「老後所得」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル海外

韓国における退職年金制度の導入過程や現状について

...韓国における退職年金制度の導入過程や現状について | ニッセイ基礎研究所 韓国における退職年金制度の導入過程や現状について 生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――はじめに2――老後所得保障の代名詞であった退職金制度(1953年)3――退職年金制度の導入過程や現状4――退職...

韓国政府が基礎年金制度を導入―制度の仕組みと今後の課題

...している。基礎年金制度を導入した理由は、無年金者や低年金者を含め経済的に自立度が低い高齢者の老後所得を補完するためである。基礎年金の受給対象は65歳以上の高齢者のうち、所得認定額が下位70%に該当する者であり、最低10万ウォンから最大20万ウォンまでの給付が支給される。基礎年金は、加入期間が長くなればなるほど基礎年金の給付額が減少する仕組みになっているので、野党や市民団体等は現在の基礎年金制度は、誠実に年金制度に加入した人や若者にとってむしろ不利になる仕組みであるとして、制度の改正を強く求めている。基礎...

韓国の生保市場です。

韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方

...的リスクに対する政府の公的制度と共に、自助努力としての民間保険の必要性に対する認識がますます広がっている。韓国政府としては、老後所得保障の2階部分として生命保険を含む民間保険の活性化を望んでいるが、最近の景気低迷などにより、とくに若年層の生命保険離れが進んでいる。韓国における生命保険の世帯加入率(2014年)は85.8%で、2013年の83.0%に比べて2.8%ポイント上昇した。また、世帯加入件数も4.0件で2013年の3.6件に比べて0.4件増加している。生命保険の商品別加入率は、疾病治療重点保障保険 が75.5%で最も高く、次が...

NISA~誰が為の制度か~

...に問題なのは、本来であれば私的年金の中核的役割を果たすことができるはずの個人型確定拠出年金への加入者が約20万人と極めて少ない点だ。国民全体の資産形成への寄与という点では物足りない状態が続いていると言わざるを得ない。こうした状況の中、2015年度の税制改正大綱において個人型確定拠出年金への加入可能範囲拡大が打ち出されたことは大きな前進である。これまでも多くの研究者から新たな年金制度の提言がなされてきたiii。いずれの提言もポータビリティを確保し、企業間や雇用形態間の公平さも解消できる国民の老後所得...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ