「薬理学」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定
  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2012年10月18日リクルートフィードバック数:22キャリアとスキル

筆記試験対策、いつから始めた?

...を使って移動する時間などを利用して、SPI2や時事問題に取り組むようにしていました。(経営学部・女子学生) SPI2の対策本を購入して勉強したのに加えて、企業ごとに個別に課されるペーパーテスト対策も行った。例えば、「A社の筆記試験には薬理学の問題が出る」と聞けば、薬理学の勉強をするようにした。(大学院農学研究科・女子学生) 大学の就職課が開いている試験対策講座に参加した。(工学部・男子学生) 志望していたIT業界では、コンピューター職適性テスト「CAB」を筆記試験として採用している企業が多いと聞いて、早速CABの問...

2013年9月19日オリコンフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症の実態と対策についての意識・実態調査

.../和歌山県)「のどがかわくから」(男性/50代/三重県)という理由で服用しなかった人や、服用を中止した人もいました。 花粉症対策でご注意を! 薬のせいで起こる「ナゾの能力低下」谷内一彦(やないかずひこ)東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学分野 教授。昭和56年 東北大学医学部 卒業 医学博士。 薬理学・臨床薬理学を専門とし、 モノアミン神経系の神経科学、特にヒスタミン神経系の神経薬理学 ヒトの非侵襲的分子イメージング法の基礎開発と応用を研究。 どうしてアレルギー薬を 飲むとだるくなるの? 鼻み...

2020年10月2日MSGフィードバック数:0ライフスタイル

「月経前の下腹部痛は78.0%*!生理前の腹痛を体の内側から改善」今読まれる記事を医療の専門家が執筆

...基盤研究所客員研究員 を経て現職へ。 【現職】北海道科学大学薬学部 応用薬学部門薬理分野准教授 (専門分野:薬理学、生薬学、遺伝栄養学、免疫学) 【専門分野】薬理学、生薬学、栄養遺伝学 【活動・所属学会等】Evidence based nutririon (EBN) 推進委員会 委員、International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM) 幹事、NPO環瀬戸内自然免疫ネットワーク 小動物臨床部会 副部会長、経済産業省認可 自然...

2020年10月16日MSGフィードバック数:0ライフスタイル

【記事提供】月経前症候群経験者の7割以上が悩む生理前のイライラ!

...坂クリニック非常勤医ロイヤル漢方クラブ 顧問一般社団法人国際統合治療協会 理事 【専門分野】漢方医学、精神科医、健康スポーツ医理事・薬剤師・医学博士 若命 浩二 (わかめ こうじ)北海道薬科大学大学院修士課程修了(生薬学教室)、博士(医学)獨協医科大学(生化学教室)、独)医薬基盤研究所客員研究員 を経て現職へ。 【現職】北海道科学大学薬学部 応用薬学部門薬理分野准教授 (専門分野:薬理学、生薬学、遺伝栄養学、免疫学) 【専門分野】薬理学、生薬学、栄養遺伝学 【活動・所属学会等】Evidence based nutririon (EBN...

2017年6月9日Every DHA推進委員会フィードバック数:0ライフスタイル

DHA・EPAの認知度に関する調査 第3弾

...リメントとして摂る場合は食後に摂る必要があります。最近の研究では、認知症の発症は食習慣の偏りだけではなく、多くの生活習慣とも深くかかわっていることが報告されています。中高年期での軽度な運動や充足した睡眠、さらには積極的な社会活動への参加や、趣味・脳トレなどの知的活動なども、認知症の予防や進行の遅延に有効です。橋本 道男(はしもと みちお)先生プロフィール 島根大学医学部特任教授専門は脂質栄養学、神経科学、循環生理・薬理学。主な研究テーマは、多価不飽和脂肪酸の機能性の解明と医療応用、認知症予防・改善法の確立など。主な著書・共著...

2019年3月27日ネイチャーラボフィードバック数:0ライフスタイル

睡眠と脳に関する調査

...価するもの本リリース監修:矢澤 一良(やざわ かずなが)教授プロフィール早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授「日本を健康にする!」研究会会長として、健康的な食生活のための間食の重要性を説く「機能性おやつプロジェクト」を推進。1972年京都大学工学部工業化学科卒業。2014年4月より現職。ヘルスフード科学、脂質栄養学、海洋微生物学、食品薬理学を専門とする。学術論文を130報以上発表(共著を含む)、300件以上の特許を出願している。著書に『機能性おやつ』扶桑社(2012)等が...

『アーモンドミルク』に関する調査レポート

...アーモンドミルクの魅力をもっと知っていただきたいと思います。【プロフィール】医学博士、理学博士。九州大学理学部化学科卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。専門は薬理学、原子力学、高分子化学。食と健康についての造詣が深く、企業や一般人向けのセミナーの講師を数多く務める。著書に『食べても痩せるアーモンドのダイエット力』(小学館)、『アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』(扶桑社)など。■祝!制定!5月30日は『アーモンドミルクの日』アーモンドミルク研究会では、本調査結果をもとに「アーモンドミルクの魅力を正しく」お知らせしてまいります。ビタミンEを豊...

ビタミンに関しての意識調査

...)■<コメント>慶應義塾大学医学部教授 井上 浩義先生【プロフィール】医学博士、理学博士。九州大学理学部化学科卒業。同大学院理学研究科博士課程修了。専門は薬理学、原子力学、高分子化学。食と健康についての造詣が深く、企業や一般人向けのセミナーの講師を数多く務める。著書に『食べても痩せるアーモンドのダイエット力』(小学館)、『アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』(扶桑社)など。【調査結果についてのコメント】ビタミンは私たちにとって、とても重要な栄養素でありながらも、ほと...

2018年10月15日ネイチャーラボフィードバック数:0ライフスタイル

脳の健康に関する調査

...傷害性が高まると同時に炎症が起きているような状態のこと。矢澤 一良(やざわ かずなが)教授 プロフィール早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授「日本を健康にする!」研究会会長として、健康的な食生活のための間食の重要性を説く「機能性おやつプロジェクト」を推進。1972年京都大学工学部工業化学科卒業。2014年4月より現職。ヘルスフード科学、脂質栄養学、海洋微生物学、食品薬理学を専門とする。学術論文を130報以上発表(共著を含む)、300件以上の特許を出願している。著書に『機能性おやつ』扶桑社(2012)等が...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ