「耕作放棄地」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年5月29日大和総研フィードバック数:4ライフスタイル

農業所得向上を後押しする異業種連携への期待

...漁業成長産業化ファンド」(2013年2月に始動した官民ファンド)を活用する方針である。経済合理性で動く民間資金を使うことで成長性のある事業が創出されることが期待されるが、そのためには資金提供のみならず農外企業のもつ経営ノウハウや技術支援等の総合的なサポート体制をいかに構築するかが鍵となろう。農地の集積に関しては、これまで様々な政策が講じられてきたが、成果は限定的であり、耕作放棄地や遊休農地は増加し続けている。この現状を打開するため、今回農林水産省は農地の仲介を行う新たな組織として「農地中間管理機構(仮)」の導...

2016年9月27日国土交通省★★フィードバック数:0社会/政治

条件不利地域における集落の現況把握調査

...】○各集落の集落機能の維持状況・良好に維持されている60,643(80.1%)・機能低下10,318(13.6%)・維持困難3,015( 2.2%)○多くの集落で発生している問題や現象(複数回答を得たうち、過半数が回答したもの)・空き家の増加82.9%・商店・スーパー等の閉鎖64.0%・耕作放棄地の増大71.6%・住宅の荒廃(老朽家屋の増加)62.3%・働き口の減少68.6%・獣害・病虫害の発生61.9%・商店・スーパー等の閉鎖 64.0%・公共交通の利便性低下51.3%【備 考】報告...

農業のIT化最新動向

...農業は衰退の一途をたどっています。そのような中、企業の農業参入が増えています。参入各社が展開する事業は「農業ビジネス」と呼ばれ、専門技術からアイデア、サービスなど多様なアプローチをしています。農業ビジネスが注目される背景としては、①日本農業を取り巻く課題として農業就業者の高齢化と後継不足、②耕作放棄地の増加、③輸入農産物との競合、④社会的には食品偽装や残留農薬など「食の安全・安心」への不信、⑤国内食料自給率低下への危機感、⑥環境破壊に対する問題意識の向上などがあります。最近では、TPPによる関税撤廃、農産...

2013年6月17日大和総研フィードバック数:6ライフスタイル

日本農業の新たな国際展開の可能性

...トップレポート・コラムアジアレポートアジアンインサイト日本農業の新たな国際展開の可能性 ここから本文です日本農業の新たな国際展開の可能性我が国の農業振興に向け、様々な支援策が講じられている。しかしながら、担い手の減少には歯止めがかからず、平成19年に202万人であった基幹的農業従事者数は平成24年に178万人へと減少した。また、基幹的農業従事者の平均年齢は、平成19年に64.6歳であったが、平成24年には66.2歳となり、高齢化はより深刻化している(図表1)。耕作放棄地...

2013年2月10日国土交通省★★フィードバック数:11ライフスタイル

珍しいテーマのアンケートです。

農山漁村地域に関する都市住民アンケート(インターネット調査)の結果

...交通の利便性低下など生活サービス機能の低下に加え、働き口の減少、空き家や耕作放棄地の増加、獣害の発生や森林の荒廃など、様々な問題が広がっています。さらに、暮らしの安心を支えるコミュニティ機能が低下し、集落の維持・存続が危ぶまれる状況が拡大することが懸念されています。こうした集落の課題に対し、基礎的な生活サービスの確保など、暮らしの安心を確保し、集落を維持・活性化する対策が求められています。全国の集落で様々な地域活性化の取組みが行われていますが、地域活動の担い手不足が大きな課題です。持続可能な集落地域づくりを進めていく上で、都市...

2019年11月26日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

国内有力企業(異業種参入企業)の農業ビジネスに関する調査を実施(2019年)

...,300万円と推計した。内訳は農地所有適格法人(農業生産法人)が112億3,200万円、農地リース(一般法人)が295億5,000万円、完全人工光型植物工場が59億6,900万円、太陽光・人工光併用型植物工場が17億6,100万円、太陽光利用型栽培施設が212億4,100万円である。近年、農業を取り巻く環境は厳しい状況にあり、国内においては農業従事者の高齢化、農業就業人口の減少、耕作放棄地増加の問題がかねてから指摘されている。また、世界的な食料危機や気候変動下における生産作物への影響、貿易...

スマート農業分野のIT市場 市場規模予測

...ート農業とは、情報通信技術(ICT)やロボット技術を活用して、省力化や精密化などを進める次世代農業です。現在、農業を取り巻く環境は大変厳しく、「就農者の高齢化と担い手不足」、「休耕地・耕作放棄地の増加」、「安価な農産物の輸入増加への懸念」、「産地表記の偽装や農薬問題など”食の安全・安心”への不安」、「食料自給率の低下」など、課題が山積しています。これまで産業としての勢いが下降傾向にあった農業でしたが、国は2020 年に農産物の輸出額1 兆円の政策目標を掲げ、農地法の改正、TPP への参加表明、減反...

2013年7月25日経済産業研究所フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

再生エネルギーを軸とする地域成長戦略『八策』~提言『八策』&その実現に向けた地域ビジョン『八策』

...地域にもある原料で、1・2・3次産業それぞれの高付加価値化を狙おう!製造業のニューフロンティア出現、小売・サービス業もエネルギー産業化へ!」です。農林畜水産業の5F(Food, Fiber, Feed, Fertilizer, Fuel)市場のうち、最も価値の低かったFuel(再生エネルギー)市場でさえ、FITで採算乗せが実現することによって、戦後の安い石油の大量輸入とともに消え去った日本の農林畜水産業の「総合産業化」、「高付加価値産業化」がほぼ半世紀振りに復活することになります。耕作放棄地の活用として、成長...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ