013年に...

カレント・トピックスNo.15-22 2015年春季国際ニッケル研究会(INSG)報告

...の一次ニッケル消費量については、アジア、米州地域の需要拡大を下方修正し、2015年は前年比3.7 %増の193.9万 tと予測した。特に世界需要の5割以上を占める中国については、GDP成長率の減速に伴い過去2桁成長であった需要の伸びは2014年から鈍化し、2014年は前年比6.4 %増、2015年は前年比4.6 %増の100万 tと予想した。また消費量第2位の米国についても同様に、2014年の前年比5.2 %増から2015年は3.7 %増へと緩やかな伸びと予想した。国別では消費国上位から、中国100万 t、米国15.6万...

2017年4月29日HPフィードバック数:0企業情報システム

The Internet of Things: Today and Tomorrow(IoTの現在と未来)

...関連でのセキュリティ侵害[7]を1度は経験しており、これは中東欧州アフリカ、米州地域に比べ世界で最も高い割合でした。回答者の半分以上は、外部からの攻撃が、IoT戦略立案上の主な妨げになっている[8]と答えています。このことは、強固なネットワーク・アクセス・コントロールとポリシー管理に基づく包括的なIoTセキュリティ戦略が、企業を保護するのみならず、IoTにおけるセキュリティ・アプローチをシンプルにすることにもつながることを示唆しています。HPE Arubaのマ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ